カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 3月22日(火)
■アメリカ・フォーブス誌によると、富裕層上位40人の資産総額は2012年の7・2兆円から、15年には15・9兆円と2・2倍になったとのこと。富の偏りはすごい、というより、ひどい。上位1%の人のための社会にアメリカがなりつつある、とアメリカで長年暮らし、またアメリカに戻る予定の知り合いの女性が過日、嘆いていた。

■あまりの格差を懸念して、アメリカのロックフェラーなどスーパー・リッチ層が、年収7500万以上の高所得層への増税を提案した。政府に対してであったかニューヨーク市に対してであったか、忘れたが。
ニューヨークを見ても「我らの同胞」がホームレスや貧困で苦しんでいる。富裕層は彼らを救済するために税金を払えとのこと。支払う余裕がある人が税を多めに負担して、貧しい人を救済しないと、社会が不安定化し、劣化にむかう――と実にまっとうなことをいっている。
残念ながら日本の富裕層や大会社から、そういう声は出てこない。まして政治家や官僚からは。

■日本でも、明治維新後、『日本資本主義の父』といわれた渋沢栄一は、格差の拡大が社会を不安定化し、治安等の維持に多大の出費を要するので建設的ではないと唱え、社会福祉の充実をうったえた。実際、渋沢栄一は社会福祉や教育等600団体の創設にかかわった。貧困は犯罪を生む。犯罪の取り締まり等に費やす費用は建設的なお金の使い方ではなく、これが増加することは経済にとってもマイナス。

■とにかく、貧困の撲滅、貧者の救済こそ政府の重大な役割であると主張した。口だけなら誰でも「きれいごと」を言えるが、渋沢栄一は実践した。今の世襲政治家や霞ヶ関の官僚は、渋沢栄一の爪の垢でも飲んで欲しいもの。

★以下PR
拙作「渋沢栄一の経営教室Sクラス」(日本経済新聞出版社・発売中)
b0028235_20291075.jpg
by katorishu | 2016-03-22 20:32 | 社会問題
 3月20日(日)
■昨夜からNHK地上波で始まった大河ファンタジー「精霊の守り人」をみた。正確な数字は知らないが、30億円をかけた大作ともれ聞いていた。
b0028235_12554616.jpgちょうど新感覚派の旗手、横光利一の卑弥呼を主人公にした意欲作「日輪」を再読しつつあったので見たのだが。
ハリウッドの大作、SFファンタジーには今ひとつ感情移入しにくいので敬遠していた。

■この手の作では、主人公の「大目標」がまず明確に提示され、ダイナミックな変動の中に巻き込まれる主人公の悲劇、悲哀が濃く描かれる必要がある。そこが、やや弱いのでワクワクドキドキ感が強まらない。それに。 馴染みのない世界なので集中して見ないとわからなくなる。本や演劇、映画向きの素材である。もともと、お子様向きの原作だが、富に幼稚化した大人の増えているなか、ま、受け入れられる余地はあると思うが。

■ 新しいものにチャレンジする姿勢は評価したい。映像の世界も、海外を相手にしないと、ビジネスでは成り立たなくなっている。
いずれにしても、次回を見てみよう。
by katorishu | 2016-03-20 12:56 | 映画演劇
 3月17日(木)
■安田純平さん、去年6月にトルコとシリア国境で姿を消したことは知っていたが、やはり過激派に拘束されていたのか。
以前、放送作家協会で安田さんと北朝鮮に拉致されためぐみさんのご両親を招いて、講演会を主催したことがある。
b0028235_23193440.jpg
安田さんについて、誠実で胆力のあるフリー・ジャーナリストだと思った。
政府・外務省は早い時期に拉致を知っており、犯人側からの接触もあったはず。
身代金の要求もあると容易に想像できる。
政府・外務省は人命尊重を優先して最大限の努力をしてもらいたい。
「自己責任」などという他人事のような言い方は、よもやしないと思うが。
by katorishu | 2016-03-17 23:19 | 政治
3月11日(金)
■本日は東日本大震災から5年。追悼式が各地で行われた。僕は国会図書館の6階食堂で遅めの昼食をとりながらテレビ中継を見た。
b0028235_2015542.jpg
昨日、TBSのニュース23で、ほぼ1時間にわたって福島原発のメルトダウン前後の関係者の動きを改めて検証していた。「事実を知らせると国民がパニックにおちいる」という屁理屈をつけて官邸や東電本社は「メルトダウン」ではないとずっと言い続けた。

■吉田所長が官邸や東電幹部の命令に反して、海水投入を決断していなかったら、東京都民だって福島浪江町の住民と同じような避難生活をしていた可能性が強い。
偶然がいくつか重なり東日本壊滅はさけられた、と東電の関係者も述懐する。
吉田所長は亡くなってしまったが、彼こそまさに日本の「救世主」であった、とあらためて思う。
吉田氏にこそ「国民栄誉賞」を贈るべき。いや、そんなもの拒絶したであろう。
by katorishu | 2016-03-11 20:05 | 社会問題
 3月10日(木)
■このごろ写真のような妖しい作品に惹かれる。見る夢も、亡くなった方のことが多い。
b0028235_1161770.jpg
一昨夜は、俳優の緒形拳さんの夢を見た。なぜか緒形拳さんが映画の監督で、僕の考えた物語とまるで違った事をする。頼むから止めてくださいと泣き声で懇願していて目がさめた。
夢のメカニズムについて脳科学者や精神分析の専門家がいろいろ解説しているが、まだ何故夢をみるのか、はっきりしていない。

■それだけに不思議である。
緒形拳さんのことだが、以前僕が脚本を書いた「静寂の声」に乃木希典役で出られた。明治天皇に殉じて妻と一緒に殉死したことに到る乃木希典の心の軌跡を描くもので、渡辺淳一原作。朝日放送開局何十周年番組で、妻役は竹下景子さ。
緒形拳さんには、には亡くなられる少し前、「今村昌平」の本をかくためインタビューしたことがある。

■これまで出た映画で印象深かった作品、良かったと思えた作品はなんであるかの質問に、緒形拳さんは今村昌平監督の「女衒」をあげた。あの作の海外ロケは素晴らしく、胸がワクワクしたと。 「誰がなんと言おうと、なんてったって女衒だよ」と熱く語られた事が忘れられない。
封切り時、僕の生まれ育った町、八王子の確か「ニュー八王子」で「女衒」を見たが、肩透かしをくったような気がした。
緒形拳さん主演の映画は、なんてったって「復讐するは我にあり」である。
さて、明日は、明後日はどんな夢を見ることやら。
夢は僕の日常生活のなかで、現実の三分の一程度に重要な位置をしめている。

b0028235_117087.jpg
by katorishu | 2016-03-10 11:07 | 映画演劇


 3月6日
★パソコンインクが一色でもなくなると、黒色の印字ができず、慌てて家電量販店にいき6000円以上だし買ってきた。それで応急の印字はまにあったのだが、表示を見ると、使いはじめて数分もしないうちに表示にでたインクの量が、青色と赤色はすでに三分の一ほど減っていた。黒と黄色は大丈夫。

★店においている間に「蒸発」してしまったのか。食べ物と違って「賞味期限」がないので、長期間置いてあったことも考えられる。
キャノンさん、頼みますよ、ほんとうに。使っていないのに、どんどん減っていく。これは欠陥商品と違うのですか。
by katorishu | 2016-03-06 22:44 | 社会問題
 3月6日(日)
■パソコンインクがすぐなくなる。明日の仕事関連で必要な書類を印字していたら、インク切れ。黒字は充分あるのに、青がなくなっている、変えてくださいの表示。カラーはほとんど使わないのに、減って行く。減り方が早い。慌てて雨の中をパソコン店に。写真のインク一揃いで6000円を超える。
b0028235_18583529.jpg
印刷機は安価だが、かわりにインク代が高く、こっちで儲けているのはあきらか。
数ヶ月前まではアメリカのHPの印字機を使っていたのだが、インクがなくなり買ってきて交換したら、印字ができない。いくら操作してもダメ。腹がたったので、蹴飛ばして、廃棄物処理。5000円以上のインク代が無駄になった。
それで日本製にかえたのだが、不満は絶えない。

■以前は中のインクだけを売る会社があって、そこのインクを買って容器に注入していた。印刷機メーカーから横やりがはいったのだろう。今、家電量販店などでは売っていないようだ。アメリカ製も日本製も「安かろう悪かろうか」。ああ腹が立つウ。こんなことに腹を立てていたら精神衛生に悪いのだが。やっぱり腹立たしい。
何人もの知り合いからインクが早くなくなりすぎて、しかも高いという声をよくきく。
見回すと、この手のことが多い。手書きで仕事をしていた時代が本当によく見えてくる。
b0028235_1859044.jpg
by katorishu | 2016-03-06 18:59 | 文化一般
3月6日(日)
▇近くのイオン前広場で品川ファイア・フェスティバルだとか。変な名前のつけ方。防火なんとかでいいと思うのだが。ブラスバンドがでてプカプカやっているが。
まもなく東日本大震災5周年。
関東大震災のときは、帝都復興5周年を大々的に祝った。後藤新平が大変な指導力を発揮した。
今度の大震災は原発事故が絡んでいるので、厄介だ。解決には100年以上かかるかもしれない。

▇ マスコミはあまり現地の情報を流さなくなったが、原発事故の余波、悪影響等について、ほとんど何も解決していないのが現状。
アホな女性環境大臣がようやく現地に足を運び、言葉だけのセレモニーを行ったが。
汚染水の処理がまるで出来ていないし、今後じわじわ放射能の悪影響が広がる恐れを否定出来ない。
子孫に取り返しのつかない負の遺産を残した。
by katorishu | 2016-03-06 13:53 | 社会問題
  3月2日(水)
■アメリカ大統領選挙が面白い。大富豪のトランプ氏が予想外の人気を得て、場合によってはアメリカの大統領になる可能性もでてきた。今のところ、民主党のヒラリー・クリントン氏が優勢と伝えられるが、選挙は水もの、蓋をあけてみないとわからない。

■ところでトランプ氏の演説から、この人が大統領になると「日米同盟」が崩れると心配する人が多い。現にトランプ氏は、日本やドイツをアメリカが守ってやる必要はないと、演説で述べた。
 佐藤優氏によると、トランプ氏は基本的にアメリカが「世界の警察」をすることから撤退する方針であるとし、中東情勢も良くなるという。

■アメリカに長く住み、アメリカの情報関係にも詳しい知人によると、トランプ氏は他の候補者のようにアメリカの上位1%の富裕層から寄付をもらっている他の候補とちがって、どこからも寄付金をもらっていないので「紐付き」でなく、自立している。過激なことをいっているが、相当頭がよく、物事の得失の計算もできる人だという。

■この際だから思い切ってトランプ氏がアメリカ大統領になったほうが、行き詰った国際情勢の打開にプラスになるかもしれない。アメリカも変わるし、日本もかわる。
トランプ氏は人種差別的発言を敢えてしているが、本当の人種差別主義者かどうか、まだ断定するのは早い。氏の基本は「孤立主義」であり、アメリカの世界への影響力は低下する。世界の警察官をやめたあと、世界は一時的に混乱するだろう。しかし、いまだってかなり混乱している。トランプ大統領誕生は、ある種のショック療法の意味がある。
 かなり危ないショック療法ではあるが、政治・経済が面白くなることだけは断定できる。
 恐らくヒラリー・クリントンが大統領になるであろうが。
by katorishu | 2016-03-02 23:04 | 政治