<   2005年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

猛暑も自然からの警告

 6月28日(火)。
 東京は35度を超える猛暑。地球環境がどこかおかしくなっている証拠の現れと考えたほうがいいのだろう。
 石油を初めとした地下資源をあれだけ大量消費し、一酸化炭素をまきちらす一方で、緑をなくしてしまえば、自然環境が悪化するのは当然である。
 今、地球上に60億の人間がひしめいている。50年ちょっと前の昭和20年代は26億人ほどであったから、この50年ほどで倍になったわけである。
 日本は人少子化で人口が減ってきているが世界的に見れば、人口はまだまだ増え続け、いずれ100億の大台に達するのは時間の問題だろう。
 そのとき必然的に起きるのは、食糧問題である。
 どんなにバイオ技術が進歩しても100億の人間を養うだけの食糧を地上で生産できるのかどうか。
 発展途上国の人達が、生存ぎりぎりの貧しい食事に安住していれば、なんとかしのげるかもしれないが、情報化とボーダレス化社会のなか、彼等だって日本やアメリカなど先進国の生活スタイルを見習うようになる。
 お隣の中国ひとつとっても、一家に一台車をもつようになったら、それだけで石油資源は膨大に消費され、早い時期に枯渇してしまうだろう。風下にある日本には汚染された空気が流れてき、環境は一気に悪化する。
 膨大な人口をかかえるインドも現在、人々の生活の「欧米化」がすすみつつあるようだ。イスラム、ヒンディーの「抑制の宗教」があるにせよ、都市を中心に欧米文明の利器をとりいれた生活が普及すれば、地下資源は急速に枯渇する。

 考えてみると、われわれは今、恐ろしい時代を目前にしている。
 現在の先進国のとっている生活様式、社会システムを今後ともとりつづけるには、地球があと50個か60個必要である、と以前、どこかの科学者が試算していた。
 人類はいずれ滅亡の運命をたどるにしても、滅亡の速度を遅くさせるために、今こそ先進国の人間が率先して生活意識、生活スタイルをあらためる必要がある。
 しかし、アメリカや日本をはじめとする「先進国」の人間は、楽で快適な生活スタイルに慣れて、それが当たり前と思っているので、流れを変えることは容易ではない。

 自然はいろいろな形で、そんな先進国の人間の生き方に「警告」を与えているのだろう。
 猛暑や天候不順、鳥インフルエンザ、狂牛病なども、その現れと考え、真摯に受け止めたほうがいい。
 しかし、ビジネス論理が最優先される流れの中、そんなことを考える人間は取り残されかねない。危機が目の前に見えるときまで、多くの人は、より快適で、より楽な生活をあくなき情熱で求め続けている。
 そんな努力が、不快で不便な生活をもたらすことになる可能性が強いのに、それに気づかない。気づかないふりをし、危機から敢えて目をそらそうとしているのだろうか。
 気づいたときは、もう決定的に遅いのだが。
 人口問題と、環境問題。これが21世紀の人類が直面する最大の問題である。
by katorishu | 2005-06-29 03:54
 6月26日(日)
 横浜のかなっくホールで上演された拙作「メアリーという名の姉」を見に行く。横浜の市民劇団「かに座」の第90回目の公演である。
 アマチュア劇団のよさで、チラシや装置などもすべて手作りで、いろいろな人の力がひとつに結集して、演劇的空間を作り出していた。演劇の原点を見る思いがし、興味深かった。
 夜からの「打ち上げ」に参加した。関係者30人ほどが集まって、主宰者の田辺さん宅の裏にある稽古場で、「美酒」を飲んだ。
 技術の上ではプロにかなわないが、アマチュアならでの別の味わいもあり、みんなある満足感に浸っているようで、作者として感慨深かった。
 知り合いで芝居をめったに見ない方から、メールをいただいたが、感動して涙が出た……との言葉があった。
 こういう「草の根」の文化活動がもっと、ひろがって欲しいものだ。芝居関係者以外は、なかなか芝居を見にいかないが、やはりライブのもつ魅力はほかでは代替できない。
 芝居は「生き物」なので、同じ芝居でも、日によってかなり違うものだ。主宰の田辺さんによれば、初日とくらべ、ぼくが拝見した楽日の芝居はずっとよくなっていたという。
 稽古のときと比べ、本番で飛躍的にうまくなっている人もいた。稽古と変わらない人もいたが、それはご愛敬である。
 測量会社社員、ペンキ屋、牛乳屋、介護士、OL等々、また月曜日から仕事にもどっていくのだが、彼等にとっても一時「非日常の空間」を「生きた」という経験は貴重であったに違いない。ここから、生きる糧を確実に得たはずである。
 さらに100回、120回と公演を重ね、地域の文化活動をもり立てて欲しいものだ。
by katorishu | 2005-06-27 19:20

容量の問題

 6月23日(木)。
 たいしたこともしないうちに一日が終わる。(それなりにやっているのだが、成果が出ない)。
 一人の人間が一生に出来ることについて、このごろよく思う。文学史や文化史に残るような創作者は、悪戦苦闘しながら、自分はダメだダメだと思いつつ、やむにやまれぬ「内的衝動」に突き動かされるようにして、死ぬまで創り続けたのだろう。
 結果として「見事」な作品が残ったが、創るプロセスは苦渋に満ちていたにちがいない。苦渋の大きさ、深さが、作品の彫りの深さに比例する……といってもいいのかもしれない。
 その伝でいくと、ぼくなどまだ甘く苦渋が足りない。かといって、これ以上の苦渋を体験すると、ますます睡眠不足になってしまう。やはり「容量」の問題か。
 考えてみると、この八月でフリーになって25年。文筆一筋でよくやってきたものだ。
 
 
by katorishu | 2005-06-23 23:21

さいたま芸術劇場

 6月22日(水)。
 さいたま芸術劇場を見てきた。新しいことと、金をかけて作っただけに、なかなかの設備をもった、すごい劇場だ。舞台が広く、一瞬、体育館にはいったかという印象。
 22日に使用するのは、前のほんのごく一部になるかと思う。
b0028235_132145.jpg

 音響もよく、ここで「ミュージック・ドラマ」を演出というのは、冒険かとも思えたが、乗り出した船である。
 資金と稽古時間の少なさは、意欲でカバーするしかない。
 あの広い空間を、どう効果的に、舞台装置なしで、生かすか。同行した如安さん、共同演出の鈴木さんともども話し合った。
by katorishu | 2005-06-23 01:04

数字がすべての風潮

 6月20日(月)
 金曜放送の金曜エンターテインメント「仕置き代理人」のドラマについて、見る人によっていろいろだなと改めて思う。
 テレビドラマを長いこと制作してきた複数の人から、電話をいただいた。評価はまったくわかれた。
 一人は「作り物めいていて、面白くない」、一人は「作り物の面白さでていて、よかった」。
 これだから、マスを相手にする作品というのはむずかしい。ある層の人間に「面白い」と思わせるものをつくれば、他の層のひとは「地味でつまらない」ということになる。
 所詮、ドラマは作り物なので、ぼく自身はリアリティを減じても、面白さのほうに軸足を置きたいが、「面白い」というのも、人によって価値観、尺度が違うので、ある人が「つまらない」と思うところが、ある人には「面白い」と思われたりする。
 結局は自分で面白いと思うものを書くしかないのだが、ドラマ作品は脚本家の手を離れると、演出家や俳優などの価値観、尺度で、再構成されるので、作家性などは貫きにくい。
 以前は、テレビドラマも「作家性」を尊重する姿勢が制作側にあったのだが、今、もっとも尊重されるのは「数字」である。
 数字が悪ければ、どんなに面白くて、どんなに深い内容があっても、罰点マークとなる。
 多くの人がそういう傾向に疑問を抱いているのだが、ビジネス論理(金の論理)が、最優先されるので、とにかく数字をあげた作品が「良い作品」となり、引き続き制作できる。
 一方、数字をとれなかった作品は、それで打ち切りの運命にある。
 ところで、「仕置き代理人」の数字は、「悪かった」ということだ。
 数字こそすべての風潮がいつまで続くのか。その数字も、本当の意味で視聴者の意識を反映しているものなのか、どうか、わからない。誤差の範囲内で、一喜一憂しているのがテレビ界に限らず、現代の日本の状況のようだ。
by katorishu | 2005-06-21 15:22

チバリヨ顔合わせ

 6月19日(日)。
 大宮でハンセン病ミュージック・ドラマ「チバリヨ」の稽古。ぼくは歌い手や子供たちと、初顔合わせ。今回は台本のほか演出(共同演出)もやっている。もちろん、音楽のある舞台の演出など初めてである。「無知故のなんとか」で、専門家とはまた違った味わいの作品にしたい。
 久しぶりに大宮に足を運んだが、見違えるように変貌していた。

 出演者がまだ全員そろわず、音楽も一部作曲が未完成の部分はあるが、前回に比べ、ドラマ部分を増やし、夾雑物を落とし、「感動」を心がけて改稿したので、その成果はあると思った。
 合唱も音大の声楽科を出たひとなど、それなりに歌える人で編成。700人以上の御客が入る、近代的設備の整った「さいたま芸術劇場」でやるので、張り切らざるを得ない。資金がないので、いかに少ないお金で、いかに大きな効果をあげるかを、心がけるつもりだ。稽古の時間は圧倒的に少ないが、そんなハンディをはねつける力強く、心に響く舞台になる予感を覚えた。
 
by katorishu | 2005-06-20 02:41

アジア史の視点こそ

 6月18日(土)。
 午後、高田馬場でシナリオ講座の授業。メールで送ってもらった課題の講評を中心に計3時間。よく読み、よく見て、よく考えることの必要性を強調。
 こういう時代だからこそ、本質的に新しい「作家」が出てきてもらいたいと思うのだが。
 終わって、ルノアールでレクラム舎の川島宏知氏と。「チバリヨ」の件で打ち合わせ。台本をわたし、「ハンセン病ミュージック・ドラマ」の概要と狙いについて説明。
 川島氏は以前、水俣病についての芝居を、地方公演にもっていったことがあるという。
 「チバリヨ」もいずれ地方公演を予定しているので、その経験なども期待できる。樋浦氏がスケジュールがあわず、NGとなったが、川島氏もまた別の味わいがあり、救われた気分だ。
 「仕置き代理人」の反響は思ったより良かった。長くてカットされた部分も「時代劇の現代版」ということで、飛躍があってもそれほど気にならなかったようだ。

 執筆すべき原稿がいろいろとがあるのだが、少々疲れてその意欲がわかない。頭の回転が鈍っているときは酒でも飲んで眠るのが一番いいので、そうしたが、小一時間で目がさめてしまった。で、読書となる。
 東洋史学者、宮崎市定の大作『アジア史概説』(中公文庫)』を、すこしづつ読んでいる。西アジア、東アジアの視点から世界史を見ると、また違った世界が見えてくる。
 サラセン文化がいかに深く中国に影響しているかを、あらためて知った。それとイスラム文化がヨーロッパ文化に比べて、ひところははるかに先進性をもっていたこと。トルコの勃興やペルシャ文明が深くからみあってアジアの文明が発展してき、日本文明もその流れの下流に位置しているのだということが、手際よく語られていく。
 どうしても我々は、欧米文化の視点からアジアを見過ぎている。今、その弊をとりのぞくべきときにきている、と感じた。
 
by katorishu | 2005-06-19 01:25

芝居とドラマと

6月17日(金)。
 15時より、乃木坂のコレドで、友人の高谷信之作・演出の「枝の上の白色レグホン」を見る。
 もともとはラジオドラマで、1996年度文化庁主催芸術祭グランプリ受賞作品を芝居用に改稿したものだという。
 昼間なので半分ほどの入り。交通事故の被害者と加害者との「関係」を描くドラマで、現代人の身勝手さ、孤独さが浮き上がり、面白かった。『三人囃子』+劇団ギルドとの提携公演。

 7月22日のハンセン病ミュージック・ドラマ「チバリヨ」に出演予定の樋浦勉氏が、スケジュールの都合で結局、NG。急遽、オフィス・レクラム舎の川島宏知氏に頼んだ。

 21時より、ぼくが脚本を書いたドラマ「仕置き代理人・鏡俊介の痛快事件簿」(フジテレビ)、放送。武田鉄矢主演。時代劇の「仕事人」の現代版である。作品は一年ほど前にできあがっていたのだが、役者が裏番組とかち合うため、伸びてしまった。長くなりかなりカットされた部分があり、わかりずらいかと思っていたが、それほどではなかった……。
 以前はぼくの脚本のドラマがよく放送されていたものだが、近頃では久しぶり。ほとんどPRをしなかったのだが、放送が終わると、すぐメールの反響がくるのは、今を象徴している。
by katorishu | 2005-06-18 01:04

珍しく風邪をひく

 6月16日(木)。
 昨日からエキサイト・ブログがメインテナンス状態でずっと開けなかった。
 おまけに、珍しく風邪をひき寝込む状態。考えてみれば、もう何年も風邪などひいたことはなかった。不眠症をのぞけば、どこも悪くなく、過去一年を振り返っても医者にいくほどのことはない。
 それが数日前、喉が痛くなった。葛根湯を飲んだがよくならず、くしゃみが出て、やがて鼻水に。昨日は咳がでた。今はすでに17日の早朝、珍しく朝5時に目覚めると、気分爽快。

 この数日、記憶に残っていることは、新宿の「哲学カフェ」にいったこと。唯識の権威である横山紘一氏が主催して始めたもので、二回目である。新宿の「らんぶる」に30人近くがあつまり、テーマを決めて討論。
 昔NHKの職員であった老人、フジテレビの解説員などのほか、学生もいた。面白かったのは中国や韓国から日本にきている研究者たちだ。二次会の飲み屋で、二人とじっくり話す機会がもてた。北京大学を卒業し東大にはいり、いまは某大学の助教授をやっている沈さん。丸坊主で仏教を研究しているという。
 天安門事件がかれの「トラウマ」になっていて、それで仏教の研究にのめりこんだのだという。
 中国の宗教情勢、当局の政策などについて、興味深い話をきいた。同じような経歴をもつ楊さんも異色の人物。小柄で易しい体つきをしているが、じつは武道の達人で、気功の本なども出している。
 みんな日本語が流ちょうに話せ、外国人と話している感覚はない。むしろ日本人と話していて、違和感を感じることがあるが、彼等とは違和感は少ない。ボーダレス化はここまできている、と実感した。二人とも、真摯で、じつによく勉強しており、心地よい「知的興奮」を味わうことができた。

 風邪ひきで、鼻汁が始終でて、肉体的には辛かったが、会話は充実していた。
 翌日、紀伊国屋ホールで、井上ひさしの「父と暮らせば」を見る。以前、すまけい主演の同作を見ているが、このときは疲労していて、途中眠ってしまった。今度は辻萬長主演。広島に投下された原爆で死んだ父が「亡霊」となって、実の娘とやりとりする、コメディタッチの社会派劇。
 当代一級の芝居人、辻萬長の張りのある声は心地よい。
 昔、ぼくが脚本を書いた名古屋の放送局制作の昼帯ドラマに、辻氏はレギュラー出演していた。「マザコン」の喫茶店経営者という設定だった。収録のはじまる前に一度、名古屋の飲み屋でプロデューサーともども飲食した記憶がある。あのときはまだ小松座にはいっていなかったのではないか。声の通る人だと思った。その後の「舞台人」としての辻萬長の成長ぶりはめざましい。

 風邪で体力が落ちているうえ、風邪薬のせいもあって、またもちょっと仮眠してしまったが、作品は感動もので、周囲からすすり泣きがもれていた。
 「父と暮らせば」については、知り合いの樋浦勉氏が娘さんと「父娘」共演でやったものを、小さな民家風の家に二階で見ている。あれはまた独特の味わいがあった。また、娘とやる予定と、過日電話で樋浦氏は話していた。
 当然のことだが、演ずる人が違えば、違った味わいになる。演劇は「生きている」ことをあらあめて実感するとともに、「生きている」から面白い。
by katorishu | 2005-06-17 07:02
 6月12日(日)。
 渋谷で映画「ザ・インタープリター」を見る。
 シドニー・ポラック監督作品で、ニコール・キッドマンとショーン・ペンが出演とあっては、ぜひ見なくては、と思っていた。17日まで上映と知って、出向いた。
 国連で通訳として働く、アフリカ出身の女性、シルビア(ニコール・キッドマン)は、謎の人物たちのグー語の会話から、ある人物の暗殺計画を偶然立ち聞きしてしまう。
 シークレット・サービスのトビン(ショーン・ペン)は暗殺計画を防止するため、シルビアの調査などをするうち、シルビアの意外な過去が浮かびあがる。
 オープニングは架空のアフリカの国。内紛で大量殺戮が繰り返される中、カメラマンなどの一向が虐殺の現場を視察した際、少年に銃で打たれる。そんな衝撃的なシーンから、舞台は国連総会に移り、そこで働くシルビアの姿が映し出される。
 彼女はアフリカの母国の紛争で両親を殺され、アメリカにやってき、珍しい言語のグー語を話せることから国連の通訳に採用された。彼女の背負っているものは重く、苛烈である。

 国際サスペンス・スリラーといったもので、深く考えさせるものも内包した映画だ。息もつかせぬ緊張感のある画面に複雑に絡み合った物語。国連内部でロケをしたとのことで、リアルな描写がすごい。
 同時多発テロ以後のアメリカの過剰な警備の実態なども描かれ、さらにアフリカのかかえている問題なども背後に浮き上がる。
 独特の個性を発揮するショーン・ペンと、凄艶さと怖さをも漂わすニコール・キッドマンの取り合わせも面白く、久々に第一級のサスペンスを見たという気がした。
 人間ドラマも描かれ、複雑な物語をテンポのいい映像で切り取り、無駄な描写がなく、2時間あまりが、短く感じられた。ハリウッド映画の奥行きの深さを、改めて思い知らされ、こういう映画に接すると、「映画はアメリカにかなわない」という気分になる。
 詳しくは、ホームページの映画・演劇評で……と思うのだが、なかなか書いている時間がない。
by katorishu | 2005-06-13 00:58