<   2010年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 10月30日(土)
■8年前、自宅前で刺殺された元民主党代議士の石井紘基氏について、犯人からの「告白」をあつかったドキュメントをテレビ朝日が放送するという。石井夫人のナターシャさんから、香取さんにもぜひ見てほしいとの言づてを友人が伝えてきた。

■テレビ朝日社会部の大野記者が6年間追跡してきたもので、獄中にある犯人の伊藤白水との手紙のやりとりなどから構成したもの。「ドキュメント宣言」という1時間枠の後半30分近くをつかってこの事件の真相に迫る試みをしており、きわめて興味深かった。じつは以前、ぼくはナターシャさんが法廷で遺族からの陳述をする際、ナターシャさんの日本文の原稿作成に協力している。石井氏が衆議院に立候補する直前、ナターシャさんと渋谷で会って、真意を聞いたりしたこともある。

■そんな因縁もあって協力を要請されたのだが、犯人の真意を証拠づける資料がなく、背後にあるものに迫れないもどかしさと覚えたと記憶する。本日の放送では、伊藤白水は手紙で「殺害を頼まれて、最初に3000万、次に1500万」をもらったという意味のことを大野記者に伝えているとのこと。当初の予想通り、国会で「爆弾証言」を行おうとした石井議員を口封じするため殺害した、という見方がますます真実味をもってきた。

■番組中で江田五月議員の言葉として「時の権力中枢に深刻な打撃をあたえるものだった」という言葉も紹介している。最終的に黒幕がだれであるか。伊藤白水の口から大野記者は聞き出そうとしたところ、接見の日の当日、監獄に赴いた大野記者の顔を見て伊藤白水は、こんな人知らないといって接見を拒否したという。大野氏とは以前あっており、顔みて知らないといのはおかしい、と大野記者。大野記者との数度にわたる「文通」のことも、伊藤はなかったことのような態度で、結局接見は成立しなかった。

■土壇場で彼は黒幕の名前を明かさず、その人物を守ったということなのだろうか。ナターシャさんは当初から、主人は国会質問の口封じのために殺害されたと確信していると強調していた。石井議員の質問しようとしたことが何であったのか、刺殺されたとき石井議員の持っていた鞄から、資料類が抜き取られたとのことなので、不明である。関係者の話では、国会で質問がでれば、政権がひっくりかえるような重大事であったとのこと。ヤミ金がらみの事という憶測がながれているが、真相はどうなのか。

■この事件、殺害の動機は最後まで「不明」ということで結審した。きわめて不可解な事件である。大野記者は「黒幕」が誰であるかつかんでいるはずだが、はっきりした証拠がないので公にはできないようだ。石井氏の自宅でナターシャ夫人から、手元にある書類を見せられたときの記憶がよみがえった。権力は絶対的に腐敗するという言葉があるが、その通りである。日本の政財官の中枢には、この種の闇がまだまだ巣くっているといっていいかと思う。追求していくと、こっちの命も狙われかねない。日本社会は表面的には平和で平穏だが、一皮めくると、どろどろしたものが渦巻いており、怖い世界である。以前、心ある人からいわれたことがある。「香取さん、闇の世界やインテリジェンス関係に迫るノンフィクションを書くのだったら駅で線路側にたたないほうがいいですよ」と。そういえばカスピ海の石油利権をめぐる関係国の水面下の戦いについて取材をしようとしたことがある。危ないからやめたほうがいい、と複数の編集者からいわれた。結局、時間もカネもなかったので、取材はしなかったが。
by katorishu | 2010-10-31 01:53 | 政治

同窓会

 10月29日(金)
■昼間、本郷で打ち合わせのあと、神保町のロシアレストランで大学の同級会。東京外語大学ロシア科の入学定員が40人の時代の元学生たち。本日参加したのは20人。自分もふくめて、みんな老けたなという印象。ただ、話していると元気なひともいるし、病気がちのひとも。現役の人と、年金生活で「無職」の人と半々かといったところか。人さまざまである。

■マスコミ関係者がもっとも多く、あとは商社マンが多い。自分で会社をつくって経営している人も、会社を清算しようとしている人もいる。定年退職したあとも、古巣の会社でなんらかの形で仕事をしている人も多い。沖縄からかけつけた沖縄大学教授のY君とは卒業以来の再会で、顔と名前がまったく結びつかなかった。マフィア化したプーチン政権のこと、沖縄の問題、中国の問題等々、どうしても「国際問題」についての、裏話などなどが多い。戦後の比較的「良き時代」を生きた世代なのだろう。しかし、今後はどうなるのか。予測もつかない時代がやってくる。いや、すでにきているのだが、振り返ってみないと、この激変の意味はわかりにくいようだ。

■終戦直後、台湾を舞台にしたある事で関係者だけの「絶対秘密」のことがあり、話すと命が危ないのだという。本日参加しなかったK氏が、その後処理にかかわっていて、彼から詳しい話を聞きたいと思っていたのだが。b0028235_061627.jpg戦中、戦後のことについては、世の中にはまだまだ世間に知られていない「驚くべきこと」がある。もう時効ではないのか、と思うのだが、関係者の多くは「墓場までの秘密」にするのだろう。写真はJRのお茶の水付近の橋の上から。残したい風景のひとつである。
by katorishu | 2010-10-30 00:10 | 個人的な問題
 10月28日(木)
■民主党が企業献金を受領することに方針転換をした。国民が政権交代による「政治の変化」を期待して投じた(マスコミの世論調査でなはい)民の声、民の気持ちを踏みにじるものである。昨年8月の総選挙マニフェストで企業献金、団体献金の禁止を訴えたことを、まるで手のひらを返すように変えてしまう。

■国民の税金から320億円の政党助成金を予算化した。これは企業献金、団体献金禁止が前提であったのに、その前提を無視する。困った人である。おそらく背後で仙石官房長官があやつり、財務官僚などのアドバイスもあるのだろう。市民運動家出身なら、なぜ個人献金をもっと制度化し、寄付などについても税の軽減措置を講じる努力をしないのか。管政権がべったりはりつくアメリカでは、寄付をすることで税が軽減される制度をつくっており、そこから「寄付制度」による文化への貢献、社会福祉への貢献が効果をあげている。こういう美点はまねしないのである。

■「政治とカネ」で小沢一郎氏を追究しながら、一方で自分たちは自民党政権のように企業からの献金を復活させようとしている。これでは旧来の政治と同じで、政権交代の意味がない。一方で、管氏は連日連夜、高級ホテルの料理店にはいり、美食をとっているという。民の声が次第に届かなくなっているのだろう。

■そういえば豊臣秀吉も下っ端のときはきわめて庶民的で、民の心がよくわかり、人心掌握術にもたけていたが、権力の頂点にたち「太閤さま」とよばれるようになってから狂ってしまった。権力は怖いもので、いったんそれを手中にすると、それまで見えていたものが見えなくなる。よほど腹をすえ、常に自制、自省、自戒をしていないと、人はたやすく権力の魔力にはまってしまう。天下太平の世の中ならいいが、日本は崖っぷちにあり、一歩間違うと崩壊しかねないのである。最高指導者の洞察力のなさ、確固たる信念のなさに、あらためて危惧を覚える。
by katorishu | 2010-10-28 11:54 | 政治
 10月26日(水)
■秋だというのに妙に暑い日が続き、いつ涼しくなるのかと思っていたところ、昨日の夜あたりから一気に寒くなった。だんだんととか、次第にという傾向が薄れ、白が黒になるように区切りのはっきりした「大陸的な」気候になってしまったようだ。人の心もそうで、かつての日本人の美徳でもあった「玉虫色」、つまりグレーゾーンがなくなって、白か黒か、善か悪かの二項対立になっている。

■善か悪かの「原理主義」はぼくなど性に合わない。さて本日16時半からのテレビラジオ記者会での記者会見。文化部の記者はTBSの横浜ベイスターズ売却失敗の記者会見のほうにいってしまったほか、同じ時間に日本賞の授賞式があり、こちらに皇太子が出席されるとかで、そっちにいくひともいて、幹事社までが「申し訳ないが欠席」ということになり、結局3社の文化部記者が出席ということになった。ただ、少人数であったので、それだけ細かい話ができたが。

11月2日(火)足立区、北千住駅から徒歩5分ほどのところにある東京芸術センターの天空劇場で、「文化アーカイブズ活性化シンポジウム」を行います。放送作家協会と東京大学大学院情報学環の共催で、パネリストとして国会図書館の長尾館長や早稲田演劇博物館の竹本館長等々、専門家、識者があつまって、熱く「文化資源」や「文化リサイクル」について語り合います。入場は無料。
大変興味深く、かつ有益な話がでるはずです。ウイークデーですが、お時間の都合のつく方はぜひ、足をお運びください。詳しい情報は、日本脚本アーカイブズのホームページをご覧ください。
http://www.nk-archives.com/

by katorishu | 2010-10-28 00:56 | 文化一般

文春から絶版の通知

 10月26日(火)
■文藝春秋から封書がきたので、何かと思って封を切ったら以前出版した『北京の檻』が絶版になったとの知らせ。一瞬、文庫化の話かと、おめでたくも思ったのだが。在庫があるが、もし引き取るつもりなら送料を受取人払いで無料で本を送るとのこと。これは再版がでてもいい内容だと思っていたし、読んだ方からも、大変面白いし重版にならないのですかと言われていたのだが。別の原稿で、出版がいったん決まったものが、ある「事情」で駄目になったり、とどうも文春とは相性がよくないようだ。

■某大手出版社に渡した原稿も凍結状態だし、本日、某社に過日おくった文化論からみの企画も、うちではちょっと、との連絡。どうも旧メディアとは相性がよくない。ま、ぼくの関心の7,8割はウェブにあるので、それほど落胆はしていないが。大きな変革期にあることを、旧メディアの人は、どれほどわがこととして実感しているのだろうか。

■テレビというメディアが出てきたとき、旧メディア(映画とラジオ)の関係者は、あんなものと随分と見下していた。それが、10年ほどで一挙に逆転してしまった。ウェブも同じである。あのときの激変よりもっと大きな変化が今後起きてくるだろう。そのことに鈍感な旧メディア関係者が多すぎる。いつの時代も、一定の繁栄を謳歌した人や組織や業種は衰亡していく。それが自然の摂理といってもいいだろう。

■かといって、ウェブという新メディアを手放しでほめているのではない。玉石混淆で、じつは石が圧倒的に多い。そのなかで、どのようにして「玉」としての光を放つか。そのことに努力を傾けている人も多い。ぼくもその一人であるが。

■本日、外で9時間ほど仕事をしたが、そのうち7時間ほどはウェブに関連した原稿執筆であった。8時間ほど携帯パソコンに向き合っていたので、疲れ、首から肩にかけて痛みが走った。明日は早朝から早稲田の某録音スタジオ。そのあとNHKでのテレビラジオ記者会の記者会見にのぞむ。忙しすぎて惚ける時間がない、といってもいいようだ。貧乏性なのか、やはり暇より多忙なほうが性に合っているし、ぼくの場合、健康にもいいようだ。
by katorishu | 2010-10-26 23:20 | 新聞・出版
 10月25日(月)
■アメリカでは、医療保険会社・学資ローン会社・刑務所運営会社がここ10年ほどで株価が10倍から20倍になったそうだ。経済的弱者の数が急激に増えている背景がある。一方でハリウッドの一部スターなどが年収数十億を稼ぐ。ユダヤ系の投資家などの収入も莫大で、貧富の差の拡大はつづいている。

■自由競争社会、競争原理社会なのだから当然という意見もあるだろうが、日本をそういう競争原理社会にしてしまっていいものかどうか。もはや「一億総中流社会」にもどりようがないのかもしれないが、少しでもあの時代に近づける方策がないのかどうか。心ある識者、専門家による研究が必要になってきている、と思うのだが。

■中小零細で四苦八苦している経営者や従業員の苦境はすでに限度に近づいているといっていいだろう。世界経済の先行きもかなり怪しくなってきており、来春にかけて、さらなる落ち込みも起こりう事態になってきた。困ったことであると思いつつ、一介の物書きであるぼくなどには何もできない。それはそれとして「芸術の秋」なので、芝居をはじめ催しものの案内が連日のように届く。なるべく顔をだそうと思うのだが、限られた時間なので、なかなか足を運べない。

■過日。これから仕事を一部手伝ってもらう役者が関係する舞台「新宿八犬伝」最終章を、新宿歌舞伎町で見た。第三エロチカを率いた川村毅の作・演出。この劇団の「解散公演」だという。唐十郎の流れをくんだ芝居で、「過剰」「過激」「アナーキー」が柱の舞台。非日常といかがわしい空気の交錯する異空間の舞台で、意図はわかる。エネルギーもたいへんなものだが、どうもエピソードの羅列の印象が強く、劇が深まっていかない、とぼくは感じた。本日の朝日新聞夕刊の劇評も、「どこかノスタルジックで切ない」と評しているものの、記者は戸惑っているようで、手放しのほめ言葉は見られない。

■上記の役者は丸山厚人。彼の凛々しい立ち居振る舞い、通る声は人を魅するものがある。そういえば彼も、以前、唐十郎の赤テント所属の役者であった。それと猫役を演じた小柄で、ほんとに猫を思わせる役者。この方も得難い個性であり、個々の役者に魅するものがあったのが救いであった。

■新宿歌舞伎町には久々に足を踏み入れた。ひところ漂っていた「怪しい空気」「妖しい風」がなくなって、ただうるさく、安っぽい町になってしまったという印象だ。デフレで消費意欲が衰えると、都市は痩せていく。新宿、それも歌舞伎町は「妖」と「怪」がなくては、「新宿」とはいえない。風俗営業法などで「悪」が「浄化」された結果、都市の養分も一緒に排除されてしまったのか、と思ったことだった。
by katorishu | 2010-10-25 16:41 | 映画演劇
 10月22日
■ドラマがすこし面白くなった。見ても時間の無駄にならないと思って、滅多に見ないフジテレビ月曜枠のドラマ「フリーター家を買う」を見た。二宮和也主演で、いやな上司の振るまいにうんざりした新入社員が入社3ヶ月でやめてしまう。ところが、その後の再就職がうまくいかず、紋切り型の父親の小言にうんざりする。そんな折り、母親が精神的におかしくなったりして、主人公は真綿でしめられていくような気分に陥る。

■自分の人生「そこそこだった」と感じている主人公を、二宮和也が彼ならではの演技でこなしていて、好感を抱いた。「流れ星」もよかったが、これも期待以上の出来であると思う。金銭にからむ素材ばかりで気にはなるが、それが現代日本の最重要課題のひとつなので、社会を反映する意味では、あっていい素材だと思う。おちゃらけとオーバーアクションにうんざりし、元々ドラマ好きであったのだが、テレビドラマを見なくなっていたが、今秋は見るに値する作品に出会えた、ひさびさにうれしかった。

■テレビ局も窮すれば通ずという面がすこしは残っていたか、とやや安堵した。本日は脚本アーカイブズの会議。フリーディスカッションで、いろいろな意見がでたりして、それなりの収穫があったのではないか。11月2日(火)に足立区北千住駅近くの東京芸術センターの天空劇場で、「文化アーカイブズ活性化シンポジウム」という催しを実施します。近づいたら、このブログで詳細を紹介しますので、ぜひ足を運んでみてください。「文化の土壌」をいかにして肥やし、豊かにしていくか、それが今ほど大事なときはない。
by katorishu | 2010-10-22 23:24 | 映画演劇
 10月21日(木)
■ニコニコ動画で議員会館での「トーク」といっていいのかどうか、近く収監される政治家の鈴木宗男氏と歌手の松山千春氏、それに休職中の外務官僚で評論家の佐藤優氏の3人のトークを見た。1時間45分ほどをノーカットで見せるので、3人の言いたいことがよくわかる。

■鈴木宗男氏を応援してきた「異能の歌手」松山千春氏のユーモアと一部暴露をまじえた「浪花節」的な語りもそれなりに味があったが、なにより佐藤優氏の特捜検察の取り調べの現実と特捜検事の「物語創作」についての話は面白く、最後まで見てしまった。本日の朝日新聞がこの模様を「シンポジウム」として記事にしていたが、ほとんど実態を伝えていない。10行くらいの記事で要約するのは無理なのである。全部を伝えることに大きな意味がある。旧メディアは編集をして、ある角度、ある価値観から切り取って見せる。そこに当然、バイアスがかかる。

■物事は、角度をかえて見ると、まるで違った姿を見せるものである。「素材」を一般国民が見ることができる。それが新しいメディアの特性のひとつだ。この席で鈴木氏が食道がんであることも明かされた。メディアの多様性がもっとすすめば、少しは本物の「民主主義」に近づく可能性もある。いろいろと問題があるにせよ、とりあえず新メディアに期待したい。
by katorishu | 2010-10-21 21:05 | マスメディア
 10月20日(水)
■週刊朝日の最新号が、検察「裏ガネ」の闇という特集をくみ、そのなかで前特捜部長が裏ガネ問題を暴露しようとした大阪高検の三井公安部長を逮捕する件で、元山口組系暴力団組長に嘘の供述をさせた、と記している。当の暴力団の元組長が暴露手記を発表したのである。ねつ造証拠によって、同僚の公安部長を逮捕し、口封じを行ったとのことだが、事実としたら、検察不祥事はさらに発展する。

■当時から「おかしい」とマスコミも報じていたことだが、結局、検察権力によって封じ込められてしまった。ここへきて取材側の努力がみのり、獄中の元暴力団組長の「真相手記」をフリー・ジャーナリストの西岡研介氏が手にいれた。この問題は検察に大変な衝撃波をもたらすに違いない。国の根幹がさらにゆらぐことになるが、権力の闇を白日のもとにさらしてほしいもの。関心のある方は、週刊朝日のこのスクープをぜひ読んでください。日本という国の土台が腐っていることが、よくわかります。

■このたぐいのニュースばかりで、政治や社会のことを記すのがいやになってきた。しかし、事実は事実として多くの国民にしってもらわないと。「世論調査」というろくでもない「誘導」によって、日本という国がますます変な方向に漂流してしまいそうなので、ぼくなりに感じたことを、記している。気分転換になればと、久しぶりに連続ドラマを見た。フジテレビの放送したもので「流れ星」の第1回。主演は上戸綾と竹ノ内豊。上戸綾が風俗嬢役を、竹ノ内が水族館の職員を演ずる。竹ノ内の妹が余命1年という設定で、いろいろな人間模様を織り込みながら、おそらく風俗嬢の肝臓を妹に移植する、という展開になるのだろう。

■全体に暗い話で、以前であったらNHKの「ドラマ人間模様」などであつかう素材かもしれない。(ぼくも一時期、ここのスタッフに身を置いていたことがある)。第一回の視聴率は良くないそうだが、ぼくは大変面白く見た。ひところドラマに氾濫していた「オーバーアクション」がないことと、漫画原作でないのがいい。テレビドラマ界も、ようやく、やや「まとも」になってきたかと思ったりもした。しかし、これは例外的な作品なのだろう。数字があまり良くなければ、駄目だと判断して、この路線をやめてしまうのかどうか。刑事ものか漫画原作のドラマばかりで、見る気も失せていたテレビドラマだが、2回目以降も見てみたいと思った近頃珍しい作品である、と付記しておく。この路線で、がんばってほしいものだ。
by katorishu | 2010-10-20 03:30 | 社会問題
 10月18日(月)
■サラリーマンの給料は減り続けており、大半の企業が四苦八苦といった状況である。とくに圧倒的多数の中小零細企業がきびしく、経営者はもちろん社員も毎日を「どうしのぐか」といった状態であるに違いない。そんな中、天木直人氏のブログに『結構な身分じゃないか』と題して以下のようなことが記されていた。

17日(日)の首相の一日にはこう書かれていた。
 午前 公邸で過ごす
 午後 0時10分 ホテルオークラの鉄板焼き料理店「さざんか」で加藤首相補佐官と食事。
    その後 公邸で古川、福山両官房副長官、寺田補佐官と協議
    7時2分 ホテルニューオータニ内「すき焼き店」「岡半」で伸子夫人ら
    と食事
 自分の給与だからどこで何を食おうが勝手かもしれない。しかしその給与は我々の税金だ。巷ではクリーニング代を節約して家で洗う人が増えている。経費節約で事故が増えている。中国では反日デモが荒れ狂っている。
 結構な身分じゃないか。少しは本物の仕事をしたらどうか。夫婦ともども国民の前で少しは自粛したらどうか。


■まったくその通りである。経済、外交、国や国民の基盤にかかわるところで、菅政権の失策がつづく。むかし土光敏夫という経営者がいて、政府の臨調でも活躍した。土光氏は目刺しをたべるなど「粗食」に甘んじ、そんな日常生活が国民の信頼を得て、国政にも大きな貢献をした、と記憶している。人は日々の生活が大事なのである。なにを、どこで食べるか。それが当人の意識しないうちに価値観に微妙な影をおとす。たまには一流のレストランなどで食事をするのもいいが、連日連夜となると、いい加減にしろ、といいたくなる国民も多いのではないか。

■人は環境の動物といわれるが、権力者という「特権」を日々享受していると、それが習い性になり、「異常」を「異常」と感じなくなる。テレビニュースなどで見る限り、官首相の目はうつろで、自分の頭で深くものを考えている人の表情ではない。財務省を中心とする霞ヶ関の官僚の振り付け通りに踊っているという印象をうけるし、事実、取り調べの全面可視化にも消極的だし、政権交代で公約した民主党の約束の多くを反古にしている。公務員改革など自治労などに遠慮して、まったく骨抜きであり、仕分けなどは人気取りのパーフォーマンスに終わっている。

■今や実質的には仙石官房長官が「首相の振り付け師」として影の総理をになっている、というのが永田町での「常識」になりつつあるようだ。「国民生活第一」という政権交代のときのもっとも大事な柱を、どうも脇において、「総理でありつづけること」に軸足を置いているようだ。このままだとさらに経済は劣化の坂を転げ落ち、人の心もすさんでくる。ぼくは近所の大衆酒場を経済のバロメーターのひとつと考えている。そういう大衆酒場での客の数や注文するもの、さらに漏れ聞こえる会話の内容などによって、「一般国民」(既得権益者でない国民)の懐具合や意識のありようが、じつによくわかる。ときどき足を運び、「観察して」いるが、経済が悪化の一途をたどっていることを肌で感じる。そういう庶民のいく場所でかわされる「民の声」にもっと耳を傾け、政策に反映させる努力をしにといけない。「奇兵隊内閣」をいうのなら、清心をつらぬいた西郷隆盛の爪の垢でも煎じてのむくらいの精神をもてといいたい。そうしたら目があんなにもうつろではなくなる。国会の答弁などでも、官僚の作文を棒読みしてはだめである。精神のありようは顔にでるものである。
by katorishu | 2010-10-19 02:39 | 政治