2009年 01月 06日 ( 2 )

 1月6日(火)
■総務省の 坂本哲志総務政務官が「年越し派遣村」に集まっていた労働者らの就業意欲について、まじめにやっているのか疑問視するとの発言をし、さらに全共闘運動と似たものを感じると発言した。マスコミに報じられたことで撤回したが、こういう国会議員がいまもいるかと思うと、悲しくなる。撤回するようなことを軽々しく発言すること事態が問題である。

■野党は辞任要求をだしたとのことだが、当然である。恐らく本音がもれたのだろう。一言でいって、創造力の欠如である。職がなく住むところもない人の心細さについて、まったく配慮がない。それにしても、この程度のレベルの議員をよく選んだものである。坂本議員の選挙区の有権者の見識を疑ってしまう。ああいう発言をすれば、世論の袋だたきにあい、自民、麻生政権に対する評価を落とすだけであるということにも思い至らない。もしかして、この人、麻生政権の足を引っ張りたいために発言したのだろうか。

■自民党にはこの類の、状況把握のできない議員が多すぎる。長い間、政権与党としてあぐらをかいてきたため、こういう議員でも通用することになるのだろう。こういうお粗末な議員を落選させるためにも、早期の総選挙をやって欲しいものだ。今、霞ヶ関の官僚たちが高笑いしているという。政治家がお粗末すぎるので、やはり日本という国の運営は、われわれ頭の良いキャリア官僚が仕切らなければいけない。そう思っているはずである。

■しかし、彼等、学校秀才の官僚では、今後直面する数々の危機を乗り切ることはむずかしい。彼等は先例に基本的に従う思考回路ができあがっている。白紙にグランドデザインを描くことは苦手である。さらに、自分たちの既得権益をまもることがまず頭にあるので、そこを損なわないよう最大限の努力をする。ところが、今の日本に必要なのは、彼等の既得権益を破壊することなのである。
 官僚に負けないだけの知力と戦略、そして人間力をもった議員を輩出させることが、今ほど必要なときはない。しかし、ぼくの知る限り江田けんじ議員ほか、あまり多くはない。ウエブ上での選挙運動を認める法改正をおこない、カネがなくても国会議員に立候補して当選できる。そんなシステムを構築すべきときにきていると思うのだが。
by katorishu | 2009-01-06 23:45 | 政治
  
1月5日(月)
■朝日ニュースターの5時間におよぶ討論番組で、某エコノミストが、今後デフレが進み物価や給料が半分になる可能性を指摘していた。そうなったら経済は縮小し、倒産や失業者も急増するにちがいない。貧富の差はさらに広まり、モラルの破壊もすすむだろう。「小泉改革」とやらの行き着く果てである。このまがまがしい「改革」を熱狂的に信奉した若者は、今なにを思っているのだろうか。
 輸出頼みの経済から内需頼みの経済にシフトしていくことが必要だが、実績をあげるまで時間がかかりそうだ。政官の指導者は知恵を絞って有効な対応策を出して欲しいものだ。

■世間では本日が仕事始めなのだろう。大晦日も元旦も仕事をしていたので、あらためて仕事始めということもない。本当は年の区切りをもうけ、温泉にでもはいってのんびりし、仕事始めにすべきなのだろうが、その余裕はない。毎日が日曜日であると当時に、毎日が仕事日、これがフリーランスの日常である。
 ところで、日比谷公園での「年越し派遣村」のことがマスコミの話題になっており、救済の手もさしだされているようだが、一方で上野公園のホームレスについて、ほとんど言及されない、と木走日記で指摘していた。

■上野公園のホームレスは、中高年者が多く、倒産した中小零細の経営者もすくなからずいるらしい。こちらは経営者だから、倒産しても自業自得という見方もあるが、それなりに健全な経営をしていたのに、銀行などから「貸し渋り」「貸しはがし」をうけて倒産したところも多いはず。当人の懸命な努力にもかかわらず、行きづまってしまうこともあるのである。マスメディアは上野公園のホームレスについても、取材をして欲しいものだ。それと銀行や金融業者の身勝手さ悪辣さについても。

■仕事の合間に年賀状を書いた。宛名に加え一言加えることを原則にしている。1時間に40枚ほどこなした。以前は1時間に50枚は書いていたので、これも加齢故の衰えなのだろう。
 昨日、気分転換に21時10分から始まる映画「容疑者Xの献身」を品川プリンスシネマで見た。座席が「プレミア」であるのか、ゆったりとしていて見やすかった。映画はそれなりに力のはいった作りで、単純に楽しめた。福山雅治と堤真一が天才的頭脳をもつ主役で、級友でありながら犯人と犯人を追い詰める役を演じていた。一緒に見たカミサンは東野圭吾の原作を読んでおり、原作の面白さには及ばないと話していたが。日本映画も、まあまあ頑張っていると感じた。
by katorishu | 2009-01-06 01:29 | 個人的な問題