カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 5月29日(水)
■脳が疲れているときや癒しをもとめたいときは、映画を見ることにしている。家でDVDなどで見るのではなく、暗い映画館で見るのがいい。毎月「マスコミ試写」の案内状がきて、ぼくのところにくるのは大手メジャーからはほとんどなく、単館上映のあまり派手な宣伝をしない地味な映画がほとんど。それだけに、胸にしみこむ作品が多く、癒されるのである。

■昨日、市ヶ谷のシネアーツ試写室で見たのはフランス映画『最後のマイ・ウエイ』。70年代から80年代にかけてフランスのスーパー・スターとして人気を博したクロード・フランソワの生涯を描いた作だ。ぼくはほとんど知らなかったが、クロード・フランソワはシンガー・ソング・ライターで、39歳で夭折した。その間レコードの売り上げは総計6700万枚に達したという。フランク・シナトラの有名な曲「マイ・ウエイ」は、じつはクロード・フランソワの創った歌である。そのことを、この映画で僕も初めて知った。b0028235_7594421.jpg

■クロード・フランソワはスエズ運河を管理する裕福な実業家のもとに生まれたが、第二次中東戦争で一家は財産を失いモナコに移住。経済的困難の中、クロードは銀行をやめ音楽にのめりこむ。なかなか芽がでず落ち込むが、フィリップス・レコードでソロ・デビューした「ベルベル」が大ヒット。やがてフランス有数のスーパー・スターになる。もともと小心で神経質であったが、人気がでるとともに傲慢で女好きな面が強くでて、周囲は振り回される。しかし、自分の失恋などに材をとった歌は人気をよび、雑誌社やレコード会社までつくる。一方、母親がギャンブル狂いで財産を食いつぶす。赤字がかさむなか起死回生を期して英米への進出を目指すが、事故死。39才の若さあった。

■2時間29分の長い映画だが、数十曲のロックやバラッドとダンス等が披露され、楽しい。心が弾み、それだけでも十分酔せ疲れた脳を休めてくれる。ハリウッドのミュージカル映画のような派手さはないものの、心に沁みる。主役のジェレミー・レニエが、小心で神経質そして傲慢なクロード・フランソワ役を見事に演じている。歌にはクロード・フランソワの失恋や父への思い等々「私」の部分がこめられていて、親しめる。 7月20日より渋谷BUNKAMURA他で公開。癒やしを求めたい人にお勧めの1作です。
by katorishu | 2013-05-29 08:00 | 映画演劇
 5月26日(日)
■奨学金の返済滞納者が増えているそうだ。大学に「誰でも入れる」ようになり、奨学金利用者が増え、結果として滞納者も増える。奨学金をあつかっているのは日本学生支援機構である。この機構を利用した奨学生は、1998年度の50万人に対し、2009年度には115万人へと急増した。今は更に増えているに違いない。問題は滞納者の増加である。卒業しても生活が苦しかったり、仕事につかなかったりで、返済できない人が増えている。

■もうひとつ問題がある。国立大学の授業料が以前にくらべ遙かに高くなっているのである。文科省によると、1975年には年間36,000円だった国立大学の年間授業料が、平成17年には535,800円に値上がり。その差15倍弱である。1975年から現在までの消費者物価指数は2倍弱。実質的に7倍以上の負担が現在の大学生たちに課せられている。多くの学生が親からの仕送りでは足りずにアルバイトと奨学金で、学費や生活費をまかなっている。

■スマホや携帯、パソコン、プロバイダ接続料金など、以前の学生には無縁であった出費も増えていて、それも奨学金滞納の一因かもしれない。中には払える能力があるのに、払わない人もいるだろう。が、多くは払いたいのに払う余裕がないのである。昭和初期「大学を出たけれど」という言葉が流行った。あの小津安二郎が無声映画で『大学を出たけれど』をつくり大変話題になった。あの当時、大卒で就職できたのは3割ほどであった。当時は、大学に行く層は限られており、同年の人口の1割にも満たなかった。(数%)。

この続きは
by katorishu | 2013-05-26 12:32 | 社会問題
 5月20日(月)
■月曜日はなぜか雨の日が多い。勤めているわけではないので、通勤電車の苦を味わうことはないが、やはり朝は朝日がさしてこないと気分が晴れない。昨日、ひさびさに日本映画を見た。DVDで新藤兼人監督の1999年制作の『生きたい』だ。排泄の失敗を繰り返す老人(三國連太郎)と、同居している躁鬱病の娘(大竹しのぶ)が主人公で、暗鬱な題材をコミカルなタッチを加えながら描きだす。高齢化時代にはいり、社会が「用なし」になった老人をどうあつかうか、深刻かつ現実的なテーマに迫る。

■同時並行で、三國連太郎役の老人が病院からくすねてきた「姨捨伝説」の本の内容が、モノクロ映像で描かれる。すでにいろいろな映画監督が描いてきた素材だが、新藤監督らしい迫り方で、魅せる。三國と大竹のコンビはユニークで、人物の描き方も「容赦のない」という形容がぴったりのエグリダシ方。それがユーモアの領域にたかまっている。三國連太郎の演技も三國ならではの名演技だが、とりわけ大竹しのぶの演技に感嘆した。躁鬱を演じる娘役のビミョウな表情の変化を、これほど多彩かつ魅力的に演じることのできる女優は、日本ではほかにいないのではないか。そう思わせるものをもっていて引き込まれた。もちろん監督の引き出し方のうまさもあるが。

この続きはこちらから
by katorishu | 2013-05-20 18:58 | 映画演劇
 5月16日(木)
■ハーモニー・コリンという監督の映画を初めて見た。マスコミ試写で見たのだが、六本木のシネマートの試写室は上映25分前にいったのに、ほぼ満員。補助席に座ることに。ハーモニー・コリンは1995年『キッズ』の脚本を、わずか19歳で書いた早熟の天才肌の監督である。案内状がきたときからせひ見ようと思っていた。普通のハリウッド映画とひと味もふた味も違った作りで、ひきこまれた。エンターテインメントでありながら、単なる娯楽を乗り越えた刺激的な作品となっている。

■話は単純で、地方都市の女子大の寮で生活する4人の女子大生が、春休み(スプリング・ブレーカーズ)退屈をまぎらわそうと、フロリダにでも遊びに行こうと思う。しかし、お金がない。彼女たちはアルコールと薬をやっていて、なんとなく面白くない日々を送っている。だったら強盗をやってお金を手にいれたらと一人がいいだすと、4人とも賛成。事の善し悪しなど考えずに覆面をしてレストランに侵入、ピストル(じつは水鉄砲)で客や店を脅し大金をまきあげる。そして一路フロリダを目指す。

■強盗なんかビデオゲームみたいなもんよ、お芝居をやってるつもりでやればいい、という軽いノリで、まるで子供のように直情径行に振る舞う彼女たち。フロリダの海岸では4人ともビキニ姿になり、同じ類の若い男女とエロチックに踊り狂う。アルコールをのみ、大麻やコカインもやり、きわめて「ハイ」になり、まるで「夢のような」時間をすごす。そんな4人の前に一人の怪しげでリッチな男が現れたことから、彼女たちの「夢のような時間」に変化が訪れる。この男、ジェームズ・フランコという1978年生まれの個性的な役者が演じるのだが、じつにいい味をだしている。一時期の奥田瑛二を思わせるところがあり、じっさい何を考えているのかわからない不思議な人物設定だ。

この続きはこちらから
by katorishu | 2013-05-16 09:54 | 映画演劇
 5月14日(火)
■時代はどうもエロ・グロ・ナンセンスに向かっているようだ。昨日、携帯パソコンをもってマックに入り、レンタルビデオ店で借りたアメリカのテレビドラマ(「カリフォルニゼーション」であったと記憶する)を見た。妻と離婚した売れない作家を主人公にした30分で1話の連続ドラマだ。ちゃらんぽらんな作家で、とにかく女好き。周囲も性的におおらかで、30分の中にかなりの部分、セックスシーンが登場する。

■性的に比較的自由度が濃いアメリカも、ひところテレビではいろいろと枠をはめられ、映画のような濃厚なラブシーンは希であった。それが、いまやバイオレンスと並んで性的シーンの氾濫するドラマが、一般的になっている。逆に考えれば、アメリカはそれだけ成熟し、腐食度の強まった社会になったということである。日ごろ、ぼくが考えている方向にどんどん流れていることに、あらためて驚く。

■「昭和エロ・グロ・ナンセンス」(WEBRONNZAで連載)でぼくが仮説として提示している柱は2つある。ひとつは、アメリカ方式の試みは、日本では数年遅れで必ず成功する、ひとつは時代の閉塞感が強まると、エロ・グロ・ナンセンスが流行る。特に「エロ」である。病んだアメリカでテレビドラマにまで、濃厚なセックスやゲイやレズが盛り込まれ、それが一定の人気を得ているのである。以前であったらモラルに反するとして強い批判をあびたものが、今は称賛され、ごく当たり前のこととして通っている。

■そういう時代といってしまえば、それまでだが、やや誇張していえば、アメリカは無意識のうちにも、次の世代の「芽」を出させるため、ことさら性的なシーンの横溢する作品をつくっているのではないか。つまり土壌の養成である。もちろん作り手は限られた「プロ」だが、大衆娯楽である以上、ビジネスとして「売れる」作の開発を考える。ここから何か意味あるものが生まれるのか、それともこのままズルズルと沈んでいくのか。どちらがいいか、誰もわからない。それでも、どちらかを選択するのは、「一般国民」つまり、ぼくも含めた「マス(大衆)」である。僕の仮説に従えば、このままだと、いずれ日本は「マス」に引きずられ、かなり早い時期に衰亡にむかう。
by katorishu | 2013-05-14 01:55 | 文化一般
 5月10日(金)
■過日週刊誌に全国の空き家が750万戸に達したという記事があった。建てすぎということもあるが、人口減によって、借り手、住み手がいないのである。地方ばかりでなく東京でも空き家が急増中で、とくに古い木造家屋や小さな庭などが何年も放置されたままだ。雑草がはびこり家屋はいつ倒壊するかわからず、近隣では困惑しているという。築4,50年たった古いマンションやビルも多くなっている。都心のオフィスビルでも空き室が目立つ。

■少子高齢化を反映して空き家ひとつとっても「社会問題」になっているのである。平成22年の人口統計によると日本人の平均寿命は男性が79,1歳、女性が86,3歳だという。21世紀の半ばには65歳以上の「老人」が人口の40%近くになるらしい。そこに至るまで社会の隅々に、思ってもいなかったような問題が発生する。献血ひとつとっても2027年には100万人分の血液が足らなくなる。健康不安も増すだろう。普通にただ生きることが、次第に困難になってくる気配が強い。

この続きはこちらから
by katorishu | 2013-05-10 17:12 | 社会問題
 5月5日(日)
■本日は子供の日。昔は端午の節句といい、鯉のぼりをあげる家も多かった。今、鯉のぼりをあげている家を見ることはほとんどない。日本の伝統的習慣が軽視され、欧米の習慣がすっかり定着してしまったようで、ぼくなど苦々しい思いでいる。日本の伝統的な習慣は商業主義にのりにくく大企業がからまないので、衰退していったのか。大いに問題である。

■総務省の統計によると、子供の人口は減り続け32年連続で記録を更新しているという。一方、65歳以上の「高齢層」は3000万人を突破した。子供の数はその半分程度。これが歴史的にみてどれほど異常な事態であるか、認識しておいたほうがいい。少子高齢化のもたらす困難さは、これからが本番である。今後、2,30年間、日本はこの問題に悩まされ、社会がまともに機能しなくなる恐れもある。

■政治家や霞ヶ関の官僚が、本気でこの問題を深く考え、憂えているとは思えない。自分の出世や保身、自分が議員であり続けること等に比重をかけ、基本的に現状維持を望んでいるとしか思えない。システムが大きく変わることは、自分たちの立場を危うくさせるので、本気で対策に取り組まない。恐らくそんなところだろう。すでにタイタニック号の状態にあるのに現実を直視せず、期待値で動いている人たち。危ないなと改めて思う。子供は国の宝といわれたが、もう一度この言葉をかみしめることだ。今後の「日本問題」は「少子高齢化」問題といっても過言ではなく、これをどう解決していくか、世界も注目している。国全体の問題であり政府のやるべき最優先事項の一つである。
by katorishu | 2013-05-05 20:20 | 文化一般
 5月4日(土)
■最近地上波テレビほとんど見ていないので、うとくなっているのだが、2時間ドラマが復活しているという。ドラマの復活は結構なのだが、多くは刑事もの。連続ものも刑事シリーズが圧倒的に多く、あらためて見る気も起こらない。以前、自分が刑事物のシリーズドラマをそれなりの本数書いていたので、天にツバする気分ではあるが。
 一方、アメリカのテレビドラマを見ていると、彼我の違い・落差に愕然とする。

■「アメリカのテレビドラマが面白いですよ」とテレビ評論家他複数の人からいわれ、この数ヶ月、宅配のレンタルから取り寄せて見てみた。なるほど、構成、演出、役者のうまさ、金の掛け方、どれひとつとっても溜息がでるほどだ。日本製は陸上ランナーでいえば1,2周後れという印象だ。最近見たのは『グリー』と『ナース・ジャンキー』。いずれも45分前後のシリーズで1話でエピソードが完結する形。

この続きはこちらから
by katorishu | 2013-05-04 11:30 | 映画演劇
 5月1日(水)
■昨日、渋谷のヒューマントラストシネマで東宝制作の映画『プラチナデータ』を見た。NHKを去年退職し映画監督に転身した大友啓史の監督作品。テレビドラマ『ハゲタカ』や大河ドラマ『龍馬伝』などで独自の映像表現をつくりだした人の作品なので、期待して見た。

■東野圭吾の小説が原作で、『DNAデータを基に犯罪捜査が行われる近未来を舞台に、自らが携わるDNA解析捜査で連続殺人事件の容疑者となってしまった科学者の逃亡劇を描く。天才科学者から逃亡者へと転落する主人公には、嵐の二宮和也。彼を執拗に追跡するベテラン刑事に豊川悦司がふんするほか、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏ら多彩なキャスト陣』(シネマトゥデイより)。

■133分の長丁場で、力が入っていた。前半は緊張感のある運びと画面で、ひきつけられた。これは「すごい作になる」と思っていたのだが、後半、犯行の動機や謎をといていく部分になると、回想シーンが多く、ダイナミックさが薄れ、やや説明的で、だらけた印象になった。要するに長いと感じてしまった。回想は往々にして「説明」になりがちなので、気をつけないといけないのだが。豊川悦司が非常に存在感のある演技をしていて、印象に残った。

この続きはこちらから
by katorishu | 2013-05-01 11:07 | 映画演劇