カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:新聞・出版( 60 )

b0028235_13165742.jpg
2017年2月13日(月)

■久しぶりに週刊現代を買った。以前は月曜というと週刊ポストか週刊現代のどちらかを買った。木曜日には週刊文春か週刊新潮のどちらかを買い、喫茶店で読む。雑多な情報がつまっていて、新聞・テレビの伝えない今の日本がある程度わかり、楽しみにもしていた。1年前あたりから週刊ポストは編集長がかわったためか、急につまらなくなった。それまでは安倍政権の暗部に触れる記事を連発していたのに、TVから政権批判をするコメンテーターがはずされていく流れんのなか、編集方針をかえたようだ。牙のない週刊誌なんて読む気がしない。


■週刊現代は週刊文春などとともに、かなり健闘しているのではないか。ま、週刊誌は江戸時代の講釈師同様、「見てきたような嘘をいい」の要素もあるが、硬軟取り混ぜたなかに「真実」もある。

今号で注目したのは「小池百合子を次ぎの総理に」が、今後国民の大きなうねりになるという特集だ。すでに忘れられた感のあった小池氏が都知事選に立候補、またたくまに自民党候補を大差でやぶり「国民的人気」を獲得した。オリンピックの施設建設問題、豊洲問題とあいついで「不正」が暴露され、追い風にのったとしても、問題の人物への対処の仕方は、巧みであり、しなやかにして、相当したたか。


親ばかりか祖父の七光りでトップになった「お坊ちゃん世襲政治家」とは違う。アメリカのトランプ旋風のような「小池旋風」がふき、意外に早い時期に「総理」の座をしめるのではないか。

政治は「結果」であり、どんなに理想論をいい、良いことを掲げても、結果が悪ければ《ダメな政治》であり、権力をもっているだけに長年にわたる害をまき散らす。

残念ながら、政治家は人材払底で、小池氏にならぶ「策士」がほかに見当たらない。


■オリンピック後の日本経済の落ち込みはひどいものになると予測される。超高齢化社会のかかえる問題も今の比ではなくなる。かなり悲惨な事態が確実にやってくる。そんな中、日本初の女性首相を見てみたい気もする。激変期は内外とも多難な事があいつぐ。日本にも、たとえばメルケル独首相のように、世界のしたたかなトップリーダーと丁々発止やりあえる胆力と論理力をもった政治家がすくなくとも、二桁はいないと、少子高齢化の波のなか、どんどん沈んでゆく。

政治に「ベスト」はありえない。ちょっと「ベター」の選択肢として、「小池総理」の誕生を見てみたい気もする。ただし、条件つきで。《強者》では無く《弱者》に対して、どれほがど政治力を発揮できるか。グローバル化は必然的に一握りの強者と多くの弱者をうみだす。

これを是正できるか、どうか。小池氏は「強者」にすり寄るのが非情に巧みな人のようなので、不安が残る。


by katorishu | 2017-02-13 13:17 | 新聞・出版

10月12日(水)

■元男装ユニット「風男塾」メンバーの原田まりるさんの出した「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた」(ダイヤモンド社)が、哲学というジャンルにしては異例の売り上げとか。(夕刊フジより)

b0028235_10054350.jpg
ダイヤモンド社はタイトルの付け方がうまい。同じ経済系の出版社のなかで、突出している。ベストセラーが相次ぐのもうなずける。

もっとも、以前のダイアモンド社は老舗にありがちな前例踏襲の傾向が強かったそうだ。例の大ベストセラー「もしドラ」から変わったとか。


■原田まりるさん、何かの集まりで会った気がするのだが。確か小説を書くと話していた、浴衣姿のあの女性かな、と思う。 記憶力は悪くないと思うのだが、昔から人の名前を覚えるのが苦手。いずれにしても本を読む人が少しでも増えることを期待したい。


by katorishu | 2016-10-12 10:10 | 新聞・出版

10月12日(水)

■元男装ユニット「風男塾」メンバーの原田まりるさんの出した「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた」(ダイヤモンド社)が、哲学というジャンルにしては異例の売り上げとか。(夕刊フジより)

b0028235_10054350.jpg
ダイヤモンド社はタイトルの付け方がうまい。同じ経済系の出版社のなかで、突出している。ベストセラーが相次ぐのもうなずける。

もっとも、以前のダイアモンド社は老舗にありがちな前例踏襲の傾向が強かったそうだ。例の大ベストセラー「もしドラ」から変わったとか。


■原田まりるさん、何かの集まりで会った気がするのだが。確か小説を書くと話していた、浴衣姿のあの女性かな、と思う。 記憶力は悪くないと思うのだが、昔から人の名前を覚えるのが苦手。いずれにしても本を読む人が少しでも増えることを期待したい。


by katorishu | 2016-10-12 10:10 | 新聞・出版

 9月22日。

秋分の日。スカッとした秋晴れとはいかず、残念。

b0028235_17501614.jpg
b0028235_17494893.jpg

毎月送られてくる雑誌「望星」。昭和の庶民文化がメインテーマなので、毎号読むのが楽しみだ。
以前はこの類いの雑誌がいろいろあったのだが。
この雑誌に、いくつかエッセイを書き、そのうち書籍化されたr不良老人伝」には、今村昌平監督と紀伊国屋書店創始者の田辺茂一が入っている。地味だが、いい本であったと自画自賛しておこう。


by katorishu | 2016-09-22 18:05 | 新聞・出版
1月3日(日)
■遅ればせながら、新年あけましておめでそうございます。
 今年はどんな年になるのだろう。期待と不安のうちに新年を迎えた人が多いと思います。
 アベノミクスとやらは、とっくに賞味期限切れであり、一般の国民の暮らしはよくならず、将来への不安な要素ばかりが目立ちます。
b0028235_186218.jpg

■そんな娑婆にはちょっと背をむけて、新年から昭和初期から大正、明治あたりに関心がいっています。WEBRONZA連載の昭和エロ・グロ・ナンセンスの「文学編」を加筆して単行本化する話が某文芸出版社ですすんでおり、新年から「エロ・グロ・ナンセンス」漬けです。
そんな中でみつけた発禁本の珍ページ。
これは昭和初期、警視庁の検閲係によって発禁本にされたケースです。内容より形に問題ありとか。
ちょっと目を離してみると、形があらわれます。
むしろユーモラスな構図ですが、これがダメとお上の命令。
言論の自由のない社会は、ありがたいくない憂き世です。
日本を検閲がまかり通る国にしてはいけな、とあらためて思います。
by katorishu | 2016-01-03 18:07 | 新聞・出版
8月10日(月)
■このところ、根を詰めて仕事をしていたので、2キロほど太ってしまった。座業なので根をつめると、動かないし、菓子やあんパン、アイスクリームなどを食べることが多く、太る。資料を使う仕事は喫茶店等ではやりにくいので、仕事部屋にこもることになる。といっても増えても60キロほどだが。
b0028235_1135517.jpg
今朝方、久々に取り組んだ脚本をなんとか仕上げた。原作が自作なので、書きやすいといえば書きやすいはずなのだが。

■印字して自転車に乗って行き着けの北品川の、老人ばかりいるコーヒー店にいき、読もうと思う。コーヒー店の前のコンビニに思わず入ってしまい、本日発売の週刊ポストの表紙が目についた。気づいたとき買っていた。ついでに97歳の中曽根康弘大勲位の「戦後70年に思う」が乗っている毎日新聞を買った。ポストはてんこ盛りの特集。まず今ダブル選挙をやれば「自民大敗」で政権をおりるというシミュレーション。11本もの重要な安保法政を、国民の理解の行き届かないまま、数の力で一挙に通してしまおうというのは乱暴すぎるし、無理筋。現憲法が勝者のおしつけで、現在にそぐわないというのなら、なぜ真っ正面から「憲法改正」を発議をしないのか。自衛隊はどう考えても軍隊であり「違憲」なのだから。

■こそこそやっている印象は、「みっともない」。「急いては事をし損じる」という言葉があるが、安倍政権は見事なまでにその典型例を見せてくれそうだ。他に注目記事は「フジテレビをSoftBankが買収する日」。なにをやってもダメといわれるフジテレビ。今後、ありうる事態と思えてしまう。

■「誰も責任をとらない日本」は、歴史家の半藤一利氏の解説。ミッドウエー海戦から新国立競技場、安保法制まで、誰も責任をとらないこの国の本質はまったく変わっていない、と半藤氏は嘆く。その通り。明治以来の官僚システムが実質的に日本を動かしている限り、無責任体制は変わらないだろう。

■そして作家・筒井康隆の「不良老年はこんなに楽しい」。なるほど。長く生き生きと生きるためには、「不良性」を発揮しないと。このところ「真面目な生活」をしている自分に、すこし反省。
週刊誌は中高年にシフトしている、とあらためて思う。ジェネレーション・ギャップをどう埋めるか云々されるが、埋まらないだろう。「旧世代」があの世にいったあと、日本は別の国になる可能性が大。日本語がまともに継承されれば、『日本文化」の根っこが残り、継承されていくと思うが。日本語が怪しくなったら、ハワイのような国になる可能性も。そのときの「宗主国」はどこ?
これだけ読めば、定価450円は高くない。
by katorishu | 2015-08-10 11:04 | 新聞・出版
5月11日(月)
■青葉若葉の季節。1年中でもっとも良い季候だろう。精神も、もっとも良い状態だといいのだが、浮き世の諸々厄介なことがあって、明鏡止水のような気分にはなれない。
b0028235_1051352.jpg
 20年来の友人の出口汪さんが、自身で設立した「水王舎」から、満を持して一般書の出版に踏み切った。その勇気と果敢さ、使命感には敬意を表したい。

■出口さんはカリスマ予備校講師として知る人ぞ知る人。「出口の国語」を使った受験生も多いのでは?出版界の構造的な不況が言われるなか 果敢に船出した出口さんにエールを送りたい。 国語力をいかに養うか、国語力こそ「国力」という点で、出口さんと完全に意見が一致する。

■月に2冊ほどのペースで出すようだが、ぜひ成功して欲しいものだ。水王舎の本を書店で手にとってみてください。出口さんの熱い思いがこもっています。いずれ僕も出口さんのところから本を出すことになるかと思いますが。
本を読む習慣が広く深く浸透している、世界でもトップレベルの国、それが「奇跡の高度成長」を果たした日本の強みのひとつであった。今、その読書人口の厚みが、薄くなりつつある。

■携帯やスマホの細切れ情報もいいが、じっくり時間をかけて深く読み込むには、やはり活字の本である。それも紙の本。デジタル本をkindle等から出してみて、やはり原点は紙の本であるな、とあらためて思ったことだった。
by katorishu | 2015-05-11 10:06 | 新聞・出版
 4月27日(月)
■三大マンガ週刊誌の一角をしめていた少年サンデーが、刷り数40万を下回ったという。トップの週刊ジャンプは240万台、2位の週刊少年マガジンが115万部なので、サンデーの落ち込みが目立つ。デジタルでの販売は伸びているようなので、マンガ業界が特に勢いを失っているとは思えないが

■このところ、出版界全体の衰亡が目立つ。2014年の出版社の倒産数は前年より4割増しとか。もともと「不況業種」であったが、去年4月の消費税増税が響いたようだ。
こうした流れの中、大手のKADOKAWA・DWANGOは4月23日、子会社のKADOKAWAが実施した希望退職に232人の応募があったと発表した。募集は当初300人程度を想定し、募集期間は3月2日から同月20日までだったが、4月10日まで延長したという。

■希望退職は、3月末時点で41歳以上かつ勤続5年以上の正社員を対象に募集。応募者は4月30日付けで退職し、特別支援金の支給と再就職支援を行う。特別支援金など連結で50億3800万円の特別損失を2015年3月期に計上する見通し。(ヤフニュース)
 またKADOKAWA・DWANGOは、ゲーム開発のMAGES.など子会社ののれん代などを減損処理し、計56億1000万円を特別損失として15年3月期に計上すると発表した。

■少子高齢化とスマホ等の普及で、本を読む時間も本を手にとる人も減っており、当然の結果といえるが、この流れが続くと日本の「知的劣化」が促進される恐れが強い。WEBでの情報は細切れが多く、「考える力」を養うにはあまり有効ではない。系統だって深く読み込むには、やはり「紙の本」である。学校の教師の中にも、「あまり本を読まない」人が多いと聞く。「ものを知らない」教師が、子供に「ものの本質を教える」ことは出来ないのも道理である。

■今、日本全体に「知の劣化の連鎖」が起きているといってよい。アメリカにはブッククラブなどがあって、意外と多くの人が読書の習慣を維持している。明治維新の時も、第二次世界大戦の後の廃墟から日本が蘇った背景には、「知の強み」があった。その背景にあったのが、国民の多くが読書好きであったことだ。それが、今や風前の灯火になろうとしている。まだ、回復可能な「浅傷」だと思うが、このままいくと回復不可能な事態に至ってしまう。
by katorishu | 2015-04-27 20:33 | 新聞・出版
4月某日
■拙作「マッカーサーが探した男」を必要があって読んでいる。
昭和初期、日米比の経済、政治の中枢に関わったひとの伝記だ。
「墓場までの秘密」の一端を語ってもらい、
3年ほどかけて書いたノンフィクションだ。これを書いたことで「ノンフィクション作家」と世間に言えるようになった。
b0028235_106475.jpg
この延長線上で、更に「墓場までの秘密」を持った人をもっと探し出し説得して語ってもらい、取材を重ねて書いておけば良かった、
と後悔しても後の祭り。

■せめてコレ文庫本にならないか。自分のことを言うのもアレだが、えっ、こんなに面白い本だった?
そういえば、いつだったか資生堂の福原会長がこの本を褒めてくださり「どうしてこんな面白い材料をNHKがドラマ化しないのだろう」と雑誌の対談でどなたかに話していた。
by katorishu | 2015-04-16 10:07 | 新聞・出版
1月11日(月)
■成人の日だという。この日に振り袖を着る女性が、ひところ町にあふれていたが、今年はどうか。振り袖一式を買うのも大変である。それより貯金か、あるいは貯金をする余裕のない人も多いに違いない。アベノミクスは失敗が通説だが、それを認めない人もいる。
b0028235_12414063.jpg
今年の正月はほとんどどこにも行かず読書に費やした。読んだ本の中でもっとも刺激的で、のめりこんだのが「ロマンティックな狂気は存在するか」(春日武彦著)だ。

■イメージがひとり歩きし、誤解、偏見にさらされている「狂気」。
恋愛妄想、多重人格、憑依、猟奇犯罪等々に踏み込んだ専門家ならではの論だ。
執筆準備中の「シェール革命」関連のものはもっか原油安で、先行き不透明。
こっちは中断して、「狂気」を下敷きにしたものを書きたくなった。で、もっか、関連図書を4,5冊買い入れ読み始めた。
悪夢をよくみるし、どうしてこんな内容が?と思うことがよくあり、脳の働きや夢、その延長上にある「狂気」について、以前から興味をもっていた。

■もっともぼくの興味のあるのは「異常な狂気」ではなく「ゆるい狂気」だが。
「ゆるい」とか「アバウト」というのは、いい。
過日、大竹まこと氏にインタビューしたとき、青年期「ゆるく生きていた」という言葉を連発していたが、ぼくにもそういう時期があるので、よくわかる。
蛇足ながら今月26日より大竹まことさんの連載「自伝」(夕刊フジ)第一部開始です。

★さらに蛇足ながら「渋沢栄一の経営教室Sクラス」発売中です。読んで損はない内容だと思います。よろしくお願いします。
b0028235_12455744.jpg
 
by katorishu | 2015-01-12 12:49 | 新聞・出版