<   2008年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

11月30日(日)
■今年も残り1ヶ月となってしまった。今年を総括するのはまだ早いが、物書きとして今年はじつによく仕事をし、ぼくとしては「世に誇れる仕事」のはずであったのだが、その多くは暗礁にのりあげている。金銭的なことが最大の理由だが、それとは関係ないこともあり、気が滅入る。

■「オプチミストは成功する」という言葉があるが、めげないことが案外大事なのかもしれない。ひところ私淑した作家、吉行淳之介は作家でありつづけるためには3つの条件が必要だとエッセーに書いていた。ひとつは「才」で、ひとつは「運」、そうしてもうひとつは「鈍」であると。もしかしてもっとも必要なのは「鈍」かもしれない、と「才」にも「運」にも恵まれた吉行淳之介が記していた。

■ひところ文壇に強い影響力をもち、吉行ファンも多かったのだが、20年ほど前に亡くなったあと、吉行淳之介の名をあまり聞かない。今の若い人は文学好きな人でも、吉行淳之介のことを知らないか、知っていても作品を読んでいないのではないか。

■過日、高校の同窓会で、Nくんが「香取の本はだいたい読んでいるけど、あんたは吉行淳之介の影響を受けているな」といった。「驚いた。よくわかったね」とぼくはいい、Nくんの慧眼と眼力、豊かな読書体験に感嘆した。以前はみんなよく読書をしていた。最近も大学時代の同級生で某大手商社に勤務していたYくんが拙作「北京の檻」を非常に面白く読んだとメールをくれた。10月にあったとき、こういう本を出している、中国貿易に関係していた人には興味深いと思う、とは話したので、その後、読んでくれたのである。知り合いや後輩にぜひ読むようにすすめる、と記されていた。

■読書が今ほど大事なときはない。読書をせず漫画しか読まない人がどういう言動をしているか、国の最高指導者の言動が見事証明してくれている。「はじめに言葉ありき」といわれるが、人間が動物と分岐した重要なポイントは言語を獲得したことである。はじめに絵ありきでは、想像力が働かない。はじめに言葉ありき。今ほどこの言葉が重要なときはない。
by katorishu | 2008-11-30 23:27 | 文化一般
  11月29日(土)
■昨日、放送作家協会理事会のあと、33回創作テレビドラマ大賞の贈賞式に出席。大賞は介護ロボットについてユーモラスな筆致で描いた『まいど238号』で、辻本昌平氏の作。テレビ金沢でドキュメントなどの番組制作をしている人で1969年生まれ。佳作は『被写界深度』(景山貴之作)と『今、底へ底へと沈む虹』(さくら はる作)。

■今回から大賞、佳作受賞者の他、最終候補にのこった人も贈賞式に呼ぶことになった。4次選考にぼくもかかわり、3作とも読んでいる。技術的には『被写界深度』がもっとも上で、素質を感じさせる。この人は昨年度も最終候補にのこり、橋田賞の新人賞ももらっている。この賞は日本放送作家協会とNHKの共催であり、NHKのドラマ部からも何人かが参加していた。旧知のM氏とは10数年ぶりに会う。ドラマ部を離れていたが、二年前に復帰したとか。

■「新人たち」の初々しい挨拶。今後の豊富を語る姿など、見ていて心地よい。現在のテレビドラマは数々の問題をかかえているが、贈賞式にきた人の全員が「脚本の大事さ」を共通認識でもっており、こういうところから次の時代を担う素材が育っていくのだろう。制作費の削減ばかりが目立ち、お手軽な番組でお茶を濁そうとしている地上波テレビは、今後、崩壊の一途をたどりそうだ。一方、そういう流れに負けずに新機軸をだそうと知恵を絞っている組織や人もいる。

■「来春の民放の編成は大変なことになりますよ」と某構成作家氏は話していた。経費削減が最優先することになりそうで、番組の質の劣化はさけられない。「テレビは終わりの始まり」というしかないという見方が、かなり支配的になっている。
 日本国と同じで、一度がらがらぽんをして、出直したほうがいいと思うのだが、出直すには難しい中高年が圧倒的多数をしめる現状を考えると、そんな無責任なこともいえない。

■とりあえずは、指導者としての力量に欠ける指導者に退陣してもらうしかないのだが。戦後「最悪」の時期に「最悪の人材」を最高指導者にしてしまったという声をよく聞く。これもテレビの影響があってのことである。かつて大宅壮一はテレビは「一億総白痴化をもたらす」と喝破したが、それが正しかったことを、今あらためて思う。

■夜は湯布院のアマチュア劇団「立見席」の東京公演を見る。主催者がつかこうへい劇団出身で、「つか調」のつくり。エネルギーはあるのだが、今回はストーリー展開に疑問符。それと「おふざけ」が過ぎると思った。アマチュア劇団なので、これも許容範囲だとは思うが。
「映像ソフト」の制作面で諸々、難題が発生しており、合間をぬって関係者と協議。何かにチャレンジしようとすると、壁、また壁の連続である。金銭のこととなると、ぼくの手に及ばない。間接的に「知恵」しか出せないのが、もどかしくもある。
by katorishu | 2008-11-29 21:50 | 文化一般
  11月27日(木)
■世の中にはいろいろな考え方、価値観、生き方、人間観をもっている人がいて、それはそれで結構なのだが、まず人が何か新しいことにチャレンジしようとすると、つねに二通りの反応がでる。ひとつは、「それは面白い。やってみる価値がある」と積極的にチャレンジ精神を評価する人と、「そんなことやったって無理だ、失敗するし、その能力もない」とまず「否定」する人がいる。新しくチャレンジしようとする「若い人」にとって、どちらが心強いか、いうまでもないだろう。

■「現状がこうだから」とまずマイナス要因をしめして、「そんなこと出来っこない」というところからは、なにも新しいものは生まれない。ぼくはいつも飛行機を発明したライト兄弟のことを思う。「人が空を飛ぶなんて、バカなことを考えるな」という「常識」を盾に試みをバカにされながら、悪戦苦闘の末に「夢」を実現してしまった兄弟。
 試みようとする人に、まず「否定」を口にし、批判や嘲笑をする人が、今も世間には実に多い。比較的年配の人や、果敢にチャレンジしたことのない人に多い傾向だが、こういう人の言うことに従っていると、何も生まれない。

■チャレンジをすれば、失敗もつきもので、「だからいったじゃないか」「お前には才能がなかったんだよ」などという声もかえってくる。チャレンジに失敗したところから、人は多くを学ぶはずである。逆にチャレンジをしない人は、何も学ばず、不平ばかりをいっている人に多い。「不平」と「批判」とは別である。

■目下、「日本脚本アーカイブズ」設立に関わっている。その意義や意味を、霞ヶ関の官僚や政治家、さらに世論に、どうしたら正確に伝え、かつ理解してもらえるかが、重要課題である。一方で、既存の「常識」の枠内で、新しい試みに難題をつきつけブレーキをかけたがる人がいる。多くは無責任な「噂」や「誤解」「曲解」にもとづいており、じっくり話すとわかってくれる人も多いのだが、一度頭に「こびりついて」しまった価値観や人間観などから、どうしても離れることの出来ない人もいる。

■ま、こういう人に理解をしてもらうために、迂遠なことをしたり、説明をしたりする努力は必要なのだが、かなり疲れることである。今後さらに悪化が予想される経済情勢のなか、「グランド・デザイン」をどう描き、どのように実行に移していくか。頭が痛い。 インドのムンバイで「同時多発テロ」が起き、日本人の死傷者もでた。今朝方(午前2時から3時ごろ)BBCとCNNで現場中継していた。外国の出来事については、BBCとCNNが早く、しかも詳しいニュースを提供してくれる。
 中国での暴動もつきないようだが、根底にあるのは「極端な経済格差」であり、これがある限り、「テロ」がつきることはない。宗教的な理由で起こるテロもあるが、極端な経済格差こそ、テロの温床である。喰えなくなれば、人はなんでもするのである。「温床」の改善をはからずに武力で制圧しようとしても、かえってテロの地味を肥やすだけだ。これはブッシュ政権が見事証明してくれた。
by katorishu | 2008-11-28 00:40 | 文化一般
11月26日(水)
■本日、某最大手広告代理店に今年入社したばかりのS君と近所の蕎麦割烹店で会食。志をもった若者で、対していて心地よかった。彼が将来的にやりたいことと、ぼくのもっているアイディアが一致した。「ぼくの目標は文科省の大臣になることです」と彼は抱負を語った。最近会った若者でこれほど率直に志を語った人はいない。もちろん、志がそのまま実現したら、誰も苦労をしないが、少なくとも若者は志をもってほしい、と改めて思ったことだった。

■アメリカの自動車メーカーのビッグ3の経営がおかしくなり、公的救済がいわれているが、アメリカの、世論はかなり冷ややかで、議会も否定的であるとのこと。もしビッグ3が倒産することになると、マイナスの波及効果は膨大になる。ブッシュ政権の最後の仕事として、うまく処理してほしい。そうしてこれ以上世界経済にマイナスの効果をあたえないでほしい ものだ。

■いずれにしても、世界は大きな曲がり角にたっている。今後の世界の動向を見る上で重要なポイントを握るのは、中国とインドではないかと思う。巨大な人口が良くも悪くも、世界を動かす原動力になるに違いない。

■そんな中、日本はどうしたらよいのか。貿易によってしか生きることの出来ない日本にとって大事なのは「等距離外交」であると思う。一方で「ソフトパワー」で世界と向き合っていくしかない。映像ソフトをふくめたソフトパワーによってしか、これからの日本は救えない、と思うのだが。
by katorishu | 2008-11-26 22:47
 11月25日(火)
0時からエキサイトブログがメインテナンスを実施するとのこと。おそらく何時間かブログを開けなくなるのでは。
 環・別冊の「図書館・アーカイブズとはなにか」(藤原書店)が発売になりました。ぼくもコラムを書いています。図書館とアーカイブについて、その意味や意義、今後の重要性等々に触れた、きわめて面白い本です。興味のある方はご一読を。
 左下の「ライフログ」の拙著紹介に表紙が載っています。クリックすればアマゾンに飛べます。

 
by katorishu | 2008-11-25 23:47 | 文化一般
11月24日(月)
■東京は午後から雨。鬱陶しい天気だ。レーザープリンタにトナー切れ注意との表示がでたので、大井町の山田電気にトナーを買いに行った。黒だけのトナー1本が1万3000円以上もする。高いのだなあと改めて思った。印字はきれいだし、重宝しているのだが。

■自宅から徒歩数分のところにビデオレンタル店のTSUTAYAができた。すでに徒歩10分以内のところにゲオともう1軒あるので、計3店が競合することになる。本屋は1軒だけだ。本屋がもう1軒ぐらいあるといいのだが。ブックオフも閉店になってしまった。活字文化が劣勢だが、日本を救うのは活字文化だと思っている。映像文化を根底で支えているのは活字表現である。このことを忘れている日本人が多すぎる。

■来年1月放送予定の某局の大型ドラマ。ぼくも一部関わっているので、ここには記せないが、もろもろ「難題」がもちあがっていて懸念される。とっくに「決定稿」になっていなければならない脚本がそのままだし……。いずれ週刊誌などで取り上げられるかもしれない。困ったことだなと思っている。マスコミの末端に連なっていると、公にできないような問題がしばしば起こる。ほんとうはこっちのほうが表にでるニュースなどより、はるかに面白いことが多いのだが。

■厚労省の元事務次官を殺害した「犯人」についても、憶測が流れている。だいいち動機として「ペットを殺されたから」というのは、30年以上も前の出来事だし、どうも納得できない。「背後関係」があると見ている人が多いが、恐らく背後関係があっとしても、明かされることはないだろう。これに関連して興味深い情報がネット上に流れた。
 
実は今回、小沢一郎氏と麻生太郎氏が会談した頃、つまり国会延長が決定したときに長妻議員の方で、得意の年金問題である二人の年金改悪の当事者を証人喚問する予定だったという。実はその二人が、コイズミ厚生大臣のときに年金を改悪した当事者なのである。もしその二人が証人喚問されてしまったら、厚生大臣のときにいかにコイズミの側近が悪い改悪をしたかがばれてしまうところだったという。実は今回、殺されてしまった二人が、その「国会に証人喚問する予定の当事者」だったという。これでコイズミ厚生大臣時にいかにその側近が悪い年金改悪をしたかがやみにほうむりさられた。

■国際問題評論家の小野寺光一という人のメルマガに出ていたことである。このメルマガを取っている人は相当数にのぼるとのこと。どこまで信憑性があるのかわからないが、この世には闇に葬り去られることも実に多い、とだけ記しておこう。
by katorishu | 2008-11-24 21:47 | 社会問題
 11月23日(日)
■この世で「気力」というものの果たす役割は大きいようだ。どうもこのところ「気力充実」というわけにいかず、集中力が鈍磨している。気力とは集中力の持続といってもいい。以前は数時間集中して執筆作業などができたのだが、今はせいぜい1時間やると、休むことになる。そこで「気」が中断して、なかなか元にもどらなない。「気」がともなわないまま書くと、どうしても「類型的」になってしまい、感興がうすくなる。

■本日も「執筆作業」に5時間ほど費やしたのだが、「気」がともなわないので、読み返して気にいらない。こういうのが数日続くと「スランプ」ということになる。1ヶ月もつづいたら「鬱」になる。例の厚労省の元次官殺人事件の犯人と称する男が警視庁に出頭し逮捕された。動機がよくわからない。背後関係のある可能性が強く、有田芳生氏がブログで「オウムのとき刺殺された村井幹部刺殺事件を思い出す。実行犯は逮捕、服役したが、その背後にいた暴力団の意図はいまだ解明されていない。どうも「司令塔」があるような気がしてならない」と記している。

■ぼくも有田氏の見方があたっていると思う。この事件について、ネット上では「よくやった」という類の意見が多く流れているそうだ。あれだけのデタラメ行政をやってきた社会保険庁などの役人が誰一人責任をとっていないことに、国民の怨嗟の声が高まっている。一方で、与党の政治家や財界から、「厚労省をマスコミはたたきすぎ」といった意見もでている。事実を誇大して報じるのはいけないが、事実を事実として報道することこそ、メディアの役割である。政治家、財界の自己弁護の発言こそ、問題である。権力者の悪はどれほど詳しく報道してもしすぎることはない。記者クラブ制度が日本のマスメディアの報道姿勢をゆがめ、警察などの「当局発表」をそのまま報じる仕組みになっていることこそ、問題で、外国のメディアからも日本の閉鎖性の象徴であると指摘されているのに、一考にあらたまらない。記者クラブ制度がマスメディアに関しては「諸悪の根源」であり、どこも同じという「金太郎飴」のようなニュースの垂れ流しを助長させている。
by katorishu | 2008-11-24 01:32 | 社会問題
 11月22日(土)
■「三国志」のなかの「赤壁の戦い」を中心に描く中国映画「レッドクリフ」が公開され、目下興行成績ナンバーワンであるという。日本からもファンドという形で資本参加しており、いずれハリウッドでも公開されるのだろう。今回はパート1でパート2が来年公開されるが、製作費に100億をかけた「大作」である。

■映画雑誌やテレビなどで大々的に宣伝しているので、その類の作品はあまり見たくないと思っていたのだが、本日たまたま渋谷の喫茶店で仕事をしていたとき、気分転換に店にそなえつけの日本経済新聞を読んだところ、文化欄でこの映画のことを大きくとりあげていた。ファンド形式で巨額をあつめて「成功した映画」とあったので、仕事を切り上げ東急シネタワーで19時15分開始の映画を見た。

■ジョン・ウー監督でトニー・レオンや諸葛孔明役で金城武が出る。そのためある期待をもって見たのだが、正直言って期待はずれであった。戦闘場面はそれなりに見るところがあるものの、7割以上が戦闘シーンで、「三国志」という小説の面白さを特徴づけている「権謀術数」の描写が希薄だし、名参謀といわれる諸葛孔明の「面白さ」がほとんど出ていない。

■「三国志」の原作は読んでいない。司馬遼太郎の「項羽と劉邦」などでこの作品にでてくるヒーローたちの面白さを知っている程度で(と記したが読者から「項羽と劉邦」は秦の崩壊後漢建設の話で三国志の時代とは別の話です」と違いを指摘された。中国の現代史にはそれなりの知識があるのだが、古い時代についてはあまりくわしくないので、こういう誤りをする。三国志は子供のころなにかのダイジェスト判で読んで、あらすじなどは多少知っているが。なお『諸葛孔明』については歴史学者植村清二氏の著書をじっっくり読んでいる。すでに15年以上も前の読書だが。あるいはこの本の知識からえたものが、三国志についてのぼくの「基礎知識」になっているのかもしれない)。 それにしてもである。ヒーローたちの単なる「紹介」だけで終わっており、感銘は薄い。

■CGを多用し、1000人を動員した戦闘シーンに力をいれるあまり、他がおろそかになったという印象である。ハリウッド映画の「パールハーバー」も、真珠湾攻撃のシーンは圧巻であったが、そこにエネルギーを注ぐあまり、ほかはお粗末そのものであった。
 ここからは想像だが、シナリオの第一稿の段階ではもっと登場人物の「人間性」や葛藤が描かれていたのに、戦闘シーンを多くいれたため、そちらが削られてしまったのではないか。

■PRの目玉としてとにかく派手な戦闘シーンを全面に押しだした。それ自体はまさに図にあたって「ビジネス」としては一応の成功をしたのかもしれない。しかし、これでいいのかなという思いをいだいた。不完全燃焼の気分のまま映画館を出た。結局は、大々的なPRにつられて「見にいく観客」の問題かなと思う。ネットにのった映画評では、まったくダメというのと面白かったという意見が半々のようだが……。戦闘シーンをとったら、ほとんど何も残らない。

■どうも「単館上映」でPRもあまりしていない映画のほうに佳作が多い。興行成績ナンバーワンなどという映画は、ロクでもないものが多い、と改めて思ったことだった。ところで、ぼくが企画にもからんでいる「大作」、その後「諸般の事情」であまり進展していない。極めて面白い作品になるはずだが、「ビジネス」として考えると、元がとれない……という意見がでている、とだけ記す。鬱陶しいことである。
by katorishu | 2008-11-23 02:41 | 映画演劇
 11月21日(金)
■朝は相当寒かったようだ。午前9時ごろおき、10時ごろふらふら散歩をかねた「創作」にでたが、そのころには気温があがっているようで、ほどよい寒さであった。暑いとどうも脳の働きが弱くなる。あまり寒くてもいけないが、やや寒いというのが、精神の活動には良いようだ。

■アメリカ発の金融危機による損失が大学経営にもおよんでいるとの記事があった。駒沢大学と大正大学で、100から150億円前後のデリバティブ取引による損失を出したという。大学までがそんないかがわしい資金運用にかかわっていたのか、驚いた。「少子化」の影響で大学経営も楽ではないらしいが、その前に日本には「大学」と称する機関が多すぎるのではないか、と思う。

■以前からいわれているように、入るのは易しくして出るのをむずかしくすれば、「大学卒」の価値もあがるのに。旧来の基準からいえば今は、「大学卒」のレベルに達しない「知力欠如」の大卒もかなりの数にのぼるに違いない。ぼくなども学生時代、あまり真面目に勉強をしてこなかったので、後悔しているのだが、なにより古典と歴史と哲学関係の本をもっと読んでおけばよかった。それと、知力をもった人たちとの交流をもっとしておくことと、異文化をもった人たちと、もっと深くつきあっておけば……。後悔先にたたずで、脳が若く新鮮なときには、脳を鍛えることになかなか気づかない。良き師、良き友が残念ながら身近にいなかった(皆無ではないが)……と振りかえって思う。

■自分のことはさておき、やはり日本の指導者のことが気になる。最高指導者はもちろん麻生太郎首相である。この方は指導者たり得るのか、大いに疑問である。この方は恐らく古典や歴史、哲学書などと縁のないところで若い時代を過ごしたに違いない。自分が本当は「これをしたい」「こうありたい」と願っても、いろいろな壁にぶつかるものである。壁の前で悩んだり傷ついたり絶望したりする中で、人は鍛えられるのだが、麻生氏は恐らくそんなふうに悩む必要のない環境にいたのだろう。そのため、脳を鍛えることもなく、60、70と馬齢を重ねてしまった……と理解するしかないようなことが多すぎる。

■本日も与党内から首相への不満が噴出している。一方、党と政府の「顔」ともいうべき幹事長と官房長官の二人の声の弱さ、頼りなさには、驚くというよりゲンナリする。
 記者会見に党と政府の「顔」として出るのだし、もう少し覇気のある話し方をするべきなのに、気力の失せたぼそぼそ声。気分が沈んでしまう。こういう時期だからこそ、力強く、国民に勇気のわく話し方をして欲しいものだ。もちろん、政策が肝心なのだが、そちらに一本芯が通っていないので、なおさら二人の「声」の力のなさが目立つ。

■ぼくは人の声にはかなり敏感なほうで、電話などで30秒話しただけで、相手が何者であるか、ある程度わかる――つもりでいる。その人の健康から、性格、姿形まで、かなりの程度、声に微妙に反映するのである。声は話す当人の思っている以上に、当人について「語って」しまう。従ってリーダーたるべき人は、声に力がなくてはいけない。その点、田中角栄元首相は良い悪いは別にしてリーダーたるべき素質をもった人だった。

■オバマ次期アメリカ大統領など、とにかく声に力がある。彼の生きてきた人生がこめられているようで、頼もしさを感じさせる。リーダーとして相応しい条件を備えている人だと思った。その点、我が国は……。民主の小沢代表も、声という角度で見る限り、リーダーたりえない。参謀役にしりぞいて、たとえば「声」に力があり、なおかつ論理的に話すことができる長妻代議士などを「顔」にすえるくらいの勇気や大胆さ、果敢さが欲しい。とくにこういう危機的状況の時には……と思うのだが。
by katorishu | 2008-11-21 23:12 | 文化一般
 11月20日(木)
■本日は4カ所での協議等で計10時間あまりを使った。数時間の睡眠であったので、疲れた。いろいろ出た話のなかで、一口に「脚本家」といっても所得格差は大変なものであると、改めて知らされた。著作権使用料が注目され「著作権ビジネス」という言葉もあるが、たとえば某有名アニメの脚本家など著作権使用料が年に2億円もはいるという。一方で「ワーキング・プア」かそれ以下の収入しかない脚本家、構成作家も多い。

■努力の量や才能の質が、それほど極端に開いているとは思えない。ワールドワイドに通用するアニメと、国内だけしか通用しない番組や映像ソフトにかかわっている人の間で、これだけの差が生まれてしまうのである。ひところであったら、考えられないことだ。余計なお節介だといわれるかもしれないが、高額所得者の物書きは所得の一部を日本の文化芸術の向上や後進の育成のために使ってほしいものだ。

■麻生政権の評判はますます悪くなっている。与党内部からも「朝令暮改」の言動を批判する声が公然とあがっている。選挙を実施するために総理の座についた人である。これ以上の「政治空白」をつくらないためにも、一日も早く総選挙を実施して、民意を問うてもlらいたい。民意が選んだ政権が、責任をもってまずは「経済悪化」を防止する政策を打ち出すことが、ぜひとも必要である。

■民意を反映した政権でしか、今の危機は乗り切れない。経済の底が抜けてしまったアメリカにも適切なアドバイスをし、影響力を行使できる政権が、今ほど必要なときはない。
 景気が悪いといっても、盛り場の飲み屋などは若者で賑わっている。若者がこんなに多かったかな、と思えるほど、ひさびさに若者が目につく。それだけ、中高年が縮こまっているということだろう。縮こまって家で「タダ」のテレビをぼやっと見ていたのでは、日本は活性化しない。

■本をもっと読み込み、脳を鍛え、若者から「ああいう年の取り方をしたい」という範を示してほしいものだ。本日読んだ「リハビリテーション」という本のなかにこんな言葉があった。「仕事をすることは自然のもっとも優れた医師であり、それが人間の幸福の条件である」
 医学の祖「ヒポクラテス」の影響をうけ、長くヨーロッパの医学を支配したガレエノスという人の言葉である。いつまでも「働ける」ということは、いつまでも社会的に有用の存在であるということである。無用となって漂うように生きるのもいいが、やはりどこかで人に感謝される存在でありたい。最後は無に帰する宿命から逃れられないにしても。 
by katorishu | 2008-11-21 01:12 | 文化一般