カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

くまざわ書店で2冊買った新書、面白そう。

2017年12月29日
今年も、あとわずか。振り返ると悔いや反省点ばかり。精神衛生に悪いので、「残り少ない未来」のことを考えようと思うのだが、どうも明るい未来はやってきそうもない。で、考えるのはやめて、家を出てふらふら歩き品川の「くまざわ書店」に寄り、「人工知能と経済の未来」と「発達障害」を買った。
たまには仕事とは直接関係のない本を読もう。
b0028235_11434021.jpeg

くまざわ書店。今は都内だけでも何十軒もあるが、僕の学生時代は、生まれ育った八王子に一軒だけ。本はたいてい「熊澤さんち」で買っていた。
2冊目の小説「裂けた家族」(講談社)が、くまざわ書店の入り口に平積みで20冊ほど並んでいたことを思い出す。1週間たっても低くならない。駄作なので仕方ないと思いつつ高さを減らすため何冊か購入。(笑)。担当編集者はずっと前に亡くなってしまった。往時茫々。
『ビル壁にすずめ来て啼く年の暮』

by katorishu | 2017-12-29 11:40 | 文化一般