<   2011年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 1月30日(日)
■昨日29日封切りの映画『白夜行』を品川プリンスシネマで見た。東野圭吾原作でテレビの連続ドラマで放送されたこともあって200万部ものベストセラーだという。ベストセラーやテレビドラマ化された作品をもとにした映画は、あまり見たくないのだが、生来野次馬精神が旺盛なので、どこに「人気」の秘密があるのかを探るためもあって見た。

■『60歳のラブレター』の深川栄洋監督作品で「堀北真希が聖女の顔をした悪女役で新境地を開拓」というふれこみ。『ある殺人事件にかかわった人々の複雑な人間関係を軸に、19年に及ぶ男女の狂おしい愛情を描く。『ALWAYS 三丁目の夕日』などの彼女の守護神のような相手役を、『おにいちゃんのハナビ』の高良健吾が好演する。互いの存在だけを頼りに必死に生き抜こうとする男女に課せられた残酷な宿命に言葉を失う』とのこと。

■丁寧にリアルな描写を積み重ねた作品で、感銘を受けた。松本清張作品を意識したような作りで、だからこそ清張ファンのぼくにはしっくりきたのかもしれない。テレビドラマは見ていないし、東野圭吾の作品もひとつも読んでいないので、純粋に映画『白夜行』を見られた。人物の心のひだがよく描かれており、ミステリーにありがちなストーリー先行のご都合主義が少なく、率直にいって面白く、原作を読んでみたい気がした。

■高良健吾の存在感もいい。二人の子役もうまい。演出面や映画ならではの省略も心地よく、画面にひきずりこまれた。堀北真希という女優、あまり好きではないタイプの女優なので、ま、こんなものかなという印象。2時間ドラマでパターン芝居を繰り返している刑事役の船越英一郎が、テレビとは違った良い味をだしていた。それと殺された男の妻役の戸田恵子が独特の存在感を漂わせて印象に残った。見て損はない作品である。5点満点の4点といったところ。
by katorishu | 2011-01-30 09:55 | 映画演劇
1月29日(金)
■最近、東京新聞をとりはじめた。「こちら特報部」がなかなか突っ込みが深いし、社説なども独自色を出している。なにより東京地方のニュースと芸能・文化関連に力をいれているのがいい。さてその東京新聞が29日の一面で「私大・短大 4割赤字 09年度」と報じている。

■以下引用――全国で私立大と私立短大を経営する学校法人(大学法人、短大法人)の四割以上が二〇〇九年度に「赤字決算」だったことが、文部科学省への情報公開請求で入手した各法人の財務資料から分かった。〇八年度よりはやや改善したが、今後十年で十八歳人口が五万人以上減るとみられることから、地方を中心に破綻や再編・縮小を余儀なくされる中小の私大が増える可能性が強まっている。(中略)大学・短大法人は、大学経営を続けるため収入の一定額を「基本金」として、資産に組み入れなければならない。このため、実際にその年に使える収入と支出との差額はさらに悪化することになり、六百三十法人中四百八十三法人(77%)が赤字だった。

■新聞によると、赤字決算などのため基本金の組み入れができなかったのは30法人。4法人は全収入でも人件費すら賄えていなかったという。20歳の人口がピークときの1992年頃と比べて半分に減っている一方、大学・短大の数は増え続けているのだから、需要と供給の関係で当然の結果ともいえるが、大学もいよいよ倒産の時代にはいったなと思う。

■日本の大学進学率はOECDの基準では47%、一方韓国のそれは61%、決して日本は高くない。人材の質の高さこそ「日本の強み」であったのだが、今やそれも「昔話」になりつつあるようだ。(マスコミの定年退職者が大学教員になるケースが多いためかどうか)マスコミはほとんど指摘しないが、教える側の質の低下、劣化もあるのではないか

■ぼくの知る限り大学教師の8割ほどは、以前の大学教師の基準からいえば「教授たりえない」。外部の非常勤講師で補っている大学も多く、非常勤のほうに能力のある人もいる。ただ、こっちも玉石混交といっていいだろう。総じて「基礎的な教養」面で失格と思える教員が多いという気がする。専門の知識はあるが、ある種「専門バカ」になっていて基礎部分の「教養」が不足している。そういう人は研究者としても伸びていかない。

■吉田松陰の例を持ち出すまでもないが、良き師のもとにこそ良き弟子が集まるのである。かつて「非常勤講師」を努めた体験からいうと、教える側も教わる側も「遊び」がたらない。総じて今の学生は「真面目」で「堅実」であるが、ぼくにいわせれば、「だからダメ」なのである。若いときはもっと不良性をおび、型破りな生き方、考え方をしないと。少々顰蹙をかうくらいで良い。石橋をたたいて渡る「堅実」で「冒険をしない」生き方をしていたら、若者は単なる「老人予備軍」である。

■「良く遊び、良く学ぶ」が大事なのだが、どうも大人も子供も「遊ばず、学ばず」が多くなっている気がしてならない。
 ★遊びこそ「創造の源泉」である。
 ★遊びとは当人がもっとも個性を発揮でききる時間つぶしである。
by katorishu | 2011-01-29 11:23 | 文化一般
 1月27日(木)
■川崎市民ミュージアムにいってきた。見学というより「半ば公的」な取材であり、映像関係の学芸員に詳しく話を聞いた。品川からJR横須賀線で2駅目の武蔵小杉でおりてバスで10分ほどの所にある。かなり広い敷地に博物館、美術館、グランドまでを備えている。地方行政が運営するには、かなり大規模な施設。

■バブル時代に設立されたので、かなり贅沢なつくりだが、大不況の時代にはそれが重荷になっていると見受けた。当初の予算が相当減額されてきており、運営も第三者機関に委託しているとのことで、他のほとんどの組織と同様、担当者は苦慮しているようだ。二面がガラスばりで、まるでリゾート地の展望部屋のような会議室で話を聞いた。

■地元川崎市にゆかりの映画人から寄贈されたフィルムやチラシ、ポスターなどの関連資料も多い。映画のセットデザイン画等、それだけで貴重であり、見ていて飽きない。常時、さまざまな展示会を開いていて、市民に開放されている。難は、やや不便な場所にあること。そのため見学にくるお客がそれほど多くないという。個性的な展示会、美術展、回顧上映等々、見て損はない催しをやっているのだが。

■少数の学芸員しかいないものの、当然のことながら彼らは文化芸術に造詣が深く、知性的。今後、脚本アーカイブズといろいろと提携できそうなことも多く、有意義な時間を過ごせた。脚本アーカイブズはいずれ「ナショナル」なところに運営等を移管することになるはず。今の日本に必要なのは「文化の土壌」を肥やすこと、と「バカのひとつ覚え」のように関係者と会うと繰り返している。

■今の日本は土壌の部分から作り替えないと、どうしようもないところにきている。税の使い方を決める政治家、官僚は「文化・芸術」にもっと関心をもち、地味な土壌をいかに肥沃にしていくかに、もっと頭をめぐらして欲しい、と思ったことだった。小説も読まず、映画や演劇も見ず、美術展などにも足をはこばない人は、これからの政治家、官僚になってほしくないと、極論してもいいくらいだ。
by katorishu | 2011-01-27 21:57 | 文化一般
 1月25日(火)
■テレビ画面の下に地デジ移行の文字がでている。目障りであり、テレビを消したくなる。国策なのでテレビ局も仕方なくだしているのだろうが、この地デジ化、総務省が考えているように円滑にいくのだろうか。マスコミ報道によると200万から250万世帯がデジタル化のテレビをもっていないというが、現実はもっと多いという気がする。総務省の調査は「大甘」であるとの指摘もある。私見では1年くらい延長になり、それでも完全移行ができず、さらに延長ということになりそうだ。

■アメリカでは地デジ化にともないアナログ停波を結局延長した。影響があまりに大きいと政府が判断したからだが、日本でもおそらく7月に一斉にアナログ放送をやめてしまったら、高齢層を中心に大ブーイングが起きることだろう。

■一方、かなりの人が「テレビなんか見なくてもいい」ということになる。そうなったら広告に依存する民放は打撃をうける。そうでなくとも経営状態が悪いなか、崖から突き落とす働きをするかもしれない。受信料制度でなりたつNHKも当然影響をうける。メディア界に「革命的な」変革をうながすトリガー(引き金)になれば必ずしも悪いことではないが。

■テレビが最大の楽しみという高齢層も多いようだ。その人たちは一説には1日10時間ほどテレビを見ているそうだ。テレビ視聴は一種の「習慣病」で、たしかに見続けていると癖になる。内容の善し悪しはあまり関係なく、とにかく家にいてテレビがついていないと、何かが欠けているように感じてテレビに向かってしまうのである。じつは一時期、ぼくもテレビ習慣病に陥っていたときがある。半年ほどで回復したが、「重病」の時期には1日10時間も横になって見ていたと記憶する。

■高校野球の中継など予選から決勝まで全試合を見たこともある。今は1日の視聴時間は30分ほどなので隔世の感があるが。(もっともCSなどもいれると1日2時間近く見ている日も多い)。1日24時間しかないし、いろいろとやるべきこと、興味のあることがありすぎで、ぼんやりとテレビを見ている時間がない、というのが正直なところである。考えてみると、以前テレビ局に在籍していたとき、多忙ということもあって、1日の視聴時間は小一時間程度ではなかったか。多くの同僚も似たり寄ったりであったと記憶する。もしかして「関係者」が一番テレビを見ていないのかもしれない。
by katorishu | 2011-01-25 23:00 | マスメディア
 1月24日(月)
■音楽はどちらかというとバラッド風の曲が好きで、ロックはちょっと敬遠したいのだが、マスコミ試写の案内がきていたので、「食わず嫌い」はよくないと思い、東銀座の松竹試写室にいった。『ランナウェイ』は1975年、ロサンジェルスに実在した同名のガールズバンドの名前であり、このバンドに集まった少女たちの物語である。

■75年当時、アメリカでも女性がロックバンドを組むなど「とんでもないこと」で、ロックは下品で男がやるもの。まして16、7歳の少女が下着に近い姿で演奏するなど「常識はずれ」と考えられていた。敏腕の「ぶっとんだ」音楽プロデューサーとの出会いで、彼女たちはかわってゆき、ガールズロックの先駆けとなり、人気を得ていく。

■あの時代の新宿あたりの空気をよく知っているので、女性のロックなど「ありえない」と思われていた時代であったかとあらためて思った。今とはまったく隔世の感がある。b0028235_23403444.jpgそういえばエルビス・プレスリーがでてきたとき、アメリカのテレビではプレスリーの腰の動きがセクシーすぎるといって、腰のあたりを写すことを禁じたこともあった。

■時代がうつると、あるときは「とんでもないこと」「禁ずべきこと」が、当たり前になる。この映画、実在の人物を材にとっているので、あまりドラマチックにもりあげずに、とにかく音楽を聴かせるつくりだ。グループ内で一人に突出して人気がですぎると他のメンバーから嫉妬され、あげくにグループが解散ということになるが、その例にもれない展開だ。

■少女たちの若さとエネルギーには圧倒される。若さに改めて羨望を覚えた。映画の質という観点からは、過日見たハリウッド・ミュージカル『バーレスク』には及ばない。制作費用もあまりかけているようには思えず、ドキュメンタリー風のつくりでもあるが、ロックファンにはこたえられない映画だろう。3月12日よりロードショウ公開。若い人はもちろん、若さを失って疲れ気味の人にとって、見て損はない映画である。
by katorishu | 2011-01-24 23:51 | 映画演劇
1月24日(月)
■一種の「メディア革命」が起こっており、地方紙や地方テレビ局が真っ先に淘汰されるるといった「予測」が流れている。東京などのキー局で作られる番組を「垂れ流して」いるような地方テレビ局は早晩淘汰の憂き目にあうだろうが、その土地に根付いて独自の視点から情報を発信するところは生き残るであろうし、生き残って欲しいもの。

■今年になって東京新聞をとりはじめた。東京の「地方に根付いた」情報と、「都新聞」以来の伝統である「芸能・文化」欄に力をいれているので、とりはじめたのだが、2ページにわたって掲載する「こちら特報部」はかなり健闘しているといっていいだろう。

■1月20日号では管総理の「外交方針大演説」を前に、この政権は「米が望んだ管首相?」という特集で、「戦後最も親米的」といわれるこの政権がどうように誕生したのかについて、内部告発サイト「ウィキリークス」の公開したアメリカの外交文書などを紹介しながら、類推している。

■2010年、ソウルでキャンベルアメリカ国務次官補と韓国の金外交主席秘書官との会談で、アメリカが交渉相手として鳩山首相(当時)ではなく、菅直人財務相(当時)と岡田克也外相(当時)と話し合うことの重要性を指摘した、という。ウィキリークスにそう出ているらしい。その後、管氏がキャンベル氏の望み通り首相になり、アメリカの期待するTPPへの参加を提唱した。

■もちろん「こちら特報部」ではバランスを保つため、東京財団上席研究員のの渡辺恒雄氏(民主党・反小沢派の長老議員・渡辺恒三議員の息子)をだして、日米同盟の重要さを語らせているが。

■本日24日の「こちら特報部」は八ツ場ダムについて国交省がだした「再計算」について、検証を行っている。社説なども権力にたいして、批判的スタンスをもっている。なにより東京地方のきめ細かなニュースをひろってくれているところが、良い。地方に根ざしたメディアが消えてなくなることは決して多くの国民のためにならない。大手新聞とは一線を画した独自色をだして生き残って欲しいというエールをこめて、まだしばらく東京新聞を購読しようと思う。
by katorishu | 2011-01-24 09:14 | マスメディア
 1月22日(土)
■金太郎飴のようなテレビの「情報バラエティ」をほとんど見ないので、ついでに流されるコマーシャルもあまり見ることはないのだが、この種の番組を見る視聴者に向けに「ジャンクフード」がらみのコマーシャルが大量に流れている。ハンバーガーや甘い菓子類、脂肪の多いスナック菓子のことである。

■もっともテレビの影響を受けやすいのは子供であり、連日放送されるテレビコマーシャルによって、子供たちの嗜好も形作られる。日本ばかりでなく世界的にこの傾向は強まっているようで、世界保健機関(WHO)が見るに見かねて21日、脂肪や砂糖、塩分を多く含んだ体に良くない「ジャンクフード」から子供の健康を守るため、各国政府に対し、こうした食品のテレビCMなどを規制するよう呼び掛けたという。

■以下は時事のWeb版から。『WHOによると、世界の5歳以下の子供4300万人が太り過ぎで、子供が見るテレビCMの多くは栄養価の低い菓子類などが占めている。
 子供が不健康な食品を取り続けると、成人後に循環器疾患やがん、糖尿病を患うリスクが高まるとされる。子供がアニメキャラクターなどを使ったジャンクフードのCMに接しないよう、各国が食品業界と対策に取り組むよう促す狙いだ。WHOによると、英国では子供向けテレビ番組でジャンクフードのCM放映を禁止している」


■日本でも子供の成人病が増えているそうだ。今後、こんなジャンクフードを大量に摂取した子供たちが成人し中高年になるころ、成人病にかかる人が相当数にのぼる可能性がある。その損害は計り知れない。国民の健康を守る上でもジャンクフードのCM規制をはじめる必要がある、と思うのだが。
by katorishu | 2011-01-22 22:27 | 社会問題
 1月20日(木)
■北風が吹き寒い1日だった。午前中、北品川で2時間ほど執筆。帰宅して昼食後、どうも家では仕事がはかどらず、リュックにスニーカーでカミサンと品川駅港南口まで歩いてインターシティ内のコーヒー店ほかで仕事。あわせて6時間ほど携帯パソコンにむかうともう目がしょぼしょぼ。「土方歳三」の9回目、官軍につかまった近藤勇を助けようとする土方歳三と勝海舟との「会話」を、どう具体的に書くべきか、悩んでいる。資料は、土方が勝に助命を嘆願した、といった程度。

■西郷隆盛と江戸城無血開城を秘密裏に行いながら、旧幕府軍を代表する勝海舟。その老獪さに対して、ある意味率直、単純明快な土方。これにからむ新選組シンパの奥医師、松本良順が、どのように具体的な台詞で両者に対したのか、なかなか難しい。司馬遼太郎の『燃えよ剣』でも、その点はぼかしている。「オリジナル」シナリオなので、独自解釈、新解釈もほどこしつつ、時代考証家の許容範囲で創らなければならない。

■じつは悩み、迷いつつ、それをどこかで楽しんでいるのだが。合間にスマートフォンにさわり、ツイッターに書き込んだり、政治家や評論家、新興メディアのジャーリストの「つぶやき」に目をとおしたり。錚々たる(そうそう)人が書き込んでいて、興味深い。マスメディアとはまるで違った空間に情報や会話が行き交っている。会話に簡単に割り込むこともできるし、なるほどツイッターは新しい情報交換、情報収集かつ情報発信の「場」であるなと思った。

★「それをいっちゃアおしまいよ」というブログもご愛読ください。以下のURLです。
http://katorishu.air-nifty.com/
★なおツイッターは「katorisandesu」です。「katori」としたかったのですが、取得できなくて、こんなものになりました。お暇なとき、アクセスしてみてください。

■ニコニコ動画なども、これまでは記者クラブメディアしかはいれなかった場から、実況生中継をするようになった。プレミア会員になればあとで視聴できる。本日もデフレ脱却国民会議の模様を中継していた。大臣クラスの記者会見も編集なしで見ることができる。これひとつとっても「革命的」である。いずれにしても、こういう新しいメディアに接していると、時代は急速に変わりつつあるな、とあらためて思う。「誰もが情報を発信できるように」なったことについては、長所、短所があるが、今は長所に目をむけて、急速にすすむ「情報革命」について、一種の「現場証人」でいたいとも思う。
by katorishu | 2011-01-20 22:07 | マスメディア
 1月20日(木)
■政治の「迷走」がつづく。菅改造内閣の目玉である与謝野経済財政相の起用は、総選挙で民主党が勝った「公約」と大きな距離がある。机上で考えていたことと、実際に政権をとってみたら違う現実に直面し、一部修正していくのは当然としても、『国民生活第一』という骨組みまでかえてしまったら、修正ではなく、破棄である。もう一度、新しい公約をかかげて、国民に信を問う。これが民主主義の常道のはずだが。

■増税路線に突っ張るようだ。ようやく景気に曙光がみえるという兆候もあるのに。1997年であったか、橋本政権が緊縮財政をくみ、消費税増税を断行し、景気回復の腰をおった、そのときの二の舞になるような気がする。財政再建が必要なのは当然だが、どこに配慮をするかで政策の順序、規模もちがってくる。

■巷間、菅政権は「対米従属」「官より」「財界より」を、自民党政権時代より強くうちだしているという論調が多い。マスメディアは違うスタンスだが。少なくともぼくの信頼するエコノミスト、政治ジャーナリストはほとんど、強く批判している。政策は「人事」に端的にあらわれる。この政権の原点は「小沢排除」「世論調査の支持率過剰意識」である。この2点をあらためないと、早晩座礁する。その被害をもっとも深刻な形でこうむるのは、まず国民、それも経済的に弱い国民である。

■政権発足当時、「1に雇用、2に雇用、3に雇用」と雇用を連発していたが、今年卒業の大学生の就職率は最悪という雇用悪化のなか、当初の発言を忘れているようだ。戦略的な「健忘症」も政治家には必要なことかもしれないが、いやはやである。
by katorishu | 2011-01-20 08:12 | 政治

芥川賞・直木賞について

 1月19日(水)
■芥川賞・直木賞が決まった。以前はこのふたつの賞に注目し、受賞作はたいてい読んだのだが、最近は興味が失せた。小説は読むものの古典に限っている。価値観が流動する時代、精神のありどころを探るためにも、古典を読むことが大事である。

■長い時代をへて残ってきた人類の叡智の結晶である古典には、じつに深いものがある。同時に、人は何千年かかっても、まったく進歩などしていないことにも思いがいく。芥川賞・直木賞についてはマスコミが大きくとりあげることも、妙な現象だと思う。芥川賞がマスコミの話題になったのは、石原慎太郎の「太陽の季節」の受賞からであった。

■考えてみれば一出版社の仕掛けた賞であり、ほかの出版社の主催する賞からも数々の名作、話題作がでている。文藝春秋社の賞ばかりを派手にとりあげるマスコミに、違和感を覚える。今期の芥川賞の受賞者2人は異色の存在なので、珍しく読んでみようかとは思っているが。

■創作テレビドラマ大賞の選考の責任者を担った体験からいうと、作品の評価は選者によってじつにさまざまで、客観的評価はくだしがたい。ある選者が美点としてほめる部分が他の選者には欠点とうつる。根底には趣味の問題、好き嫌いの問題等々、個々人の美意識のほか、その時代の価値観、空気も微妙に評価に反映する。「太陽の季節」は昭和33年の受賞だと記憶するが、当時の社会通念としては画期的で衝撃的な出来事も、今ではごく平凡でありふれたことになっている。

■50年後、100年後には、現在評価されていない作品が新たな光をあてられて輝くのではないか。逆に今、一世を風靡している作が凡庸として忘れられることもあるだろう。誰であったか賞をもらうかもらえないかは「運である」と喝破した。その通りである。話題作を読むのもいいが、こういう時代であるからこそ、古典文学を読んでほしいなと改めて思う。人類の愚かさもふくめ、人の暮らしの原点、エッセンスが古典にはある。1冊でも読破すれば、心の豊かな糧になり、その後の人生に大いにプラスになるはず、と思うのだが。
by katorishu | 2011-01-19 22:46 | 文化一般