カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

朝鮮戦争の特需を少年の目から描いた「思いっきり売れない」小説書いてます。

2017-7-11
本日も街の書斎。日が陰ったころリュックに野球帽をかぶって、定年退職者スタイルで大井町まで歩く。子供の頃から天邪鬼なところがあり。その延長上で10年ほど前から「思いっきり
b0028235_20383007.jpg
売れそうもない」小説」を書いている。
昭和25年の朝鮮戦争がもたらした「特需」と「諜報」関連の出来事を、少年の目から見たもの。ほぼ形が出来てきたが。
1000枚を超えるし、若い編集者から「アナクロニズム」と言われそう。分かってもらえそうな編集者は亡くなっり、引退。あるいは認知症。

by katorishu | 2017-07-11 20:32 | 文化一般