カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 2月28日(日)
■NHKが報じていたが、今の大学生の1日の平均読書時間は29分。全く読書をしない大学生が45%。これは過去最高とか。
「読書をしない大学生」など形容矛盾である。以前、本を出すとき「前者ではこういう表現をしていたが」といった文を書いたところ、担当編集者に訂正できないかといわれた。「だって、香取さん、前者、後者の意味がわからない学生が多いんですよ」。

■一瞬信じられない気分だった。それも十年ほど前のことだ。今はもっと「劣化」しているのだろう。なにしろ、日本とアメリカが戦争をしたことを知らない大学生がいるというのだから。もっとも大人だって、本を読まないことをむしろ自慢げにいう人もいる。
b0028235_1613332.jpg

 読書をよくする人と、ほとんど本を読まない人とでは、数分話して入ればたいていわかる。本を読まない人には、その微妙な違いがわからないようだ。
希に本など読まなくとも、一流の仕事をしている人に例外は存在するにしても。

■僕は文筆業という職業がら本と無縁の生活など考えられない。一年365日、本を手にとらない日はない。書くうえで必要な文献だから読むことも多いのだが、とにかく本は多彩な内容を含み、面白い。
写真は僕の寝床の周囲。これでも過日整理したほうだ。たいてい、手を伸ばして触れた本を読みながら寝てしまう。5分もたたずに寝てしまうこともあるし、そのまま朝方まで読むこともある。半分眠っているような読書でも案外記憶に定着するものだ。

■僕にとって読書は快楽である。しかし、この調子では、そのうち、読書は快楽などというと、変人、奇人と言われるようになるかもしれない。ものを深く考えたりするには、言語機能が深く関係している。言語という「武器」を手にいれたからこそ、人間は過去を現在によみがえらせ、次ぎの世代に継承していくことができた。つまり文化の伝承ができたた。だからこそ他の動物との分離が起きたといってもよいくらいだ。歴史は言葉でつづるものである。思考も言葉で行う。

■読書をしない人は、おしなべてボキャブラリーが貧困である。貧困なボキャブラリーで考えると、どうしても紋切り型の思考になり、他人に左右されやすい人間になりがちだ。
 読書をまったくしない大学生(他の大人も)が半分以上になったとき、急速に「知的劣化」が進み、日本は「後進国」レベルに堕していく、と予言しておこう。
by katorishu | 2016-02-28 16:03 | 文化一般
 2月21日(日)
■昨日の雨のなか、三田佳子さん主演の舞台「スーベニア〜騒音の歌姫〜」を見にいった。渋谷のBunkamuraシアターコクーンで。主人公のジェンキンスは、100年ほど前に実在した「音痴」のソプラノ歌手だが、大変な人気を得、カーネギーホールを満席にした。
b0028235_19574977.jpg
その晴れの舞台で自分の歌が下手である事に気付き、1カ月後、76歳で亡くなる。彼女の人生をミュージカル仕立てで舞台化。ブロードウェイのヒット作である。
難しい役を74歳の三田さんは、まさに「力演」という言葉にふさわしく、見事演じきっていた。
3月6日まで。9日10日に大阪公演。

近く、メリル・ストリープ主演で、ハリウッドが映画化する。きっと感動作になるに違いない。
by katorishu | 2016-02-21 19:58 | 映画演劇
2月11日(木)
■以下は元NHK記者の池田信夫氏のブログから

放送局を(その批判の対象である)政府が直接監督しているのは、OECD諸国では日本だけだ。
郵政省が実際に電波を止めたことはないが、そう脅したことはある。80年代後半にNHKの島桂次副会長は、週刊朝日のインタビューで「放送衛星の予算の半分以上をNHKが負担したが、離島対策にしか使えなかった。国産衛星を打ち上げたい郵政省のやつらにだまされた」などと、電波行政を激しく批判した。

NHKの幹部が監督官庁を「やつら」と呼ぶのは職員も驚いたが、郵政省はもっと頭に来ただろう。それが運悪く、3年ごとの免許更新の直前だった。全国各地の中継局に郵政省の「特別検査」が入り、「**県の**局のアンテナの前に大木があって放送に支障があるので免許の更新を保留する」といった多くの通告がNHKに来た。島氏は、あわてて郵政省に行って謝罪した。

だから高市総務相が「電波停止の可能性」に言及したのは、単なる脅しではない。そもそも放送に「政治的公平」を義務づけている国はほとんどない。アメリカでは地上波だけで1700局以上、ケーブルを入れると普通の家庭で300チャンネルぐらい見られるので、そのすべての局に政治的公平を求める必要はないからだ。

■なるほど。

★「渋沢栄一の経営教室Sクラス」(日本経済新聞出版社)好評発売中です。
AMAZONのレビュー等をご参照ください。
b0028235_1035984.jpg
by katorishu | 2016-02-11 10:33 | 文化一般
 2月4日(木)
■昨夜は浅草六区のアミューズ・カフェ・シアターで「虎姫一座」の舞台を見た。歌って踊れる一座で20代から30代にかけての女性が中心。60年代のヒット曲を披露氏、楽しめた。
 
b0028235_853209.jpg
仕事の一環でいった。3月クランクインの映画のラストシーンは、虎姫一座の歌と踊りをヒントにした。浅草六区がメイン舞台なので。昨夜の舞台は、いわゆる浅草らしい「泥臭さ」が希薄。それが、やや不満であったが、時代が時代だから、泥臭いとお客がこないのだろう。
 楽しめて脳休めになったことは、確か。
by katorishu | 2016-02-04 08:53 | 映画演劇