カレンダー

<   2005年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 8月29日(月)
 必要があって『ワイルドスワン』(ユン・チアン作)を読む。寝床に横になりながらほとんど徹夜で厚い本の上巻を読み終えたところだが、圧倒的迫力で迫るノンフィクションだ。
 清朝崩壊から中華民国建国、さらに毛沢東ひきいる中国共産党による革命の嵐の中で、翻弄される家族の「肖像」を、抑えた筆致で描いていく。
 著者のユン・スワン女史は現在イギリス在住で、共産党政権の幹部となった父母と祖母などの有為転変の生き方を冷静に見つめて描いているのだが、過ぎ去った家族の人生の細部をよくこれだけリのアリティをもって描いたものと感嘆した。作中の人物に感情移入をしつづけ、まさに巻をおくあたわずという気分になった。

 普通に生きたいと願う人たちにもたらす「革命」の功罪が、じつに鮮やかに描かれており、パールバックの「大地」をしのぐ作だと思う。
 10年ほど前に出た本で、出版当時もちろんこの本の存在は知っていたが、読んでいなかった。
 ここにこめられた「人間ドラマ」はさすが何千年の権謀術数の歴史をもつ中国ならではのもので、登場する人たちの生き方の振幅が大きく、魅力的だ。

 過日読んだ「毛沢東秘録」とはまた別種の感動を覚えた。
 清朝時代から続く古い習慣、旧弊なしきたり、風習。それと闘う若い人たち。新旧、老若男女がいりみだれ、己の価値観にしたがって、よりよく生きようとする。しかし、ある人の「幸福」は他人の「不幸」の上にしか成り立たず、互いを傷つけ合ってしまう。
 
 残酷な歴史のうねりの中で木の葉のように翻弄される人々。裏切り、復讐、殺さなければ殺される極限状況。次々と生起する事件は興味深いが、同時に辛い気分にもなる。
 ただ、全体を貫くトーンは不思議と暗くなく、いつも未来に光りが見えるようだ。これは、筆者の描写の力によるものなのかもしれない。活字の背景から、見たこともない中国の成都や錦州の町が鮮やかに浮かびあがり、そこに息づく人たちの佇まいや表情までが、目に浮かんでくるようだった。

 殺され傷ついていった無数の人の無念の気分が、我がことのようにも思われ、しばし本を閉じ、茫然とした思いに浸ることが多かった。 こういう読書の興奮はドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」のような大作を読んだときに味わう「文学的興奮」に通ずる。
 活字の力、言葉の力のすごさを、あらためて実感した。下巻を読むのが楽しみだ。
 これから書く予定の本にとって、大いに参考になると思うが、おかげで、数日後に〆切の迫った原稿の執筆が遅々として進まない。
by katorishu | 2005-08-30 02:56
 8月26日(金)
 日本放送作家協会の理事会。ある問題をめぐって少々紛糾した。人と人との関係は複雑微妙でむずかしいもの。なにかのイベントをやったりすると、ちょっとした見解の違いが増幅され、思わぬ齟齬をきたしてしまう。
 途中で席を辞し、文藝春秋社へ。「北京幽閉5年3ヶ月」という特異な体験をもつ鈴木さんと編集のS氏をまじえ、打ち合わせ。終わって近くの蕎麦割烹で4時間半にわたり日中関係を中心に意見交換。
 ぼくと鈴木さんの「共作」で文春で出版することになる。鈴木さんにとって「ライフワーク」とのことだが、「異文化摩擦」をテーマにしているぼくにとっても同様である。
 今後どこかで「合宿」をして鈴木さんの体験をさらに詳細に聞かせてもらうと同時に、戦前、戦中、戦後の鈴木さんの記憶を喚起させてただくことになる。
 今に続く日中交渉の問題点を含んでいるので、中国関係の勉強が必要だ。

 その他、舞台、ドラマ等々、やりたい仕事が山とあり、時間がいくらあっても足りない。あと20年くらいは「現役」で執筆活動をすることになるだろう。「貧乏暇なし」の状態だが、とにかく「社会との関わりをもつ」ことは老化防止には一番有効であるようだ。それと柔軟な思考。物書きにとって何より排さなければいけないのは偏狭な「原理主義的」発想である。

 本日、ある方からメールが届いた。あることについての感情の齟齬について。人はいろいろな「妄想」をするものと思った。これも一種の「人間研究」の素材となる。
 人さまざま、その人の立場、立場によって、なるほど、そんな考えをするのか、と思った。
 最近、感じるのは「自分を中心に地球はまわっている」といった思いの人が多いこと。時代の風潮なのか、あるいは人間とは知恵をもって以来、そういうエゴイズムの固まりなのか。
 他人の言動を見て、我が身を直す……そう思う方が建設的かもしれない。それと、人間は常にミスを犯す生き物である。
 最近あることを執筆したことで、ぼくのミスを指摘された。自分でもエッと驚くような間違いを犯してしまった。それで傷ついた人にはひたすら陳謝をするしかない。「ミスを犯す生き物」だとして開き直るつもりはない。反省と自戒の材料として深く胸にとどめたい。いくつになっても、日々勉強である。


 
by katorishu | 2005-08-27 02:34

偲ぶ会

 8月25日(木)
 17時半より東銀座、歌舞伎座となりの「木挽町」という飲み屋での「井上菊昭を偲ぶ会」に出席。役者の村上弘明氏のマネージメントを長くつとめてき、村上氏を育てたともいえる。
 井上氏とは30年来のつきあい。
 57歳で亡くなったのだが、原因は酒の飲み過ぎのようだ。偲ぶ会で挨拶に経ったテレビ関係者のほとんどが口にするのが、一緒に酒を飲んだときの思い出。昼間から酒をよく飲んでいたとのこと。アル中といっていいだろう。
 一時、入院し断酒をしたといっていたのだが。2ヶ月以上前に病院に見舞ったときは元気そうであったが、肺炎で急逝したとのこと。
 偲ぶ会には4,50人が出席。村上弘明氏も出席。
 台風の接近で、みんな早めに帰っていった。最近、この種の集まりが多い。
by katorishu | 2005-08-26 01:11

短編映画「日本の戦争」

 8月20(土)。
 蒲田の区民ホールに映画「日本の戦争」を見に行く。東映の教育映画部門が中高生など学校の副教材として作成した短編映画5本が上映された。
 「日韓併合への道」「朝鮮半島 植民地支配の実態」「太平洋戦争への道 中国大陸侵略」「太平洋戦争と東南アジア」「太平洋戦争と沖縄」
 一部、事実関係に疑問符もあるものの、戦前の日本、とくに軍部がやってきたことの実態がコンパクトにまとめられており、息詰まるような気分で見た。重く暗い作品だった。

 東映が10年ほど前に制作し、学校の「副教材」として使われたという。
 あの東映が、こういう映画を作っていたということを初めて知った。
 おそらく今、この種の映画を学校で副教材として使用し生徒に見せたら「自虐史観」にもとづいた偏った映画だとして、右翼の街宣車がやってくるのではないか。
 この10年で日本社会もかなり変わってしまった。そのことを実感させてくれる短編映画でもあった。

 会場には100数十人ほどがきており、高校生の姿も若干あった。しかし圧倒的多くは中高年である。ウイークデイの夕方といっても、若い人に見てもらいたい映画だ。明治、大正、昭和という近代に、日本が何をやってきたのか、光の裏の影の部分を描いて、深く考えさせてくれる。
 昭和のあの未曾有の戦禍に至ったプロセスと戦後の政治、経済、社会状況について、知らない人がどうも多すぎる。
 昭和という時代の出来事は、一種の「人間ドラマ」「政治ドラマ」として見ても、極めて面白いのだが。
 あの「昭和」を土台にして「今」があること。それを繰り返し過去を検証しながら、今日と明日を考える。一方で、とくにアジアとの関係について深く考えることが大事である。
by katorishu | 2005-08-22 02:51

映画の話

 8月19日(金)
 渋谷でドキュメンタリーの監督とベテランカメラマンに会い、映画作品の企画の話。山手線のガード下の薩摩焼酎の焼酎屋。業界関係者の客が多いとのことで、若い客は少ない。
 ハリウッド映画の浸透で、「派手で」「あざとく」「誇張され」「数字」を狙った「分かり易い」映画ばかりが横行している現状について、嘆き節。しかし嘆いてばかりもいられず、その打開策なども話し合う。
 
 映画表現はもっと多様性があるべきで、作り手の熱い思いの伝わる作品を作ろうということで意見は一致する。現代社会に確実に存在する「暗部」について、光をあてたい。
 まずは実現のための企画書作りが必要である。
 現在の配給システムにのりそうもない企画なので、「制作委員会」方式で資金を集めことになるかもしれない。
 みんな資金がない中、作品を作りたい思い、作品で訴えたい思いだけは強くある。
 秋からこの面でも積極的に動きたいものだ。
 エンターテインメント性を排した小栗康平の最新作についても、意見をかわす。
by katorishu | 2005-08-19 23:10

ゴミの島は夢の島

 8月16日(火)。
 14日いった新木場駅近くの「夢の島公園」。相当広い空間に熱帯植物などが生い茂り、運動施設などがいくつもある。夢の島とは、東京湾のゴミ捨て場のことのことで、今回はじめて足を運んだ。
b0028235_271275.jpg

公園内に「第五福龍丸」の船体保存館がある。
b0028235_1532259.jpg
 第五福龍丸は昭和29年、ビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験の「死の灰」をうけたまぐろ漁船。久保山さんという船員の死去などもあり、当時、新聞などでも連日大きく伝えられた。
b0028235_1535382.jpgまぐろは全く売れなくなり、放射能の恐ろしさに多くの日本人は戦慄した。写真は放射能の探知装置のガイガー菅。
b0028235_1542820.jpg

その後、核実験は依然として続き、現在、数千発の核爆弾がアメリカやロシアに貯蔵されている。
b0028235_232476.jpg 


新木場からほど近い、りんかい線、品川シーサイド駅上の広場で行われたバリダンス。インドネシア女性のゆったりした優雅な舞いに一瞬暑さを忘れた。
b0028235_281495.jpg

by katorishu | 2005-08-17 02:11

終戦記念日の自戒

 8月15日(月)
■60回目の終戦記念日。下北沢の駅前劇場で、正午を迎えた。この時間にはじまる芝居に知り合いの根本和史氏が出ているので見にいったのだが、12時開始とは早い、と思っていたところ、終戦記念日なので黙祷をするためにその時間の開演となったとのこと。ほぼ満席の御客が立ち上がって黙祷した。
 舞台は満州を舞台に戦後、置き去りにされた日本人女性のその後の生き方を描いた作品。素材は面白いのだが、脚本構成にやや難があり、主人公の女性の悲しさ辛さが胸に迫ってこなかった。
 終わってカ劇場の前のコーヒー店でミサンと女優の松岡みどり氏と雑談。あとから役者の根本和史氏。何かを創り出そう、表現しようとしている人達との会話は刺激があって快い。

■夕方からNHKで長時間放送された、アジア諸国との共生や歴史認識などをテーマにした生番組を見た。間にニュースなどをはさみながら、5時間近くにわたる読者参加の討論番組。
 受信料の不払いが効いたのか、最近のNHKの番組にやや変化が見られるようだ。あまりテレビを見ないので、はっきりしたことはいえないが。
 ゲストとして討論に参加した中では、元三井物産社員の寺島氏の論に共感を覚えた。基本的な考え方に違いはあるにしても、「右派」論客といわれている櫻井よしこ氏の「筋の通し方」はなかなかのものだと思った。

 戦後60年。まがりなりにも日本は平和を保ってきた。冷戦構造のなか、日本は多分に漁夫の利をしめてきた趣が強いが、今後の10年、20年でどうなっていくのか、見通しは暗い。
 少子高齢化、過剰な財政赤字……等々、 あまりにも難問が山積しており、いずれも簡単に解決できない問題であり、深刻である。

 社会のシステムを根本的にあらためない限り、問題は解決しないし、現在の物的「繁栄」など昔話になってしまうだろう。しかし、多くの国民は現行のシステムにどっぷりつかって、それなりの安逸をむさぼっているので、改革はあまり進まない。

 一口に改革といっても様々なやり方がある。小泉政権がやろうとしている「改革」を断行すれば、一握りの層に富が偏在することになり、社会のもっとも弱い層の血が多くながれるにちがいない。
  予測としては、結局は「弱肉強食」の論理で「自然淘汰」がすすみ、「弱者」切り捨てになっていくだろう。 ぼくも含めて大半の国民にとって「いやな時代」になる公算が強い。戦争によって問題を一気に解決させようという勢力が台頭するかもしれない。

 「いやな時代」にさせないために、何ができるか、何をしなければならないか。残された「持ち時間」の中で、真剣に考えていきたい。そして、微力ではあっても考えを実行にうつす。物書きとしての「実行」とは、作品として結実させることである。

 テレビや出版社など「既存のマスコミ」では、ぼくの本当に書きたい素材、テーマなどが残念ながら企画としてなかなか通らない。稀に例外があるにせよ、大マスコミの関心は「数字」ばかりである。「数字(売り上げ)」がとれる(伸びる)とれないかが、唯一の判断基準にますますなりつつある。
 「いやな時代」だなと思っていたところ、幸い「インターネット」というメディアが現れた。インターネットの良いところは、資金のない個人が知恵をめぐらせば、起業できるし情報を世界に広く発信できることだ。

 今後、一層、この新しいメディアを志しを同じくする者同士で活用すると共に、人間の五感に訴える「ライブ」での活動を増やし、芝居、講演、ミュージカルなどに関わっていきたい。
 幸い、この方面の人達とのネットワークがひろがりつつある。それと、「これから」という志をもつ「若い人」との交流を深めたい。物理的な年齢ではなく、精神が若く柔軟な思考ができチャレンジ精神に富んでいる「若い人」である。
 60回目の終戦記念日に改めて自戒したことだった。
by katorishu | 2005-08-16 01:23

久しぶりに母の実家に

 8月13日(土) 
 旧盆なので、相模川の上流、道志川ぞいにある母の実家に行く。神奈川県津久井郡青野原、前戸という地名。八王子から車でおよそ1時間。母はとっくに亡くなり、辺りの風景もかわっているが、まだ自然が残っている。
 茅葺きの家は昭和32年に火事で焼失してしまい、家の隣にあった竹藪もなくなっているが。
b0028235_0102131.jpg

b0028235_092880.jpg
 昔は酪農と養蚕が中心の農業であったが、今や専業農家は一軒もなく、家で食べるだけの野菜類をつくっている。
 母の弟の話では、以前、「前戸」という集落には18軒の家がたっていたが、バブル経済のころ急に人家が増えだし、100数十軒にのぼった。それが、長引く不景気の影響なのか、最近は空き家が目立ち、夜逃げする人もいるとか。
b0028235_011490.jpg

 しかし、まだ家の裏の清水は残っていた。都塵にまみれた生活をしていると、こういう自然の豊かさを忘れてしまっている。この水は今でも飲める。以前、ここが食器類の洗い場であり、洗濯場でもあった。近くに石の挽き臼などもあって自給自足の面影を残していたのだが。
b0028235_0114098.jpg都会化の波がこの辺にもおよんでいる。ただ、今も 猪のほか、猿も群れをなしてやってき、畑の穀物を食べてしまうという。蝉の鳴き声に力があった。
 この辺も相模原市への合併話がもちあがっているという。それとともに「前戸」という地名もなくなってしまう可能性が強い。地名の喪失とともに、なにかが決定的に失われてしまうにちがいない。
by katorishu | 2005-08-14 00:32

夢があれば希望がもてる

 8月11日(木)
 新宿で旧知の永田春子氏とあう。彼女の紹介で「文藝プロダクション」の岩間佳子氏と会い、2時間半ほどミュージカルについて話す。来年あるいは再来年にミュージカルをやろうということで、意見が一致、いろいろと夢だけは弾む。
 永田春子さんは神田女学園の教頭になったという。彼女が学生のころからの知り合いなので、膨大な時間の経過を思った。
 「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」といったのは一時期日本に天皇のように君臨したマッカーサー元帥の言葉だが、永田さんがそういう地位につく時代になったということは、ぼくなど次第に「老兵」に近づきつつある証拠だ。
 しかし、このまま「消え去る」ことはできない。
 どうも今の日本、旧世代から新世代へのバトンタッチがうまくいっていない。文化とはある意味で「伝統の継承」でもあるし、この機能が壊れていることは、日本社会の禍根となるに違いない。
 自分自身の「表現」「創作」活動も、まだまだ不十分だし、実現したいと思ったことの10分の1程度しか実現できていない。
 遺伝的に長生きの家系で、暖衣飽食とは無縁の生活をしているので、あと20年は健康で生きられそうだし、「文筆家」としてやれそうだ。幸い、書きたいものが山とある。
 書きたいものがある限り、夢は持続し、夢があれば明日に希望がもてる。これは過日のミュージック・ドラマ「チバリヨ」のテーマでもあった。
by katorishu | 2005-08-12 01:51

中国に関連の多い日

★8月9日(火) 
 新宿の喫茶店「らんぶる」で行われた「哲学カフェ」に顔を出す。宗教学者の横山紘一氏が主催する集まり。以前、テレビのコメンテーターとしてよく出演していた植草克秀氏などの顔も。
 韓国と中国、アメリカ、日本と複数の国で暮らしててきた華僑の湯(たん)さんと知り合ったのは、収穫であった。ほかに宗教書をだしている編集プロダクションの人など。二次会の飲み会で近くに座った人と、どうしてもよく話すことになる。
 植草氏、湯氏……等々。改めて、一種の「取材」を兼ねて会う予定だ。

★8月10日(水)
 午後、渋谷でテレビ関係者のO氏とあう。現在、日中合作の映画にかかわっており、8月17日から中国ロケに行くとのことだが、もし小泉総理が15日に靖国に公式参拝するようなことになると、中国側は反発し、この映画は制作中止に追い込まれるかもしれないという。
 O氏からは、以前、ぼくが企画したアジア諸国を舞台にした物語を、中国側が面白い……とのことなので、舞台を中国各地にかえてストーリーを考えられないかとのこと。日中関係の推移によって、どうなるかわからない企画だが、なんとか実現したいもの。
 O氏によれば、靖国問題に対する中国の関心はて強く、極めてナーバスになっているとのこと。 日中の経済関係が極めて緊密になっている中、小泉総理は敢えて靖国に公式参拝をするのか。それを日本国民がどうとらえるのか。総選挙で結果がでるはず。
 選挙結果が、今後の日本外交の分かれ目になるに違いない。ぼく個人の意見は、日本国総理の靖国公式参拝は反対である。戦没者を慰霊するなら、靖国神社ではなく、宗教色のない国立の慰霊施設を作るべきだろう。
 西郷隆盛を「賊軍」として排除してきた靖国神社を評価することはできない。

■夕方、渋谷のユーロスペースで映画「いつか読書する日」を見る。緒方明監督作品で、田中裕子主演。心に迫る佳作で、普通の人を淡々と描きながら、ここに確かに人生があると感じさせてくれる。小津安二郎の映画にも十分匹敵する佳作だ。
 日本映画にも、地味ながら非常に感動的で面白い作品が出てきている。単館上映なので、少数の人の目にしか入らないが、こういうところで「本物」が生まれている現実には、希望がもてる。メジャーではないところに、日本の明日を読み取りたい。
 この映画評は後日、ぼくのホームページほかで。
by katorishu | 2005-08-10 23:46