カレンダー

<   2015年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 2月28日(土)
■フランスを代表する詩人、ジャン・コクトーの原作・脚本・監督の映画「オルフェ」を見た。ギリシャ神話からコクトーがヒントを得て1949年に創った映画だ。以前、DVDで買ったものの封も切らずに放置しておいたもので、昨夜、たまたま本棚の隅でみつけたので見た。
シュールでイメージ豊かな「映像詩」になっている。
b0028235_11113440.jpg以前、コクトーの「オルフェの遺言」であったか、映画館で見て、あまり理解できなかったので、ちょっと敬遠していたが。さすが「本物」はちがう。

■ところで昨夜、妙な夢を見た。日傘をさした(多分)若い女性が向こうからやってくる。スタイルがよく魅惑的なのだが、近づくにつれ、女性に表情がない。瞬間、身体的恐怖を覚えて逃げようとするのだが、体が思うように動かない。必死になって逃れた。目がさめ、眠ったところ、朝方見た夢の中に、またその女性が出現した。一晩で、同じ人物の登場する夢を、初めてみた。怖くなって必死に逃げ、喉がからからになったが……。

■その日、久々に上野でテレビ関係者と痛飲したため、酒精の毒素が影響したのか。あるいは「昭和エロ・グロ・ナンセンス」の原稿を書いていることが一因か。異性に、勝手に、過剰に、思い入れ、つきまとう、一種の精神疾患に「エロトマニア」がある。アメリカの女性精神科医が患者の女性につきまとわれて困惑の極みに陥った体験記がある。分厚いその本を読み、「エロトマニア」に興味をもった。
これを素材に作品を書けるかどうか、関連書籍や資料を読んでいる。それもどこかで影響しているに違いない。
それにしても「夢」とは不思議な現象だ。創造の宝庫である、とコクトーの映画を見てあらためて思ったことだった
by katorishu | 2015-02-28 11:12 | 映画演劇
 2月25日(水)
■世界経済の牽引役であった日本だが、起業となると「起業後進国」である。起業する人自体が少ないし、起業=失敗・大借金という図式が多くの人の頭の中にできているようだ。

■しかし、それで臆して「安全」ばかりを狙っていては日本経済の未来はない。今年4月24日、世界最大規模の起業支援イベント「スラッシュ」が日本で初めて開かれる。スラッシュは起業支援のお祭りといってもよいもので、2008年に始まり、今では80カ国余りから1万4000人が集まるという。
b0028235_9351195.jpg
 運営はすべて英語で、国内外の学生にも運営協力してもらうとのこと。

■アメリカなどでは最優秀の大学生は大企業などに就職せず、起業するケースが多い。ベンチャー精神が生きているのである。戦後、日本人はゼロから出発したこともあり、ベンチャー精神で廃墟同然の日本を経済大国におしあげた。今、そういう活力が若者にも壮年にも老年にも、あまり感じられない。ぜひ、こういうイベントに顔をだして刺激を受けて欲しいものだ。

■ついでながら起業ものとエンタメ小説をかねた拙作「渋沢栄一の経営教室Sクラス」(日本経済新聞出版)発売中です。b0028235_9363784.jpg絶体絶命のピンチに陥った16歳の定時高校生が、幕末にタイムスリップして、青年期の渋沢栄一と出会い、渋沢と8年ほど行動をともにし、「日本の資本主義の父」といわえる渋沢から、人生を学び、現世にもどり「人を豊かにすることによって自分も豊かになる」というシブサワスピリットで起業し成功していく物語です。ぜひご一読を!AMAZONに詳しい商品説明があります。
by katorishu | 2015-02-25 09:38 | マスメディア
 2月24日(火)
■大阪南堺署の20代の刑事が、80代の元校長にたいし、極めて威嚇的取り調べ。元校長がボイスレコーダーに記録していたのを、テレビが公開。隣家との境界をめぐる争いで、元校長が隣人をなぐb0028235_2316891.jpgり怪我をさせたとのことだが、大阪地裁では隣人の傷は元校長によって負わされたものでないとして不起訴。

■弁護士のすすめもあって、元校長は録音していた。この20代の刑事の威嚇的で唾棄すべき言葉。聞いていて、気分が悪くなるくらい腹が立った。権力(金力も)をカサに威張り恫喝的になる人間は最低である。取り調べの可視化を全面的に適用すべきと改めて思う。
by katorishu | 2015-02-24 23:17 | 社会問題
 2月23日(月)
■竹中労の骨太の評伝「美空ひばり」を一気に読了した。天才的才能をもった美空ひばりに対する見方が、大きくかわった。仕事の必要があって読んだのだが、蒙を啓かされたといってよい。母子一体となって世間の偏見、蔑視にいかに戦ったか、その闘いの記録であり、ルポルタージュの傑作といってよい。
b0028235_2254434.jpg

■一例を引こう――NHKののど自慢に出演したひばりは、『悲しき口笛』をうたった。ところが、歌い終わっても鐘が鳴らない。失格の一つの鐘すら鳴らなかった。つきそいの酒匂正が放送局員に「どういうわけだ」とたずねると、「子供が大人の歌をうたっても審査の対象にはなり得ない」という返事であった。そして、「ゲテモノは困りますな」とつけくわえた。
 ひどい屈辱だった。ひばりの幼い魂に、怒りを烙印のように刻んだ(何がゲテものだ。もうこんなところで唄ってやるものか……)
 それから現在にいたるまで、ひばりは「紅白歌合戦」を除いて、自分のワンマン・ショーでなければNHKの番組に出演しない。

★敗戦後の「植民地化」された『文化』のなか、ひばりほど「日本の庶民の心情」に寄り添い、庶民の心情を歌った歌手はいない。ひばりはいう。
「歌います。すると、お客さまの心がピーンと伝わってくるんです。目をつぶっていても、隅のほう、大むこう、上手、下手、劇場(こや)のあらゆる場所から楽しい気分や悲しい気分が、はねかえってきます。それと一つになること、溶けこんでいくこと……。
どういうふうにって、具体的に説明しろといっても無理よ。そうねえ、網を打つでしょ。それをギューッと自分のほうにひっぱってくる。あの気分と似てrるんじゃない?でも、そのとき、自分のものは消えちゃうの。網のなかのお魚にね、自分もなっちゃわないとダメなのよ」

★昔、歌手の誰もが憧れの対象だった日生劇場からの出演依頼を、あんな「貴族的」で「上流社会」の匂いのする劇場では歌えませんといって断った。その意気やよし。

★美空ひばりが亡くなった夜、某テレビ局のディレクターと新宿のはずれのスナックで、4,5時間、ひばりの唄をカラオケで歌いまくったことを思い出す。

▲「渋沢栄一の経営教室Sクラス」好評発売中です。
日ハムファイターズの栗山監督が選手たちに読むようすすめた作品です。

by katorishu | 2015-02-23 22:58 | 映画演劇
2月23日(月)
■大新聞はアベノミクスをおおむね評価しているようだが、普通に生きている日本国民で、アベノミクスによって暮らしが良くなったと感じているのは少数派ではないのか。本日発売の週刊ポストが『アベノミクスの恩恵企業に「免税特権10兆円のからくり」という特集を組んでいる。
b0028235_15505826.jpg

■日本の法人税は外国に比べて高いとマスコミは報じるが、週刊現代の計算では「本当の税率はすでに25%」で決して高くない。2月17日、政府は法人税を2年間で3,29%さげる税制改革法案を国会に提出した。これによって、地方税をあわせた法人税は現在の約35%から16年には31%に引き下げられる。じつはこれにとどまらず、経団連は3年をめどに25%にまでひきさげるべきと画策している。

■財務省の国際比較によると、日本の法人税率はアメリカの約41%より低いが、フランス(約33%)、ドイツ(約30%)、韓国(約24%)、イギリス(23%)と比べると、全く違う数字がでている、という。
連結決算で2兆4410円もの税引き前純利益となったトヨタは、(なんと)5年ぶりに法人税を納付したが、実際に負担した税率は22.9%、キャノンが27.6%、武田薬品工業は18.8%。法律で定められた税率よりはるかに低い。

■これら3社だけが特別ではない。詳細は週刊現代を読んでいただくとして、日本では中小企業を中心に7割が赤字で税金を払っていない。払っているのは主に大企業だが、「減税上位」にある企業と、自民党への「献金上位」の企業が符号している。租税特別措置法という例外をもうけて、「救済」しているのである。
一方、国民の実質賃金は18ヶ月さがり続けている。大企業に厚く、庶民には薄い。これがどうも現実のようだ。

■ところで、こういう実態を大マスコミは報じない。報じても小さく報じる。そのため、アベノミクスで景気がよくなったと思い込んでいる国民も多い。根拠もないのに、そう思い込まされている。「国民はアベノミクスの欺瞞に目を開くべきだ」と週刊ポストは結論づけている。
エコノミストはもちろん、政府関係者も霞ヶ関の官僚も、「他人を豊かにすることで自分も豊かになる」「貧は社会的コストが高くなるので作らない」と一貫して主張してきた渋沢栄一の爪の垢でも飲んで欲しいものだ。

★「渋沢栄一の経営教室Sクラス」好評発売中です。
日ハムファイターズの栗山監督が渋沢栄一を高く評価し、オフシーズン、選手に「論語と算盤」を読b0028235_1554770.jpgませている。しかし、内容がむずかしいので、今年は「渋沢栄一の経営教室Sクラス」を読ませたいと、共著者の田中渉氏に語り、それがヤフーやライブドアのニュースになった。
by katorishu | 2015-02-23 15:55 | 社会問題
2月22(日)
■昨日、所用で久々に実家のある八王子へ。(といっても古い工場があるだけで今は誰も住んでいない)。写真は子供のころ遊び場のひとつであった川口川と浅川が合流するあたり。昔は清流が流れ、魚影も多く、手で石の下にいる魚をとることができた。堤防から河原に簡単に降りられた。堤防の斜面にやや太い木がはえていたので、そこに近所のガキたちと板を張り、草で屋根をつけ手製の「小屋」をつくって遊んだりした。
b0028235_17111840.jpg
作業中、一人の子供がすべって川に落ち流されていく姿を妙に鮮明に覚えている。下流の小さな滝で助けることができたが。イタズラばかりやっていて、「うちの柿を全部、俊坊にたたき落とされた」などとよく家に怒鳴りこまれた。後年「トム・ソーヤの冒険」を読んだとき、あ、同じことをやっていると思った。

■浅川をくだると多摩川に合流する。その辺りに東宝や日活の映画スタジオがあったためか、よくこの界隈は映画のロケに使われていた。この写真を撮っている橋の建設中(木製だった)、ここに田崎潤主演の時代劇「下郎の首」のロケセットが組まれ、2週間ほど撮影されていたと記憶する。鉢巻きをまいたフランキー堺が女子高生の先頭になって右手の堤防を走っていくシーンや、堤防の斜面で大泉晃が女性とデートをしていて盛んに石を川に投げる光景等々。「映画ってずいぶん時間をかけて撮るんだな」と思った。

■まさか後年、自分が映像制作にかかわるとは全く思わず、興味深く見守っていた。それも今は昔。往事の面影を残すものは何もない。織物業壊滅のあとも、界隈で独自ブランドをつくって営業をつづけていたSという染め屋も消えてなくなったとか。
ここからやや離れた所にある甲州街道ぞいの「荒井呉服店」(ユーミンの実家)は、まだ健在だった。ほかに乙女屋、伊勢屋、日野伝等の店が残っているのは、わずかに救いである。世は常ならず、「無常」という言葉が胸にきた。
by katorishu | 2015-02-22 17:12 | 文化一般
2月19日(木)
b0028235_1214952.jpg■拙著「渋沢栄一の経営教室Sクラス」(日本経済新聞出版社)、共著者の田中渉氏が、プロ野球の日ハムファイターズの栗山監督と対談したことがキッカケとなり、本書が以下のニュースで取り上げられています。
 ご覧いただけましたら、幸いです。



ネタりか:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150218-00005471-sinkan
ライブドアニュース:http://news.livedoor.com/article/detail/9799275/
アメーバニュース:http://news.ameba.jp/20150218-518/
BIGLOBEニュース:http://news.biglobe.ne.jp/trend/0218/sjp_150218_8040800888.
html
@niftyニュース:http://news.nifty.com/cs/item/detail/sinkan-20150218-5471/1.
htm
Exciteニュース:
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150218/Sinkan_index_5471.html
ニコニコニュース:http://news.nicovideo.jp/watch/nw1456026
ガジェット通信:http://getnews.jp/archives/824458
J-CASTニュース:http://www.j-cast.com/bookwatch/2015/02/18228189.html
T-SITE:http://top.tsite.jp/news/o/22402093/
by katorishu | 2015-02-19 12:03 | 文化一般
2月16日(月)
先日、仮眠から起きて深夜パソコンに向かいYouTubeを見ているうち、英語でcautionの文字。クリックすると中東での虐殺の模様。黒服やオレンジ色の服ではなく、双方ともジーンズにTシャツ。膝まづかされた10人ほどの男が後頭部を
b0028235_15403657.jpg

無造作に撃たれて行く。
見ていて気分が悪くなった。

写真は本日発売の夕刊フジに載ったエジプトのコプト教徒の首を切る「イスラム国」の黒服の兵等。YouTubeに載ったものだという。(同じ新聞に連載中の大竹まことさんの「自伝」の「アバウトな」人間像にホッとする。聞き手は私です)

なんにせよ純な「原理主義」の怖さを感じる。宗教、経済等々、「原理主義」に共通するのは、自分たちのみが絶対的に正しいという思い込み、信念だ。
いまこそ「玉虫色の決着」や「グレーゾーン」を特色とする「日本の伝統文化」の出番だと思うのだが。
白か黒か以外に認めないとする文化、慣習の跳梁跋扈は、人類の破滅を早める。いずれ白黒の決着戦に核兵器が使われる。
by katorishu | 2015-02-16 15:28 | 政治
2月15日(日)
■北海道日ハムファイターズの栗山英樹監督は、大変な渋沢栄一ファンで、シーズンオフには選手たちに渋沢の「論語と算盤」の現代語訳を課題図書として渡して読ませてきたという。
このたび、「渋沢栄一の経営教室Sクラス」(日本経済新聞出版)の共著者であるイラストレーター・
b0028235_16122599.jpg
作家の田中渉氏が、沖縄名護でのキャンプ地で栗山監督と対談し、ヤフーニュースで紹介された。

■栗山監督は、「論語と算盤」は10代20代の選手にはすこし難しいところがあるが、これ(「渋沢栄一の経営教室Sクラス」)なら、主人公が16歳の定時制高校生だし、タイムスリップものでもあるし、非常にわかりやすく、渋沢栄一の精髄を理解できると思うと。「他人の富のために自分の持てる力の全てを尽くした渋沢栄一は野球にも応用できる」が栗山監督の持論だ。

■プロ野球選手が「渋沢栄一の経営教室Sクラス」を読み、野球のスキルばかりでなく、生きるカテとして「シブサワスピリッツ」を学び、血肉にしてくれたら嬉しい。これをきっかけに「メインターゲット」である「若者」がこの本を読んでくれたら、なお嬉しい。

■「経営教室」というタイトル名が影響したのか本屋のビジネスコーナーにしかおかれず、エンタメ系の本棚にないので、メインターゲットの「若者」に届いていないキライがあったが、日ハム監督、ご推薦とあれば、少しはメインターゲットに情報として届くのではないか。期待したい。
AMAZONで「渋沢栄一」で検索すると詳しい「商品説明」がでます。
よろしくお願いします。
詳細は以下のURLで。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150215-00010002-baseballc-base
by katorishu | 2015-02-15 16:14 | 文化一般
 2月14日(土)
★以前、試写で見て当ブログでも紹介しましたが、まだ上映中なので、おすすめの作として記します。
b0028235_19274378.jpg
音楽によって予想外の出会いがうまれ、癒やしの物語に昇華される映画です。
心が疲れている人、なにをやってもうまくいかない人、以前はうまくいっていたのだが今落ち込んでいる人、退屈な時間を過ごして入る人、人恋しい人……等々、ぜひご覧ください。
キーラ・ナイトレイの歌に、堅くなった心がほぐれます。
b0028235_19284497.jpg
サスペンスやホラー、アクションものに食傷した人におすすめです。

★PRをひとつ
「渋沢栄一の経営教室Sクラス」(日本経済新聞出版)好評発売中です。
 苦境に陥った16歳の少年が幕末にタイムスリップして青年・渋沢栄一と出会い、「渋沢体験」をへて現世にもどり起業し成功させていくいく物語です。ビジネス書とエンタメ小説の両面をもった作品です。AMAZONの商品説明を読んでいただけましたら、幸いです。
by katorishu | 2015-02-14 19:30 | 映画演劇