<   2015年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

11月29日(日)
■僕は新聞をコンビニで買うことにしている。以前は一般紙と経済紙とスポーツ紙を3紙、宅配でとっていたこともあったが、ちゃんと読む時間がなく、部屋にたまるばかり。日本には世界で類をみない「記者クラブ」制度があって、そのクラブに入っているメディアに、特に官庁は優先的に情報をながす。そのため、各新聞、テレビ等、どうしても似たような内容のニュースになる。

■最近は安倍政権をめぐって、昔の芸能新聞であった「都新聞」の血をひく東京新聞が「反安倍政権」の姿勢を鮮明にしていて、「世相ウオッチャー」としての僕にとっては貴重な情報源のひとつだ。コンビニにいくとさまざまな新聞がならんでいるので、週刊誌を買う感覚でどれかを買い、「街の仕事場」であるコーヒー店に入って目を通す。
b0028235_1283729.jpg

■本日目についたのは東京新聞の一面、東京裁判をめぐって半藤一利氏と保阪正康氏による対談だ。半藤氏は17歳で東京裁判を傍聴しているという。A級戦犯の一人として裁かれた元イタリア大使の白鳥敏夫の息子さんと旧制高校時代の友人であったことから、関係者席に入ることができたのだという。半藤氏がまず感じたのは、戦争のリーダーたち(被告のA級戦犯)がみんなくたびれた老人であり、これじゃあ戦争に勝てるわけがないと思ったとのこと。
戦争が終わったとき、僕は2歳11ヶ月。今でも鮮烈に覚えている光景がある。横浜に上陸した米軍の戦車部隊が横浜街道をへて八王子から横田に向かうとき、僕は祖母に手をひかれて、ゴーゴーと地響きをたてて走ってくる戦車部隊をこわごわ見ていた。イラク戦争でバクダットに進行してきた米軍の戦車を見守っていたイラクの子供たちの映像を見たとき、往事の光景が蘇った。

■いまでも、はっきり覚えていることがある。僕の後ろにいた日本人の男が戦車の列をみて「こんな凄いのが相手じゃ勝てっこねえよ」といった。半藤氏も東京裁判を傍聴したとき、こんなよれよれの老人が指導者では勝てるはずがないと思ったという。(敗戦当時、僕の父は徴兵されていて満州にわたり、消息不明。あとでわかったことだが、シベリアに抑留されていて、日本に帰国したのは昭和24年。僕が小学校にあがった年だ。したがって、僕は子供のころ「父親」というものを知らないで育った。)

■その後、僕は縁あって「東京裁判」を基軸にしたNHKの大河ドラマ「山河燃ゆ」の脚本を書くことになるのだが(市川森一さんと共同脚本)、ホテルに缶詰になって、戦争によって敵味方になってしまう兄弟の相克の姿を描いているとき、いつも祖母に手をつながれて見た米軍の戦車部隊のこと等が脳裏に浮かんでいた。八王子は進駐軍の兵士や家族の「消費市場」になっていたので、日々彼らの姿を見る機会があり、勝者と敗者のあまりに大きい落差に愕然とし、戦争にまけたのだから当たり前と、思ったりもした。僕など「日本の貧しい子」の典型例として米軍兵士からずいぶんと写真をとられた。当時、腹をすかせていた子供たちが進駐軍にギブミーチョコレートと手をだし、ねだったというニュースがよく流れたが、僕は一度もそれをやった記憶がない。祖父から厳にそういう浅はかなことはするなといわれていたこともある。
「山河燃ゆ」の原作は山崎豊子さんの小説「二つの祖国」だが、原作にない部分も当然相当量ある。

■右翼やアメリカ大使館から圧力もあったと聞いていた。そういうことには敢えて耳を傾けず、なぜこんな戦争が起きてしまったのか、第一次世界大戦であれだけに惨状を残しながらまたも……と、内外の指導層の浅慮に嫌悪を覚えつつ、鉛筆で原稿用紙を埋めていた。最近のドラマは「直し」が10回以上もあるのが普通とのことだが、直しはほとんどなく、僕の書いた台詞、シーンがそのまま放送されたと記憶する。

■最近、何人もに「山河燃ゆ」は毎回、劇的な場面が豊かで、面白く勉強になった。あんな面白いものをなぜ再放送をしないのか、といわれたことがある。夏にDVDボックスが出たので、全巻をまとめて見ることができるが、難点は前編だけで2万円近くと値段が高いこと。(全部で50巻あるので、けして高くないという意見もある)
ひところNHKオンデマンドで見ることができたが、まだ見られるのかどうか。
若い人に「山河燃ゆ」を見たことがあるかと聞くと、そんな番組があったこと事態を知らない人が多い。地上波で放送すれば、多くの人が無料で見られるのに、という知人もいる。
本日の東京新聞の半藤・保坂対談を読んで、さまざまに思いをめぐらせたことだった。
 
■ところでアメリカ占領軍による統治下の八王子周辺の出来事を、10歳の少年の目から描いた「お十夜」という小説を完成させたのだが、「長い」とか「アナクロニズム」とかいって、未だ氷漬け。もっと時間が経過して「時代物」になったときに出るのかどうか。そのとき、僕はもう黄泉の国にいっている……。
by katorishu | 2015-11-29 12:09 | 政治
11月27日(金)
■昨日、日暮里駅近くのD倉庫でスペインの劇作家アルバールの2本立て『二人の死刑執行人』と『ファンドとリス』を見た。いずれも勝田演劇事務所公演。
スペイン戦争の時代、アラバールが実体験した父母の苛烈な事件を素材にしたもので、僕はこの劇作家の舞台をはじめてみた。
b0028235_15555945.jpg

■アラバールが3歳のとき、スペイン内戦が勃発。画家で共和派の仕官だった父は、カトリックの母によりフランコ政権に密告され、逮捕。刑務所内で自殺未遂のあと、精神病院を脱走し、行方不明となった。
『二人の死刑執行人』は50分ほどの舞台で、まさに両親の体験をもとに劇に仕上げた。父親は母の密告により刑務所内で殺害される――という設定に置き換えられていた。
 母親を演じる村松恭子、長男役の岩戸秀年、次男役の吉田侑生ともに、いい味をだしていて、久々に「新劇」らしい舞台を見た。

■後半の『ファンドとリス』は、吉田侑生と森下くるみの「恋人同士」がメインの舞台で、母親の厳しい言動や父の刑死が「トラウマ」になっている次男(吉田)が、足が萎えて乳母車で移動するかないリス(森下)を、徹底していたぶり、最後は殺してしまう苛烈なドラマ。

■『二人の死刑執行人』のほうは筋立てがシンプルで、わかりやすかった。一方、『ファンドとリス』は旅の途中の三人の老人が「狂言まわし」として出てきて、苛烈さにユーモアをまじえる役割を演じていて、それなりに面白かったが、殺害の意味等、少々わかりにくく、世界に入っていきにくかった。
いわゆる「新劇ファン」には、別の見方もあるはずとは思うが。
12月30日まで日暮里のDー倉庫で上演中。
by katorishu | 2015-11-27 15:57 | 映画演劇
11月24日(火)
■毎日新聞(11月24日デジタル版)によると、パリ同時多発テロのような欧州域内のテロのほとんどが1万ドル(約120万円)以下の少額で行われ、資金を親組織など外部に頼らない「自力調達型」が増えているという。ノルウェー国防省の防衛研究所が、1994〜2013年に欧州で計画されたテロ事件40件について、裁判資料などを基に推計したもので、テロにかかる費用は、75%に
b0028235_14444049.jpg
あたる30件が1万ドル以下で、2万ドル(約240万円)を超える事件は04年にスペイン・マドリードで発生した列車爆破テロなど3件だけ。

■誰でもその気になれば重大なテロを行える時代になったということだ。科学技術の飛躍的発展がこういうことを可能にしたのである。人類に幸福をもらたすはずであったが科学技術が今や、人類に甚大な損害をあたえかねない「アンチ幸福」のツールになった、といっても過言ではない。
原発しかり。

■こいう少人数でできるテロを従来の国と国との戦いである「戦争」という概念でくくってよいのかどうか。背後に宗教的原理主義等がからんでいりると、この「戦い」そう簡単に決着するかどうか。大変な時代になったものである。

■ひとつの文明を発展させた「利点」「長所」が、やがて文明を滅ぼす「欠陥」になるとは、よくいわれることだ。21世紀は、国や組織の指導者がよほど賢く、理性的な判断力をもたないと、人類の衰亡、いや滅亡に通じる。
by katorishu | 2015-11-24 14:45 | 社会問題
 11月23日(月)

■作家の藤本義一さんのアーカイブ(デジタル)公開中です。
以下のURLです。
http://fujimotogiichi.nkac.or.jp/
b0028235_105436.jpg

直木賞作家、脚本家、テレビ司会者等多彩な顔をもつ藤本義一氏。大阪に居をさだめ、日本放送作家協会関西支部の支部長を長く勤められ、後進の育成にも尽力された方です。
藤本義一氏の「全貌」が、国立情報学研究所のデジタル技術によってアーカイブ化され、誰でも無料で見ることができます。

もう7,8年前になるだろうか、西宮の藤本宅で、僕は藤本さんにインタビューしたことがあります。「放送人インタビュー」で。
穏やかに淡々と語る藤本さんのことが今も強く記憶に残っています。
文化・芸術面でも東京に「一極集中」されていくことを懸念されていました。
大阪をこよなく愛した方です。
上記のアーカイブにそのときのインタビューをまとめたものも入っています。

「藤本義一アーカイブ」で検索すると、トップページにでてきます。
ぜひ訪れてみてください。
by katorishu | 2015-11-23 11:00 | 文化一般
11月20日(金)
■10月25日にNHKで放送された『新・映像の世紀:第1集 百年の悲劇はここから始まった』を、遅ればせながら見た。
1914年、ほぼ100年前に始まった第二次世界大戦関係の貴重な映像でつづった「人間の愚行」の記録ということも出来る。科学技術の発達で、戦争の形が劇的にかわり、膨大な数の死者をだす契機になった。
b0028235_1711449.jpg


■あの大戦で使われた砲弾の処理は今もつづいていて、年間3000発が処理されている。そのうち1割が毒ガス弾。ヨーロッパ中に埋まる砲弾をすべて処理するにはあと300年かかるという。溜息がでる。
b0028235_1721386.jpg
(写真は今も処理している毒ガス弾と難民)

■この大戦前、40年間も平和がつづき飛行機をはじめ文明の利器が発明され、テクノロジーが人類の生活を飛躍的に向上させる、とほとんどの人間は諸手をあげてテクノロジーの発展を歓迎した。
ところが戦争になると、希望は打ち砕かれ、発達したテクノロジーが大量殺害の武器にかわって、多くの人々を奈落の底につきおとし……結局一千万単位の膨大な死者をだした。人間を幸福にするはずのテクノロジーが、悪魔の兵器と化したのである。

■この大戦で諜報のプロとして活躍した「アラビアのロレンス」は映画にもなり、欧米ではヒーローだが、番組ではじつは今日の中東の混乱をまねく端緒になったのは「ロレンスの裏切り」であると指摘する。
そのほか、20万を超える連合軍の兵士が梅毒にかかるなど、極めて興味深いことが、当時を記録したフィルムからわかる。出色のドキュメントといってよい。
YouTubeで見ることもできます。(違法なのですぐに消されると思いますが)。

■それにしても、戦争は悲惨で、むごいの一言につきる。当時、テクノロジーの発達が人類を滅亡の淵に追いやる「最終戦争」に結びつく、と警告したのはSF作家のH・Gウエルズだ。
 今また、世界大戦の導火線になりかねない事態が中東を中心に起こっている。テクノロジーは更に発達し、瞬時に百万、いや千万、億万単位の人を殺すことも可能になった。

■第一世界大戦前のような「テクノロジー万歳」とは、もはやいえず、テクノロジーは、むしろ「恐ろしい」と思えるようになった。
「テクノロジー」に奢るものは、「テクノロジー」によって滅びる――といっても過言でない時代になった。やれやれである。
by katorishu | 2015-11-20 17:02 | 政治
11月19日(木)
■だんだん寒くなってきた。体も寒いが、ふところも寒い。凍り付くようではないにしても。
発売中の雑誌「サピオ」が、来年からマイナンバー制度が実施された場合、どんなことが起こりうるか特集をくんでいる。先行の制度として韓国の「住民登録番号」がある。
b0028235_10351337.jpg
北朝鮮のスパイをあぶりだすために作られた制度だが、当局が国民の情報を集中管理し、個人のプライバシーが丸裸にされている。
サピオによれば韓国のハンギョレ新聞が「日本は(マイナンバー導入で)韓国式監視社会のドアを開けた」と書く始末。

■「行政の行政による行政」であると酷評する大企業の担当者の声もある。すでに相当程度、官による民の「監視」システムが進んでいるのに、新たなトンデモ制度が導入される。
「お上のやること」に反対の意志表示をすると、「反日」というレッテルをはる傾向もあり、窮屈で鬱陶しい空気になりつつある、と感じる。

■ボクなど「個人営業」なので仕事先(ギャラや原稿料を払う先)にナンバーを知らせなければならない。知らせないと支払いできないとのこと。
以前、ラジオドラマで東ドイツの秘密警察組織「シュタージュ」についてラジオドラマを書いたことがある。監視社会の実態は、滑稽そのもの。あれほど極端にはならないにしても、日本を「国民監視社会」にしてはいけない。

■もちろん「富裕層」の隠し金や脱税をふせぐ一面もあるが、買い物内容はもちろん病歴、事故歴等も当局に把握される。担当の公務員がその情報を知る。「守秘義務」があるにしても、公務員は同級生にも隣人にもいる。情報漏れも当然ありうるし。窮屈な社会になりつつあるが、釜のなかにカエルをいれて徐々に熱すると、カエルは熱くなっていくことに鈍感になり、耐えられない熱さになったときには、もう飛び出る力もなく「釜ゆで」になる。
そんなカエルにならないよう、国民は行政、政府を監視していかないと……。
by katorishu | 2015-11-19 10:35 | 社会問題
11月某日
■明治座で三田佳子さんと藤山直美さんの舞台を見たあと浅草へ。
伝法院通りで思いがけない人に出会った。

b0028235_13542418.jpg

明治座の芝居は橋田壽賀子脚本、石井ふく子演出。「かたき同志」。
藤山直美さんの舞台を初めて見たが、感嘆し堪能した。お父さんの藤山寛美のDNAか。大衆演劇の骨法を血肉にしている天性の役者。笑わせて泣かせるツボを小憎らしいほど心得ている。
観客の平均年齢は65くらいか。満席。終始お客さんから笑いがわいていた。笑って泣いて癒されて。

■三田佳子さんはコメディはあまり慣れていないはずだが、藤山直美さんとかなりいい勝負。
大いに笑い、癒されたし1万3000円の料金(S席)が高いとは思えなかった。
by katorishu | 2015-11-17 13:56 | 映画演劇
11月16日(月)

■先日、目下邦画での興行成績1位という映画「MOZU」(逢坂剛原作)を見た。TBSの連ドラで放送されたもののスピンオフとか。ドラマを数回見たが、テレビドラマ的でなく、映像に懲りすぎて見づらかった。
映画という1本にまとめた作では、どうなのか……そんな好奇心もあって見たのだが。
b0028235_8121118.jpg

■出だしからハリウッド映画を彷彿させるアクション場面がこれでもかと続く。それはそれで見応えがあった。暴力や殺人シーン等、確かに迫力があり臨場感にあふれ、日本映画の映像制作能力もハリウッドに近づいた、と思った。ただ、全体の印象となると、もうひとつ中身に入っていけない。
映像に力をいれすぎる作品に特徴的なことだが、「人間を描く」点がおろそかになる。
だから、胸にじーんと迫ってくるものが乏しい。ハリウッド映画の「大作」ものにいつも感じることと同じものを感じた。

■ 人の心のヒダ等の描写を切り捨て、意表をつく映像をこれでもかこれでもかと示して、お客をハラハラドキドキさせて画面に釘付けにする。それで、現にお客は入っているしOK……といわれれば言葉もない。アクションがことのほか好きな方には、こたえられない作品。フィリピンロケの場面など、シーンのひとつひとつは、出色の出来である。それで楽しめる人は、どうぞ。
by katorishu | 2015-11-16 08:12 | 映画演劇
11月某日
■執筆作業がすすまず、先日、気分転換に、近くの「品川宿」旧東海道をカミさんとブラブラ。
品川駅界隈には、タワーマンションや高層のインテリジェントビルが林立しているが、旧東海道に
b0028235_1546835.jpg
はまだ写真のような情緒ある古民家が残る。

b0028235_154729.jpg
この界隈、戦災にあわなかったため、戦前から続く家も少数残っていたが、いまは消える寸前。
b0028235_15473425.jpg
屋形船の出るところなど、昭和の時代、素朴な木造の家並みで情緒があったのに、今はコンクリートの塊に。

■2020年のオリンピックに向けて東京を「大改造」する計画らしいが、 東京をコンクリートで塗り込めてはいけない。

★「渋沢栄一の経営教室Sクラス」発売中です。AMAZONで詳細をご覧ください。
b0028235_155036.jpg
この本をもとにNHKFM連続ラジオドラマ「シブちゃん」、金曜日に最終回を放送。
by katorishu | 2015-11-14 15:50 | 文化一般
11月11日(水)
■文明は進歩したといわれるが、人間の「幸福度」という物差しで考えると、はたして「進歩」したといえるのかどうか。

■写真は――120年ほど前の日本で、よく見られた光景。
b0028235_837153.jpg
農村の子供達なのだろう、女の子たちは子守をしている。農繁期には子供も重要な働き手で畑仕事等を手伝った。(写真は「100年前の私たち」より)

■ぼくが子供のころの昭和20年代から30年代にかけて、まだ「子守」がいた。兄弟姉妹らの子守をするのではなく、他人の家に住み込んで、その家の子守をするのだ。
恐らく「口減らし」のため他家に住み込んだのだろう。行儀見習いの意味もあったのかもしれない。

■ある日、隣家に子守がきた。小学校にあがったばかりのぼくとあまり年がちがわない女の子だ。写真のように着物すがたで、隣家の長男をおぶって。一緒に遊んだ記憶がある。遊びに熱中して、背中の子は大丈夫かと思ったこともある。しかし、背負った子供をイジメたという話も聞かない。よそではあったらしいが。

■素朴な農村の少女であった。今はまさに隔世の感であるが……社会が当時と比べ、果たして良くなったのかどうか。人々は果たして幸せになったのか。「幸福度」という観点から考えると、少なくとも当時を少しでも知る僕としては、今が良くなった……と自信をもっていえない。
by katorishu | 2015-11-11 08:38 | 文化一般