<   2005年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

往年の名門企業の失墜

 7月29日(金)
 鐘紡の社長など幹部が粉飾決算の罪で逮捕された。本当は大赤字なのに「全従業員のため」などといって小手先のごまかしをやろうとしたのだろう。このところ、往年の名門大企業が不祥事に揺れたり、赤字決算をだし、どうも冴えない。
 鐘紡や東洋レーヨンといったら、ぼくの学生のころ、大学生のはいりたい企業のトップにあった会社である。東洋レーヨンなど当時としては破格の3万円という高給で、多くの学生が志望ナンバー1にあげていた。テレビ局などそれほど高位にはなかった。

 鐘紡や今年赤字決算をだしこのところ冴えない日本航空なども、人気企業であった。それが不祥事に見舞われ、会社の危急存亡の危機に瀕している。世の中は常ならず、つまり「無常」であるのだが、最近とみにその傾向が強まり早まっているという気がする。

 今は繁栄を謳歌しているテレビ局なども早晩、危機に瀕するに違いない。良いことか悪いことかはわからないが、激変の源になっているのはインターネットである。願わくば「個人」が「個人の意見」を自由に表明でき、本当の意味での民が主人公の「民主主義社会」になってもらいたい。

 最近、知り合いがインターネット関連の会社を企業した。登記料などふくめて設立資金は30万以下である。来年4月、会社法が改正され、株式会社の設立資金はゼロでもいいようになるということだ。
 自由主義市場経済のもたらした「明」の部分なのだろう。これまでは会社を興すには、相当額の資金が必要であったから、個人が気軽に起業できるはずもなかった。
 今は才覚とやる気さえあれば、誰でもが起業できるし、ぼくも起業してみたい気分にもなる。
 ただ、起業して金を儲けるのはいいが、結果として貧富の差が極大化するのは困る。自由主義市場経済の「暗」の部分である。
 ところで、今国家で焦点となっている郵政民営化法案、どこが利点なのかさっぱりわからない。かといって、今のままでいいはずもない。
 あらゆることが、過渡期にさしかかっている。過渡期を乗り越えたとき、どういう社会が眼前にひろがっているのだろう。
by katorishu | 2005-07-29 23:37
 7月26(火)。
 大型の台風が近づいているとのことで、強い雨が降ったりやんだり。午前中、『子役という仕事』の見本が届く。やや子供っぽい表紙だが、主なターゲットの子役のお母さんたちは、20代の後半から30代。
b0028235_1537555.jpgぼくの世代とはやや感覚が違うので、彼女たちに合わせるしかないのだろう。 たとえ「専門家」や「評論家」が面白いといっても、売れなかったらどうしようもない。売るための、算段、仕組み、PR等々で、みんな知恵を絞り、苦しんでいる。

「市場経済」なのでそういうことになるが、このシステムが果たして日本の文化になじむのかどうか。根本的に検討したほうがいい。日本社会の良さは「中間層」が厚いことで、それが社会の安定をもたらしていた。
 それが小泉総理の出現あたりから、がらがら崩れつつある。「弱肉強食」の社会はモラルの荒廃をもたらし、人心をすさませる。かといってソ連などで実験ずみの、失敗に終わった「社会主義」もいただけない。
 混迷する社会、時代閉塞の漂う社会は、一番やわな子供の心に影響をあたえる。
 「子役という仕事」では、「実用書」の側面ばかりでなく、「子供文化」「日本文化」の側面も視野に置いて書いた。
 来週あたり本屋に並ぶはずです。お手にとってみてください。 版元は去年できた「ジュリアン」という新しい出版社。定価1500円(税込み)。読んで損はない本であると自負しています。
 
by katorishu | 2005-07-26 15:41
7月22日(金)、さいたま芸術劇場でのハンセン病ミュージック・ドラマ「チバリヨ」、無事終えることができました。
 短い準備期間や資金不足という悪条件を、みなさんの熱意と努力、気力でカバーし、感動的な舞台に仕上がったと思います。日頃、辛口の批評をいう知人の舞台関係者、音楽関係者からは「よかった」「感動した」という声を数多く聞きました。お世辞でなく、よかったといって、励ましの言葉をいただいた。ハンセン病への理解を深めるとともに、「癒し」を与えることができた、と当初の意図が伝わり、脚本・演出担当としては、ホッとしたところです。
 ここまでくるのに、いろいろと困難もありましたが、「終わりよければすべてよし」
 作曲者でNPOアバ音楽の森代表の高橋如安さんはじめ、事務的なことと出演も兼ねた鈴木美幸さん、碓井麻由美さん、そうしてこの作を通じて急速な進歩を見せた最年少の秋葉広大くん、さらにベテラン俳優の松岡みどりさん、川島宏知さん、合唱団の皆さん、子供合唱団の皆さん、ピアニストの室谷章さん、指揮の高橋勇太さん……舞台監督の浅野さん、照明の松村さん……等々、ありがとうございました。
 ぼくとしては、いろいろなひとと「良い出会い」が出来たことが、収穫です。
 そうして、「ミュージック・ドラマ」なる形が、できつつあるという手応え。

 準備期間の短いこともあって、いろいろと大変なことがありましたが、明日に「希望」をつなげます。

★写真ですが、いい場面に限って動きが多く、ピンぼけ写真になって、載せられず失礼します。
 すべてゲネプロのもので、カミサンが写しました。

★観客の入りは300から350といったところでしょうか。やや空席が目立ちましたが、みなさん舞台に感情移入しているのが、肌で伝わりました。
 ウイークデイの金曜の夕方ということで、時間的に来るのがむずかしい人が多いようでした。
(少なくともぼくの関係者は)。
「青少年向き」と銘打ってあるのですが、「青少年」の入場が少なかったのが、とても残念です。PR不足であったのかもしれません。
 ただ、チバリヨを各地でぜひ公演して欲しいという声をいくつもきき、具体的なオファーを申し出てくださる方もあり、心強い限りです。
 
 関係者のみなさん、遠方からかけつけてくださった多くの御客さん、ありがとうございました。多謝、多謝!
by katorishu | 2005-07-23 12:55

チバリヨ写真3

b0028235_12233726.jpg


b0028235_1224433.jpg


b0028235_12243556.jpg


b0028235_1225332.jpg

by katorishu | 2005-07-23 12:25

チバリヨ写真2

b0028235_12193439.jpg


b0028235_1220659.jpg


b0028235_12204478.jpg


b0028235_12211722.jpg


b0028235_12214289.jpg
b0028235_12221363.jpg

by katorishu | 2005-07-23 12:22

チバリヨ写真1

 7月22日。
 チバリヨ、舞台写真。クライマックスの部分は、ぶれている写真が多く、やや迫力に欠けますが。
 
b0028235_1212308.jpg

 美代治の兄の卓治
b0028235_12131137.jpg

 美代治と美恵子
b0028235_12141172.jpg

美恵子とピアニスト
b0028235_12144693.jpg


b0028235_12152147.jpg


b0028235_1215473.jpg

by katorishu | 2005-07-23 12:19

チバリヨ本番

 7月22日(金)
 ミュージック・ドラマ「チバリヨ」本番。
 関係者のみなさん、見に来てくださった方、ありがとうございました。
 自分でいうのもおかしいのですが、「感動した」「泣けた」「浄化された」の声が終わった直後のロビーにあふれており、大成功であったと思います。
 いつもは辛口をいう舞台関係者からも、「よかった」「感動した」の声をいただきました。
 かなり無理なスケジュールの公演でしたが、皆さん、ほうとうによくやってくれたと思います。
 脚本・演出担当から、あらためて感謝の意を表します。

 明日あたり、舞台の写真と、ぼくの感想等、ここに記します。
 アクセスしてみてください。

 香取俊介
by katorishu | 2005-07-23 02:57

訃報

 7月20日(水)。
 NHKのS氏からの電話で、共通の友人であったマネージャーのI氏の訃報を知る。2ヶ月ほどまえ、もう一人のシナリオライターのO氏もまじえ3人で横浜の病院を見舞ったときは、元気とはいえないまでも、時間はかかるにしても回復の可能性もなきにしもあらず……といった様子であったのだが。
 家族親族だけの「密葬」にするとのこと。いうべき言葉もない。
 
 もう25年以上前、I氏が今は売れっ子俳優になっている村上弘明を連れてきたときのことを思い出す。S氏もまじえて新宿の焼酎屋「千草」で軽く飲食をした。村上弘明はまだ大学を卒業する前後で、デビューする前であった。初々しい青年で、笑顔がよく、声の質もよく、将来伸びるのでは……と思い、事実そんな印象を語った記憶がある。
 その後、彼はテレビドラマで主演クラスにそだっていった。I氏は村上弘明を大事にし、とくに時代劇役者として、共にいい仕事をすることができたのではないか。京都での撮影が多く、マネージャーとして東京と京都を往復することが多かった。その間、いろいろなつきあいがあったのだろう、酒を少々飲み過ぎて問題……といった話が漏れ聞こえてきた。
 胃から吐血したり……酒とストレスが健康を害する原因になったに「ちがいない。村上弘明のほか、堤真一なども彼が「育てた」といってもいいかと思う。

 学生のころから、芸能の世界に触れ、マネージャーや制作会社とかかわってきた、昔のタイプのマネージャーであった。どうしても「人脈」で仕事をすることが多く、いきおい酒席でのつきあいが多くなる。それだけが原因ではないだろうが、50代後半。短い人生だった……。
 訃報に接して言うべき言葉もない。

 ★一方「チバリヨ」は、役者部分と声楽家で、役者とからむ主演の二人の「抜き稽古」。
 みんな目に見えてよくなってきている。
 全体を通した稽古があと5日ぐらいあれば、完璧なのだが……あとは、みなさんの気力で頑張ってもらうしかない。
by katorishu | 2005-07-21 11:26

チバリヨ稽古風景

 7月18日のチバリヨ稽古風景。
 カメラの電池切れのため、写っていない人もいます。
b0028235_2205968.jpg

 主役の美代治役の秋葉広大。
b0028235_221479.jpg

 美代治、美恵子と、姉の里美(背中)。合唱団、子供。

b0028235_2221934.jpg

 合唱団。

b0028235_223144.jpg


b0028235_2233861.jpg

 合唱団

b0028235_224349.jpg


b0028235_2243196.jpg

 美代治の兄、姉やくの川島宏知と松岡みどり
by katorishu | 2005-07-20 02:28

22日(金)の夜

 7月18日(月)
 ハンセン病ミュージック・ドラマ「チバリヨ」、通し稽古。照明さんも資金の少ないなか、色々工夫してくれるようで、「感動」の作になること間違いない、と感じた。
 役者と声楽家と楽器奏者の3者の相乗効果で、独特の舞台空間を創出できたという確信をもてた。
b0028235_811079.jpg
 これをお読みの奇特なお方、22日は金曜だし、いろいろと予定などもあるでしょうが、ぜひ埼京線、与野本町にある「さいたま芸術劇場」に足を運んでください。(新宿から30分たらず)
 小中高生は無料ですので、この方面にお知り合いの人がいましたら、ご連絡いただけると、ありがたいのですが。
b0028235_82885.jpg
 準備期間が短かったもので、定員700の席にまだ大分、空席があります。当日、そのままいらしても、多分、入れるかと思います。
 「感動」はうけあいます。どうか、よろしくお願いします。
b0028235_82527.jpg

 ハンセン病ミュージック・ドラマ「チバリヨ」
 7月22日(金)。18時半開演。(前半にクラシック・コンサートがあるのでチバリヨがはじまるのは休憩をはさんで19時半ごろ)
 入場料1500円(全席自由席)
 小中高生、ハンディナーは無料。
 主催NPOアバ音楽の森

  以下のURLをご覧ください。
 http://plaza.rakuten.co.jp/abbamusica/
b0028235_832738.jpg

b0028235_835585.jpg








 
by katorishu | 2005-07-19 08:04