カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

12月8日(木)

■「『7人の侍』と現代」(四方田犬彦著・岩波新書)を読みつつある。時代背景を頭にいれてこの映画を見ると、作品の意味合いがかわってくる。製作されたのは1952年から3年にかけて。アメリカの占領政策が終わり、敗戦国日本はいちおう「独立」国になったのだが。まだ、社会は混沌としていた。

b0028235_11040548.jpg
この映画は、そんな社会的背景――大量の引き揚げ者の存在、朝鮮戦争、自衛隊の前身の警察予備隊等の創設などと無縁ではない。侵略する外敵からいかに身を守れるかという政治的文脈のなかで、しばしば論じられた「問題作」だが、この映画が根底に宿す『メッセージ性』はいまなお生きている。いや、ますます意味をもってきたというべきだろう。


■「黒澤本」はいろいろと読んだが、四方田氏の本書がもっとも面白く、するどく深い洞察力に満ちている。図書館で借りたものの、ずっとそばに置いておきたくなりAMAZONで買った。


# by katorishu | 2016-12-08 11:04 | 映画演劇 | Trackback
 12月7日(水)
■師走になりました。なにかと慌ただしい時期です、体調など壊しませんように。
「徹子の部屋」12月8日(木)12時より。ゲストは西田敏行さん。病気回復後、「ドクターX」ほかで活動を開始。病気をどう克服したか等語ります。
http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/guest/0004/index.html

ぼくが聞き手となって夕刊フジに50回連載の西田さんの「自伝」が元になった、西田さん初の「自伝」。芸能生活50周年、古稀記念出版。この本のことも紹介されるはず。面白く、大変濃い内容です。
b0028235_11122289.jpg

# by katorishu | 2016-12-07 11:15 | 映画演劇 | Trackback

 12月6日(火)

■名刺やハガキ、チラシをいただくことが多い。全体的にデザイン等は良くなっているものの、文字の小さいのが気になる。ハヤリなのかどうか。デザイナーは多分デスクトップの大型画面でデザインをしているのだろう。その文字が読めない人や読みづらい人のことを、あまり配慮していないのではないか。


■あまりに小さい文字のチラシ類は読まずに捨てる。高齢化がすすみスマホやPCによる「若者の老眼化」がすすむなか、名刺やチラシの文字をあまり小さくすると、「情報伝達」という大事な柱が機能しなくなる。

老眼の人など「対象外」と思っているのかどうか、知らないが。


# by katorishu | 2016-12-06 17:28 | 文化一般 | Trackback

12月5日(月)

北海道を走るJR留萌線が4日、運行廃止となった。95年間走りつづけた。ニシン漁で栄えた終点の増毛駅では「お別れ」の催しが。

b0028235_12011307.jpg
ここは高倉健さん主演の映画『駅 STATION』の舞台になったところだ。

あの映画はリリシズムと哀愁があって良かった。酒場で八代亜紀の歌が聞こえてくるところなど、今も印象に強く残っている。

駅とその周辺を舞台した『さすらい刑事』などを以前、メインライターの1人として7,8本書いたほか、駅を舞台の短編小説集を2冊だしたこともあり、駅には強い思い入れがある。

ローマ駅を舞台にヴィットリオ・デ・シーカ監督の『終着駅』など傑作が多い。あの映画、ジェニファー・ジョーンズとモンゴメリー・クリフトの「大人の恋」が描かれ、堪能したものだ。

便利さと効率さ故に、伝統あるものがどんどん壊されていく。東京オリンピックも景気刺激策としてはいいかもしれないが、伝統的な建築物や風景を破壊しないで欲しいものだ。

北京のフートンは北京オリンピックによって「古くて、きれいじゃない」というバカな官僚的理由で、ほとんど破壊されてしまった。一部観光客向けに残っていて、そこにいったことがあるが、昔のフートンの良さは消えていた。

あの愚を犯さないで欲しい、と留萌駅廃止の新聞記事を読みながら思ったことだった。


# by katorishu | 2016-12-05 12:01 | 映画演劇 | Trackback

 12月2日(金)

トランプ政権の要の首席戦略官・上級顧問に決まったスティーブン・バノン氏。

白人至上主義者で、日本人も含めたアジアの優秀な留学生たちを誹謗中傷。「シリコンバレーCEOはアジア人だらけ!留学生を帰せ!」と発言しているらしい。

バノンはハリウッドに強い影響力をもつ「投資家」。貧から身をおこし巨万の富を築いたようだ。過剰な「愛国主義」は必然的に排他的になり、世界に有害。

トランプはヒラリー・クリントンよりましと思ったが、こういう人物を幹部に起用するとは見方がかわる。

ハリウッド映画も変質し、アメリカ万歳の作品が増えそう。口先だけで、実行に移すかどうか未知数だが、要注意。


# by katorishu | 2016-12-02 16:19 | 政治 | Trackback