カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:映画演劇( 545 )

2017年12月18日


■脚本家・作家の早坂暁さんが16日亡くなられた。享年88。大往生といっても良いだろうが、多分大きな心残りがあったに違いない。早坂さんとはNHKドラマ人間模様からのお付き合いで、早坂さんが定宿兼仕事場として使っていた渋谷の東武ホテルに、僕も一時期かなり長期に滞在し原稿と格闘していたことがあるので、お話しを伺う機会が多かった。コヒー店から出て来た時、公園通りの坂道で早坂さんがつぶやいた言葉が今も耳に残る。

「この頃アホがいなくなったねエ。アホがいないと世の中面白くないよね」その通りだと思った。「アホ」にはいろいろ寓意を込めている。


10年ほど前、早坂さんとお会いしたとき「キミ、協力してくれないか」と言われた。「僕はガンだけど、あと5年は生きられると医者に言われている。死ぬまでに書きたい事が5つある」と、シナリオ、アニメ、SFばりの奇想天外の物語、小説等々 を数時間にわたって聞いた。僕も時間の余裕がなく、直ちに「協力します」とは言えず、曖昧に言葉を濁したと記憶する

5つの中でもっとも強く印象に残っているのは、広島の原爆で死んだ「妹の春子」のこと。実は妹は捨て子だった。家族ではそれを秘し「実子」として育てた。春子は「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と早坂さんを慕っていた。早坂さんが呉の海軍兵学校に入ったあと、一時帰郷するとの連絡。妹は待ちきれず1人で松山から呉に向かった。一方、早坂さんは 松山の実家に帰った。翌日、ピカドン。手違いで行き違いになってしまったのだ。早坂さんはすぐ広島に急行し廃墟の中、広島市内を探し回ったが、見つからず。「市街電車につり革につかまった黒焦げの死体があったんだよね。もしかして春子かと思った」と早坂さん。

ま、こんな話を聞いた。早坂は大変話の上手な人で、「春子の春」の話に引き込まれた。他の4つの話も面白かった。

それから10年、どれも実現していないようだ。

b0028235_11104173.jpeg

■さらに、早坂さんは、都道府県別の犯罪ドラマ「黒の風土記」を放送作家協会の事業として提案され、僕も責任者の1人であったのだが、実現しないまま終わってしまった。

僕としても大変心残りである。

早坂さんを一言でいえば「最後の無頼派作家」。

ご冥福をお祈りいたします。



by katorishu | 2017-12-18 14:28 | 映画演劇
2017年12月8日
篠原涼子主演のフジテレビの連ドラ「民衆の敵」1回と3回を見た。 連ドラを見るのは久しぶり。脚本もよく、政治が悪い、おかしいという、今日的テーマに切り込んでいて、なかなか面白いと思ったのだが。
視聴率が悪く「最悪」という声が聞こえる。途中から妙な展開になっているそうで、時間がないので見ていないが。
録画で見る人が多いとの声も。ただ、日本の芸能界ではビデオリサーチ1社の提供する数字にのみ依拠して、良し悪しを断罪する。
どこかおかしいと思わなくてはいけない。
b0028235_11312409.png
数字の悪さの一因にタイトルがあるのかもしれない。「世の中おかしくないですか」の方が良かったのに。
日本万歳という味付けの番組が氾濫する中、世の中おかしい、特に政治が!という視点は大事と思うのだが。

by katorishu | 2017-12-08 11:31 | 映画演劇

2017年12月7日

本日発売の夕刊フジ、ぴいぷる欄は風間杜夫さん登場。風間さんは、公開中の、中高年の「婚活」を扱ったコメディ映画「こいのわ」に主演。舞台はチェーホフの「桜の園」を下敷きに、串田和美氏が作、演出、美術を担当する「24番地の桜の園」にチャレンジ。更に来年は大河ドラマ「西郷どん」で西郷隆盛の父役をやる。

b0028235_14095715.jpeg

来年、古希を迎えるのに青年のように若々しく、まさに八面六臂の活躍ぶり。中高年の星ですね。




聞き手は僕。コンビニ、キオスク等で売ってます。


by katorishu | 2017-12-07 14:06 | 映画演劇
2017.12.4
【感嘆感動】 過日見た映画「ギフテッド」に感嘆、感動。自殺した天才数学者の弟に預けられて育った7歳の娘が、天才的な数学の才を発揮する事で起きる波紋を、見事なまで描き秀逸。子役の女の子が難しい役を極めてリアルにユーモアをもってこなす。裁判あり、祖母との確執ありで、ドラマチックに盛り上げる作劇術はハイレベル。
b0028235_09125576.jpeg
アカデミー賞の最有力候補になるに違いない。
はじめに素晴らしい脚本ありき、で作られた作品だ。アメリカ映画としては「低予算」の作品だが、感動の質は高い。脚本が大事と改めて思う。嫌な面も多々あるが、さすがアメリカ。シネマズシャンテは満席御礼。

by katorishu | 2017-12-04 09:08 | 映画演劇

イギリス映画「人生はシネマティック」を見た。

以下のような内容だ。

2次世界大戦中のイギリス・ロンドンで、映画製作に情熱を注ぐ人々を描いたヒューマンドラマ。1940年のロンドンでカトリンはコピーライターの秘書として働いていた。人手不足のため、彼女が代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問バックリーの目に留まり兵士を救出した姉妹の感動秘話を映画化する脚本チームに加わることとなった。製作が開始され、ベテラン俳優のわがまま、政府と軍による検閲や横やりなどトラブルが続出。そのたびにカトリンたちの脚本は二転三転してしまう。なんとか撮影は大詰めを迎えるが、最後に最大級のトラブルが待ち受けていた。(シネマ通信)

b0028235_16541663.jpeg

⬛️映画の映画、といった作品で、なかなか興味深い。ヒロインの名が「カトリン」で脚本担当とあっては、見ないわけにいかない。彼女「ボンドガール」の一人であったとか。

1940年ごろの映画作りは素朴で手作り感がいっぱい。

今も昔も変わらない点は、スターや金主等から横槍が入る事。

シナリオは、いわば楽譜。それを捻じ曲げられるのは、よくあること。見て改めて思った。映画の中身より、映画作りの裏側の「人間模様」の方が面白く、より多くのドラマがある

映画好きにおススメの作品だ。



by katorishu | 2017-11-27 16:55 | 映画演劇

2017年11月20日

先日、大分県の湯布院にあるアマチュア劇団「立見席」の東京公演を見た。「白鳥の歌」という「ドタバタ・コメディ」。

毎年東京公演をやっているが、見るのは5年ぶりくらい。座長の岩男淳一郎氏は「つかこうへい」劇団で作劇・演出等を学んだ。

そのた


め台詞は口立てで、アドリブ等も頻出、バラエティ色の強い舞台で笑わせる。

劇団の「花」は音楽も担当する主役のヤンヤン。彼女はプロでも充分通用する。

大分県のテレビ局の注文で、劇団による連ドラを作ったとか。地方発の文化的試みがもっと増えて欲しい。

昔、別のペンネームで、湯布院を舞台に書き下ろしのミステリーを書いた。ひところ流行ったノベルスで。

タイトルがなんであったか忘れた。脳機能が正常なうちにもう一度湯布院へ行って見たいと思うのだが。


by katorishu | 2017-11-20 17:59 | 映画演劇
2017年11月13日(月)
新宿サザンシアターで、こまつ座第120回記念公演「きらめく星座」を見た。ここ数年、僕の見た舞台の中でベスト1に入る傑作。感動しました。昭和前期、戦争の足音が聞こえてくる浅草のレコード屋が舞台。脱走兵と憲兵が絡み、切ない笑いが弾けたりのコメディの形を取りながら、風刺の毒を散りばめている。
b0028235_12343853.jpeg
旧作だが、それだけに台詞が役者の血肉になっていて、お客を引き込む。
以前、この作を見ているが、これが「完全版」と言ってよい。
井上麻矢代表も同じような意見。今年度芸術祭参加作品。
極上の台本に、井上作劇術を自家薬籠中のものとしている栗山民也演出、そして役者たちが、渾然一体となって良いハーモニーを創っている。随所に当時流行の歌が入るが、実に効果的で面白い。
書きつつあるTV脚本、映画シナリオに、影響しそうだ。当然良い影響と思いたい。
11月23日まで公演。
内容が今と繋がるものがあり、1人でも多くの人に見て欲しい舞台です。

by katorishu | 2017-11-13 12:35 | 映画演劇

2017年11月10日

久々に四国シナハン。松山の道後温泉ほか、松山城や内子町ほか。道後温泉は3度目だが、20数年前とは、かなり変わっている。写真は若い井上監督とスタッフの一人、ナターリア。若く元気のある人と一緒に仕事をするのは良い。ロウの製造で栄えた内子町の内子座は、作品内でぜひ使いたい。

b0028235_12084390.jpg
四国を舞台にラジオドラマと短編ドラマを書いているが、こんどが一番力が入る。一旦力を抜いて、取り組むつもり。小説と映画も同時進行。うまくいったらお慰み。
b0028235_12085061.jpg
昨日は創作テレビドラマ大賞の贈賞式があったが、シナハンのためいけず。一次審査で僕が読んだなか、2編は受賞作に相当する出来であったと記憶する。
それが受賞した のは嬉しい。先日、月刊ドラマの編集長にあった際、今期受賞作の出来を聞いたところ、最終候補作はレベルが高く粒ぞろいとのこと。
TV
は脚本 の良し悪しが良否を決めると、思っているので、喜ばしいことだ。


by katorishu | 2017-11-11 12:02 | 映画演劇

2017年11月5日

二子玉川でのキネコ国際映画祭。写真手前の大森監督の作品「家族の日」が上映されるので行ってきました。

b0028235_02032568.jpg
この映画祭の特徴は、子供の目から見ての評価が柱になっていること。外国の作品、短編等は公募した10人の小学生が選ぶ。これはユニーク。日本の作品は、ドイツ、ポーランド、イラン、デンマーク等の特別審査員が選ぶ。
写真手前は大森監督、隣は僕のカミさん、その隣はチェコから来たカラミ・ホラコーヴァーさん。21歳のプログラミング・ディレクター。彼女、チェコで日本語を学び、日本人かと思えるほど完璧な日本語を話す。日本語の読み書きも出来るし、立ち居振る舞いも堂々としている。こういう「国際人」が育って来ているのだなと実感。
b0028235_02033352.jpg
「家族の日」は以前に見ているが、子供の目から見ることを前提にして見るとまた違った感慨を覚える。
僕の隣はプロデューサーの森氏。
良い息抜きと刺激になりました。



by katorishu | 2017-11-07 02:04 | 映画演劇

2017年11月5日

二子玉川でのキネコ国際映画祭。写真手前の大森監督の作品「家族の日」が上映されるので行ってきました。

b0028235_02032568.jpg
この映画祭の特徴は、子供の目から見ての評価が柱になっていること。外国の作品、短編等は公募した10人の小学生が選ぶ。これはユニーク。日本の作品は、ドイツ、ポーランド、イラン、デンマーク等の特別審査員が選ぶ。
写真手前は大森監督、隣は僕のカミさん、その隣はチェコから来たカラミ・ホラコーヴァーさん。21歳のプログラミング・ディレクター。彼女、チェコで日本語を学び、日本人かと思えるほど完璧な日本語を話す。日本語の読み書きも出来るし、立ち居振る舞いも堂々としている。こういう「国際人」が育って来ているのだなと実感。
b0028235_02033352.jpg
「家族の日」は以前に見ているが、子供の目から見ることを前提にして見るとまた違った感慨を覚える。
僕の隣はプロデューサーの森氏。
良い息抜きと刺激になりました。



by katorishu | 2017-11-07 02:04 | 映画演劇