<   2008年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

  3月30日(日)
■昨日、渋谷のユーロスペースで映画『接吻』を見た。「純愛物語」と記している紹介文があるが、ぼくは「世俗」や「世間」に対する強烈な批判が根底に宿されていると見た。
 緊張感ある画面で、法廷と接見室のシーンが多く、一種の「舞台劇」の趣があるが、一方で「映画ならでは」の表現が随所に見られた。万田邦敏監督という人の映画は初めてみたが、(恐らく少ない)予算を逆手にとって工面して省略の効果もあげているし、才気のある監督だと思った。

■じつはこの映画を見るために渋谷にいったのではなかったが、知り合いの篠田三郎氏が出ているので、なんとなく見た。主演のOLの京子役の若手女優、小池栄子はグラビアアイドル出身でバラエティなどにでているとかで、映画初主演だというが、世間から「差別」というより「無視」されてきたOLの心情を、自然にリアルに演じていた。

■なにより、登場人物がオーバーアクションをひとつもせず、リアルに演じきっていたのがいい。小劇場の過剰演技とお笑いタレントのオーバーアクションがテレビにもちこまれ、とにかく「注目をあびよう」と大袈裟で空疎な芝居の氾濫する中、『接吻』では全員が愚直なほど真摯に演じている。それだけでも評価に値する、と見ている間思ったことだった。
 ただ「衝撃のラスト」は、やや疑問が残る。「接吻」というタイトルがここから出てくるのだが。

■映画を見ていない人のために、以下,go映画のあらすじの一部を記す。
『28歳のOL、京子は、家族とも疎遠であり、友達もいない孤独な人生を歩んでいた。ある日、テレビに映し出された殺人犯、坂口に一瞬で恋に落ちる。新聞、雑誌を買いあさり、情報を集めると、彼こそが自分の同士であると確信。拘留中の坂口に面会を申し出る。坂口の国選弁護人、長谷川は、京子を不審がったが、坂口に手紙や差し入れをする京子に心を惹かれ、二人を面会させる。坂口の死刑が確定すると、二人は獄中結婚をする』

■ユーロスペースは定員100人未満の小さな映画館で、映画マニアが多い。地味そうな映画なので2割程度の入りかと思ってはいったところ、8割の席が埋まっていた。ぼくは珍しく一番前の席にすわって見た。終わって観客はどんな人たちなのかと目がいってしまう。場所柄、20代30代と思える人たちが大半だった。みんな緊張した面持ちで、主人公の目になり顔になっている。主人公に十分感情移入して、主人公の気持ちになっている証拠である。

■殺人犯役の豊川悦司も、この人ならではの演技をしており、いい味をだしていいた。この人はこの種の役をやると冴える。余計なことかもしれないが、以前、連続テレビドラマでちらっとみた「弁護士のクズ」のようなコミカルな役はやらないほうがいい、と思ったことだった。他に仲村トオル、篠田三郎などが出演。

■こういう映画が、ユーロスペースの「単館上映」であるのは、残念なことである。地方の映画館でも上映しているようだが、いかにも少ない。いずれDVDになるのだろうが、映画館の暗い空間で見ないと、この映画の真髄はなかなか伝わってこないのではないか。
 お勧め度は5段階評価で4,5といったところか。
by katorishu | 2008-03-30 21:49 | 映画演劇
 3月28日(金)
■脚本アーカイブズ準備室で、「報告書」の発送作業を5時間近く。交通費程度のでるボランティアである。最近、ボランティアが多い。本来の仕事である執筆でもボランティア料金の原稿が多い。世間に少しでもお役にたてば……という気持ちがあるのだが、本音をいえば、「まっとうな料金」もいただきたいもの。

■出版不況の深刻さが続く。それを象徴する事件が本の町、神田神保町近くでおきた。小石川にある製本会社の経営者が仕事が急減したことから悲観して、一家5人を殺傷したという。長年の得意先の会社が土地を売ってどこかに転出してしまい「得意先を失った」と加害者の社長は嘆いていたという。

■出版不況はこの業界でも、真っ先に末端の作業所にしわ寄せがいく。発注の単価がきりさげられたばかりか、発注そのものがなくなり、先行き悲観したのだろう。
パソコンや携帯電話で読むのもいいが、やはり本です。本でなければ、得られないものは実に多い。国民の多くがもっと本を読めば、かならず日本は再生する、とぼくは本気で思っている。
それにしても、製本業者の事件は哀しい。一家惨殺の本当の原因はまだはっきりはしないが、いたましくて、胸がつまる。

■他の家族まで巻き添えにしなくてもいいだろう、という思いはあるが、ぎりぎり追いつめられていたのだろう。本人は真面目な職人肌の人であったようだ。真面目で融通の利かない人ほど、追いつめられると暴発してしまう。
生来いい加減な人間なら、いろいろあらあな、とばかり、他人の迷惑など平気で、世渡りをする。こういう時代、したたかで、しなやかでないと、生きてゆけない。

■ぎりぎろのところで生きている人も多いかと思いますが、しなやかに、したたかに、生きるべきです。まかりまちがっても、自分で命を絶つなどしてほしくないもの。大変紋切り型の言い方ですが――「どうせ死ぬのですから、急ぐ必要はありません。生きていればこそです」
by katorishu | 2008-03-28 23:40 | 文化一般
 3月27日(木)
■放送作家協会理事会のあと、創作ラジオドラマ大賞の贈賞式。今回は大賞なしで、佳作が3編。そのうち1編はNHKのFMシアターで4月末の土曜に放送される。
 終わって開かれた二次会には昨年、一昨年の受賞者も顔も見せた。一昨年の受賞者の原田ひ香さんは、去年のすばる文学賞も受賞した。

■この作品「はじまらないティータイム」は彼女の原作・脚本として4月にFMシアターで放送される。今期の3人の佳作受賞者はほかの懸賞ドラマで受賞歴があるとかで、実力のある人たちなのだろう。みんな確か30代であると思う。今後の抱負などを熱くかたる彼らには、希望を託せる。前後の受賞者などとその後も連絡をとりあって、ときに会ったりして歓談しているらしい。それもお互いよい刺激になっているようだ。

■他人をおちょくったり、批判ばかりしている人とちがって、殺伐とした世の中になんとか明るさや希望、夢をなげかけようと日々精進している彼ら。明日の日本文化は、こういう人たちがつくりだしていくのだろう。みんな気持ちがよく、率直で素直で礼儀正しく、かつ一家言をもっている。こういう若い世代と歓談すると、こちらも刺激され若返る。

■書くことは相当の忍耐と粘り、克己心が必要である。楽をして成果を得ることはできない。1作でも作品を書いたことのある人なら百も承知だろう。
 パソコンなどの文明の利器があるものの、基本的に作品づくりは、自身の精神や世俗との格闘である。以前「作家は体力だ」といわれたことがあるが、当たっている。それと気力である。ところで、作品を公にすれば、いろいろと批判の矢が飛んでくる。

■すべての人に評価される作品などありえない。10人いれば10の物差し、価値観があるので、自分の気持ちにそぐわない作品にたいしては、ときに罵倒や嘲笑をあびせる人もいる。30年ほど文筆業を営んでいて感じることは、「面白かった」「感動した」といった言葉を吐く人の意見、感想を参考にしたほうが、次作への励みにもなるし、結局はいいものを書ける。

■もちろん批判は批判として受け止めるにしても、所詮相性があわないのである。作品も、人と人との出会いである。いけすかないという人に、無理矢理つきあう必要はない。
 「面白かった」「感動した」という人が一人でもいれば、作品としての存在価値はあるものです。本日の飲み会に参加した若い人の何人かはこのブログを読むかもしれないので、あえて記しました。頑張って佳作を書いて下さい。とにかく、めげずに書き続けることです。

■それにしても、思いがけない人が読んでいるのですね。書きにくいと思う一方で、ぼく自身の日々の反省の材料や記憶保持のため、当分は書いていこうと思っています。もちろん、これとは別に、「公表しない」日録なども、備忘録、反省録の意味でつけはじめたいるのですが。
 そのときどきの思いつき、感じたことを、30分ほどで書くので、誤字脱字などもろもろあるかもしれませんが、ご寛恕のほどを。
by katorishu | 2008-03-28 00:37 | 文化一般
 3月26日(水)
■知人で歌人の笹公人さんが第三歌集『抒情の奇妙な冒険』(早川書房刊)をこのほど刊行した。笹さんは1975年生まれ、「新世代短歌の旗手」ともくされている人で、朝日カルチャー・センターなどの講師もされている。 
 以前、ぼくの友人を介してあって歓談し、意気投合した。笹さんは寺山修司から強い影響をうけており、ノスタルジーのいりまじった抒情を基盤にして、世相への皮肉、批判のはいった「時代」をも、静かに、そっと、あぶりだす。全編が笹公人の心象風景である、といっていいだろう。

■例えば――
 隣町のピアノ教室燃えている そのけむり 恋 恋のごとくに。

 「角川ジェネレーション」と詞書きされた句は――

 廃駅に兆せる凶事のまぶしさに金田一耕助が手を振る

 時の神の気まぐれがつくる物語 そしておまえは信長になる

 等々、イメージを刺激される現代短歌がはいっています。定価1300円。発売されたばかりです。短詞型文学に興味のない方も、一度手にとってみてください。意識の底におしこんでいたものが、ゆっくりと喚起され一瞬、時間を忘れることができるかと思います。 
 ふっと、これは時実新子氏がはじめた「現代川柳」に、どこか通じると思った。
 
by katorishu | 2008-03-26 13:04 | 文化一般

 3月25日(火)
■ようやく春らしい天気になった。こういう日に外を歩かない手はない。昨夜激しい下痢に見舞われたので、どうなるかと思っていたのだが、寝起きの体調はそれほど悪くはなかった。富山の置き薬の赤玉なんとかという赤い丸薬を飲んだのが効いたようだ。
 毎度のように携帯パソコンに資料類を詰め込んだ重いリュックを背負って大井町まで歩き、さらに電車で品川駅、大崎駅にいったりして、昼間ずっと外で「仕事」。書きあぐんでいたラジオドラマもなんとか明かりが見えた。今月末には完成予定。連載その他もろもろあるのだが、まずは一息つく。

■大崎駅周辺も様変わりしていた。ゲートシティの反対側にインテリジェントビルができ、モトローラ等のIT企業が多数はいっている。「think・park」という名の高層ビルで一階と二階が飲食街になっていて、その一角にあるコーヒー店で仕事をした。昨日のブログで記した倒産予備軍の中小零細とはちがって、品川や大崎駅周辺の高層ビルにはいっている事業所は「時代の先端」をいく企業ばかりで、雰囲気も違う。

■双方とも現代日本を象徴しているのだろう。富山の置き薬をいまだに重宝して使用している身としては、時代の先端をいくビル群より、その谷間で生き残っている個人商店や零細オフィスなどにエールを送りたい。こういう時代、「勝ち組」「強い者」「権力者」等の側につくというのが、生き残りのための有効な手段のようで、そうしている人が多いのだが、「見かけによらず(?)」へそ曲がりなので、逆の立場の人に加担したくなる。

■ただ、なにぶん非力そのものの個人なので、どうすることもできないが。「石原銀行」への400億円の都税注入問題が批判のまとになっている。銀行からの借り入れを見放された中小零細に無担保融資を……という当初の設立目的は決して悪いものではないと思うのだが。日頃歯切れのいい口調で語る石原都知事、どうも歯切れが悪い。都政をチェックする議会があまり機能していなのも気になる。新銀行の経営者を議会に参考人聴取することなどもやっていない。
 公明党がキャスティング・ボートを握っているということだが、態度が曖昧である。まだ表に出ていないことで、「重大なこと」「不都合なこと」があるのでは……などと思ってしまう。この銀行が仮に破綻したら、そのとき噴出するに違いない。

■ユーチューブで坂本九の世界的なヒット曲「上をむいて歩こう」のコンサートでの歌唱を見た(聞いた)。スキヤキというタイトルも含め世界で1000万枚以上レコードが売れたそうだ。昭和36年、ヒットチャート一位とスーパーされている画面を見ながら、「日本もあの時代が一番良かったのでは」とあらためて思ったことだった。
 歌のなかに時代の「華やぎ」が色濃く出ていて、「夢」や「希望」が垣間見られる。人口の圧倒的多数が「若かった」ということだ。活力がありエネルギーがあった。「昔は良かった」などというと年寄りの証拠などといわれそうだが、今よりずっと貧しかったけれど、ずっと生き甲斐があったと、確信をもっていえる。「上を向いて歩こう」の曲に時代の空気が象徴的に現れている。やはり若者が多くならないと社会は死んでしまう。
by katorishu | 2008-03-25 22:40 | 文化一般
 3月24日(月)
■昨年10月から今年2月までの5ヶ月間で倒産した企業は約4700社にのぼるという。帝国データバンクの推測だと、この調子では今年の倒産件数は1万5000件になる可能性もあり、これは戦後最悪だという。倒産する企業は中小零細である。業種別には、1位が建設業でついで小売業、サービス業とつづく。

■倒産の原因は一様ではなく、中には放漫経営や経営者のでたらめから経営が悪化したケースもあるだろう。だが、大半は真面目に、受注先(大企業が多い)の無理難題を甘んじて引き受け、コストカットにカットをかさね、それでも万策尽きてしまったはずである。

■銀行は多くの中小零細を貸し付け対象外としており、中小零細はなんとか生き延びようと高利の借金をしてしまうケースも多いようだ。企業倒産の増加の原因はいろいろあるようだが、主な理由として去年改正された建築基準法の厳しすぎる審査にある、と指摘するエコノミストは多い。この法律は小泉内閣のとき制定され、安倍内閣で実施にうつされた。紋切り型に一律に規制を課し、結果として住宅着工率をいちじるしくさげた。世論の批判を過剰に先取りする形で、建築基準法を紋切り型に改正した官僚、ならびにこれを認めた政府の責任は重い。

■安倍政権のあとを継いだ福田現政権の「経済無策」には与党内からも批判の声があがっている。世襲政治家やキャリア官僚には、所詮、中小零細の呻吟する声は聞こえていないのだろう。聞こえていても、コオロギのすだく音ぐらいにしか思っていないのではないか。
 このまま経済無策がつづくと、今年の自殺者は4万人を超えるかも知れない。外出し電車に乗ると、遅延が目立つ。その理由として「線路内に人が立ち入ったため」と駅のアナウンスがされる。これは率直にいって「自殺」である。

■アメリカの経済失速は、4月半ば以降に顕在化するという。日本経済への波及は必至で、さらに倒産がふえるに違いない。政治の無策にたいし、福田内閣にたいする支持率も24,7%になった、と報道ステーションが報じていた。
 ここは鬱陶しい空気を吹き飛ばす為にも、総選挙をすることだ。それで直ちに経済がよくなるはずもないが、鬱陶しい空気を多少は吹き飛ばす効果があるのではないか。

■識者の話では企業に過剰な資金があつまり、家庭にすくなすぎ、それが消費の伸びを萎縮させているという。その資金を家庭のほうに移行させ、消費にまわすことに力あるのは、政治家、官僚である。
 大量消費、大量生産がいまだ世界の主流のシステムで、いずれこのシステムは行き詰まる。何かあたらしいシステムを構築しなければいけなのだろうが、とりあえず消費増という「カンフル剤」を注入しないと、中小零細の死屍累々ということになってしまう。

■ぼくの交友関係は、大きくわけて中小零細の企業主やそこで働く低賃金労働者と(フリーもここに含まれる)、大企業や官庁等の「絶対につぶれない」組織の人間やそこの退職者に二分される。後者に所属している人(およびその家族)は、前者の苦悩について実感を持ち得ない人が多い。自分たちの繁栄を謳歌するのもいいが、他にも目を向けて「苦悩」の一端を担う努力をしないと、結局は「共倒れ」になる。

■本日、烈しい下痢に見舞われた。とくに生ものを食べたわけでもないのに。過日は背中から腰にかけてそれまでにない痛みに襲われた。そろそろガタがきたかな、と思う。「持ち時間」がだんだん少なくなっていくので、焦らなければと思うのだが。「天命」ということについて、最近、しばしば考えを巡らせる。
by katorishu | 2008-03-24 23:40
 3月22日(日)
■テレビは、しばしば携帯ラジオで「聴く」。本日、コーヒー店で仕事の息抜きにテレビ朝日の「サンデー・プロジェクト」の最初の部分を聴いた。「小泉改革」を強力に推し進めた竹中平蔵氏がゲストで出ていた。最近の株安と世界経済、とりわけアメリカの金融問題にふれていた。サブプライムローン問題に端を発した株安では、日本の株の下落率はアメリカの3倍であるという。「日本株は安心して売れると海外の投資家は話してます」と竹中氏。それだけ日本株の評価が低いとのことだ。

■その原因として、特に福田政権の無策を竹中氏はあげる。小泉政権のときは、株が12000円台から8000円台にあがったのに、今、また元にもどってしまった。世界の投資家に向けて「日本は変わった」とのメッセージが必要で、具体的には例えば羽田空港を3倍にして24時間発着可能な「国際空港」にすべきと、氏は強調していた。

■「小泉・竹中改革」の中にも見るべき点もあったとは思うが、「金融資本」「市場経済」という物差しでしか世界を見ていないという点が気になる。エコノミストは経済に格別関心をもっているので、「儲かるか」「儲からないか」で物事を判断するのは、わからないでもない。しかし、どうも「アメリカ原理主義」、それもネオコンの金融至上主義の色合いが濃厚で、その尺度でしかものを見ていないエコノミストが多いという気がする。

■テレビというメディアはもっと多様で可能性のあるメディアであったはずだが、「数字(視聴率)」というひとつの物差しで価値判断をしてきたところに、現代のような「劣化」が生まれた。経済という物差しだけで人間社会の価値について判断をくだすと、何かが抜け落ちる。それはそれとして、本日のサンデー・プロジェクト「言論シリーズ第8弾」で、検察の言論規制の動きについて特集していた。情報源の医師を逮捕という異例の事件などに触れていたが、テレビでできるぎりぎりの突っ込みをしており、好感をもてた。

■どうも最近、警察・検察などの規制の動きが露骨になってきた。国民を一色に染め上げたいのだろうか。異論反論、さまざまな意見があってこそ、社会は活性化するし、面白い。民主主義にとって言論の自由ほど大事なものはない。これを力で規制する権力の動きにはいくら過敏になってもなりすぎることはない。引き続きこの種の特集を積極的に組んでもらいたいものだ。
by katorishu | 2008-03-23 22:39
3月22(土)
■昨日の寒さとうってかわって春らしい好天気。北品川まで歩き図書館とコーヒー店に計7時間以上。司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズのうち「対馬への道」を読み、さらに「眈羅紀行」を読んでいるが、氏の博学と「知」への尊敬、他者への優しさなどが滲み出てくる文章に堪能する。司馬遼太郎の真骨頂はむしろ、こうしたエッセイにあるのではないか。

■人間と風土に対する暖かいまなざしがいい。最近は、とかくレッテルを貼り付けて「決めつけたがる」単細胞の人が多いようだが、氏の教養の深さ、とくに歴史に対する見識の確かさや、「知」や「士」というものを敬愛し、人や物、事象を多方面から見る「まなざし」には、共感するものが多い。「教養の土壌の豊かさ」というものを思う。

■勝者、支配者の視点から見た作品が多いという司馬批判があり、それもわからないではないが、氏のエッセーにこそ人柄と教養の良さがわき水のように滲み出ている。現在、多くの人が失ってしまったものを、氏は数層倍もっていて、そのエッセンスが本という形で読めるのは後学の人にとってありがたいことだ。
 難しく込み入ったことを抽出し、簡潔にわかりやすく解説できる。これが司馬氏の最大の能力であると思う。ジャーナリストに必要な能力なのだが、これの出来ない人がジャーナリストの中にも相当数いるようだ。

■昨日、渋谷でマスコミ関係者と「ディープな情報」交換。すでに「世界恐慌」におちいっている、と某実業家は語っていたとか。アメリカの経済混乱というより、経済破綻はこれから……のようで、懸念される。消費税をあげればあげるほど、大手の輸出関連業者が儲かる仕組みなどについても、話を聞いた。
 いろいろと勉強したいことが山ほどあるのだが、毎度のことながら時間の経過が早すぎる。
by katorishu | 2008-03-22 23:06 | 文化一般
  3月19(水)
■雨降りの鬱陶しい一日。新橋で仕事をしたあと、虎ノ門の試写室でカナダのドキュメンタリー映画『いま ここにある風景』(原題 Manufactured Landscape)を見た。夏休みに東京都写真美術館ホールでロードショー公開されるが、それに先駆けての「内覧試写」。
 カナダの著名な写真家、エドワード・バーディンスキーの写真撮影をジェニファー・バイチウォル監督がドキュメントで追ったもので、衝撃的な内容だ。

■バーディンスキーは人類の「発展」、つまり「産業化」によって極端なまでの変化を強いられている地上の「風景」を撮り続けている写真家だが、この映画では中国に焦点をあてる。バングラデシュも一部でてくるが、ほとんどは中国の「生産の現場」である。
 遠くかすんで見える1キロはあると思われる大工場での生産現場の情景から、中古ハイテク機器類の再利用の現場、さらに山峡ダム工事現場にはいりこみ、ひたすら対象をワイドのレンズで「淡々と」映す。

■世界で廃棄された中古パソコンの50%が中国におくられ、庶民が手作業で解体処理をしている。そのほか、有毒物資をふくむ化学製品を素手であつかったりしていて、危険であり、さらに有害物質が地中にしみこみ深刻な環境汚染をもたらす。
 中国一国が悪いのではない。産業化の行き着いた世界で、「遅れて産業競争」に参入した中国は「(産業化の)ラスト・ダンス」を踊っているとバーディンスキーは形容する。

■なにしろ中国は人口も巨大なので、汚染の量がすごい。ある意味で現代中国は、先進諸国の「掃きだめ」になっているといってもよく、ここからはじまる環境破壊は、いずれ全地球的規模で深刻な事態をもたらすのではないか。そんなことを予感させる。これは「明日の地球」を象徴する光景である。

■引いた映像は様式美があり抽象絵画の美しくささえ感じさせるが、小さく点描される人の姿は卑小で哀しくさえ写る。有機物が腐敗によって解体されるのとちがって、主に石油を減量にしてつくられる製品は、そのまま残り、自然をとことん破壊する。これが恐ろしい。なんだか、ぼくには現場が、地球のかさぶたのように見えた。原タイトルは、産業化によって変質した「風景」といった意味だが、「地球の壊されかた」というタイトルにしたほうがいいのでは、と思ったりした。

■いずれにしても、美しくも衝撃的な映像の連続で、溜息がでる。映画はコメントやナレーションなどを一切くわえず、ときおりバーディンスキー氏の講演の言葉をさしはさむだけで、淡々と風景を見せていく。それが、かえって説得力をます。
『不都合な真実』や『ダーウィンの悪夢』『いのちの食べ方』につづく衝撃のドキュメンタリーであり、一人でも多くの人に見て欲しい映画だ。虚心に見れば、世界に対する見方、人類に対する見方が、すくなからず変わるのではないか。
by katorishu | 2008-03-20 12:54 | 映画演劇
 3月19日(水)
■『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でアカデミー賞を受賞した映画監督・脚本家がロンドンで死去した。54歳とはあまりに若い。当初、脚本家志望で、映画のプロデューサーもつとめるなど、幅広い才能を発揮する「異才」の持ち主であったのに。『コールド・マウンテン』や『リプリー』などの異色作を創り、これからの人と期待していたので、残念である。「佳人薄命」という言葉が改めて思い浮かぶ。

■このところ、季節の変わり目なのか、知人などの訃報が相次ぐ。時間の調整がつかず、欠礼する場合もあるかと思いますが、悪しからずご了解ください。
 過日の元サイマル出版会長の田村勝夫氏の逝去も、あとで新聞の訃報欄で知りました。
異色の出版社、サイマル出版をつくり良書を出し続けていたのですが、倒産し、その処理で恐らく「地獄」を見たと拝察されます。倒産後、田村氏は世間とのまじわりを絶っていたようです。氏からの葉書にそんな類のことが書いてありました。
 田村氏には「ある件」でご迷惑をおかけしたし、1度ゆっくりお話ができればと思っていたのですが。合掌。
by katorishu | 2008-03-19 11:01 | 文化一般