カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

数字万能社会は問題

 1月19日(月)
■去年末の健康診断の結果、目が要注意とのことだった。ほかは正常値なのだが。同じ病院で同じ日に、カミサンも一緒に受けたところ、二人とも目の検査で、要注意という結果。症状がまったく同じなのである。文芸美術健康組合の定期健康診断である。あるいは機械が原因では……と思ったりする。某クリニックでの検査であるが、最初に体温をはかる際、体温計がみんな一様に高い数値がでて、おかしいという声が続出していた。

■体温計が古すぎるのである。ぼくがはかった体温計も、ぴぴっと音がでて取り出すと、数字が表示されるのだが、係のところにいく間に表示の文字が消えてしまう。
 こういうクリニックで、カミサンと目にまったく同じ症状がでたことは、どう解釈したらいいのか。同じ眼底検査等の機械で検診したのである。二人とも毎日、パソコンにむかっている時間が一日10時間を超えるので、目が傷んでることは確かだが。

■眼科専門医院で見てもらったほうがいいのだろう。健康診断が病気のもとをつくる、といった特集を以前、週刊誌で読んだことがある。健康なのに悪い数値がでて、必要もない医療をうけたり、ストレスから体調を崩したりするのである。

■医療器具ではかられる数値などは、かなりいい加減で、以前、体重がもっとも低かったとき、肥満という数値が出た。まったく納得できない。数字最優先の時代であるが、あまり数値を信用しないほうがいい。数字など、目安程度にとどめておくべきだろう。しかし、多くの人が自分の眼力や想像力、推理力、判断力に自信がないので、なんでも数値に頼る。数字を科学と置き換えても良い。数字、科学万能社会は、人にとって何か大事なものを、捨て去る機能をもっている。

■現実には数値が、なにより力を発揮する。売上高など数値に正確に繁栄されるが、そうでないものも、数値化する傾向が強くなっている。数値に置き換えられないことにこそ、価値があるかもしれないのに。
by katorishu | 2009-01-19 23:57 | 個人的な問題