カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2016年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

4月30日(土)
■ゴールデンウイークに入ったが、諸々仕事山積で行楽の予定なし。正午近く起き、腕立て伏せを50回やり、ヨーグルト中心の食事をとってから仕事。突然、大分の湯布院で震度5強の地震の知らせ。
だんだん四国方向に余震等が近づいている。南海トラフ地震や、その他、想像外の大地震だって起こり得る。
b0028235_15414051.jpg
壊滅的な大地震が先か、こっちの命の消えるのが先か、などと考えると執筆作業が手につかず、天王洲方面に散歩。

■自然を壊しに壊しまくった人類は「峠」を越したな、と湾岸に林立する高層ビル群を横目に見ながら思ったことだった。文明の進歩が地上になかった物質をつくりだしたり、自然を猛烈な勢いで破壊し「便利」で「快適」な生活をつくりだしている。墓穴を掘っているこも知らずに。
恐らく天は怒るというより、呆れている……と思うほうが「まとも」だと思うが、そんなこを公然というと、社会から排除されかねない。同時に「お前だって文明の恩恵を充分にうけているではないか」といわれそうだ。確かに天にツバするようなことだが……。やれやれ。

■100年200年後に生まれてくるヒトのことを思えば、「改善」「改造」という名の自然破壊にブレーキがかかるはずだが。ブレーキをかけようとすると、ビジネス社会から排除され貧に落とされかねない。で、生き残りのため、ゼネコンと称する大手土木建築業者を中心に、自然を破壊することに精力を費やす。
国破れないのに山河なし⁈(まだ田舎があり、それが救いだが)。

■「天は怒っている」という非科学的な言葉を軽視してはいけないのだと思います。
ああ、子供のころのように井戸からくんだ水を飲みたい。
by katorishu | 2016-04-30 15:50 | 文化一般
4月27日
■2020年の東京オリンピック、エンブレム問題ひとつとっても、トラブル続きというか関係者の劣化ぶりが目立つ。いっそ中止したらという声もあるが、今更とめられない。なんとか成功して国民に活力をとりもどすきっかけにして欲しいものだ。
b0028235_19422293.jpg


■ところで、「オリンピック村」が晴海に建設されるが、その後、この「村」はこんなふうに利用されるというプランが発表されている。
高層ビルが林立し、その多くは住宅のようだ。まさに人工的そのものの空間。
住みたいとは思わない。分譲にせよ賃貸にせよ、相当高価なものになるのだろう。なにより、自然がないのが致命的だ。ビルの間に公園などを設けても、時間をかけて出来上がった「町」とは似て非なるもの。

■都心に近くて、便利、時代の先端をいってるし、と住みたい人も多いであろうが、僕はご免こうむりたい。大地震がいつ起きるともしれない。基盤整備を堅固にしたとしても、自然の猛威は人の「想定」を超える。先の熊本大地震で、専門家の「想定」など、あまりアテにならないことが証明されたし。
★PR
b0028235_1944031.jpg

by katorishu | 2016-04-27 19:44 | 社会問題
関西テレビ制作のドラマ「僕のヤバイ妻」(伊藤英明、木村佳乃主演)、近頃出色の面白さとすすめられたので、第2回を見た。サスペンス・ホームドラマとでも言うべき作品で、巧みな展開。次を見たくなる。
モノローグを多用したことが効果をあげていて、実験作といえる。心理サスペンス小説のテクニックを応用している、と思った。
この作品、ハリウッド映画「ゴーンガール」のパクリではないかとネットで話題になっている。
「ヒントにした」は許容範囲だが、もしパクリだとしたら、程度問題だが著作権上問題も生じかねない。微妙な問題ではあるが。
面白いドラマだけに少々残念。ま、でも次回を見て見よう。

by katorishu | 2016-04-27 11:42 | 映画演劇
やり直しのオリンピックのエンブレム問題、新たなデザインが決まったが、デザインに疑義を呈したい。
和の空気が漂うのは良いとして、いかにも地味で気持ちが沈む。
葬儀を連想させる。スポーツの祭典なのだから、お祭に相応しく、明るく華やかなものを選ぶべきだった。みんなが明るい気持ちになって、生き生きとできる。エンブレムはオリンピック主催国の考えがシンボリックに集約されたものでもある。選んだ人のセンスを疑う。あるいは横やりでも入ったか。

by katorishu | 2016-04-26 12:14 | 文化一般
やり直しのオリンピックのエンブレム問題、新たなデザインが決まったが、デザインに疑義を呈したい。
和の空気が漂うのたは良いとして、いかにも地味で気持ちが沈む。
葬儀を連想させる。スポーツの祭典なのだから、祭りに相応しく、明るく華やかなものを選ぶべきだった。選んだ人のセンスを疑う。

by katorishu | 2016-04-26 12:14 | 文化一般
4月25日(月)
■昨日は町村前衆議院議長の死去にともなう北海道五区の補欠選挙。今後の日本政治をみていく上で重要な選挙であったが、組織票にたよる自公推薦の町村氏の女婿が僅差で勝利。一強多弱はなかなか
b0028235_11115841.jpg
くずれない。投票率が50%ちょっと、半分近くの有権者が投票にいかない。民主主義の根幹がこれでは、日本に民主主義は根付かない、と思えてしまう。

■一時ちょっと体調がよろしくなかったが、最近回復。体調の善し悪しを、僕は指の爪ではかることにしている。ピンク色でシワやギザギザが少ないときは「健康」で、体調が悪化すると、すぐ爪にでる。見事なくらい、はっきりでるので、医者などにいかずに自己診断できる。よく健康診断が新たな病気をつくるといわれるが、そっちの意見に僕は荷担したくなる。動物の一種である人間には自然治癒力がそなわっている。犬や猫は体調が悪くなると、とにかく何も食べずにじっとしている。そうすると自然治癒力が働き、体調が良くなる。それでも悪化したら、それは天命とでも思ったほうがいい。

■基本的にそういう姿勢で長く生きてきて、内臓系で入院したことは一度もない。70過ぎた今も現役だし、多分のこの調子だとあと15年は現役でいられる。
ただし、食事は根菜類や発酵食品が中心。体に良いとなると、その食物が好きになり、悪いとなると嫌いになる。自然の創り出した動物の体は、とても便利にできていると改めて思う。
by katorishu | 2016-04-25 11:14 | 個人的な問題
4月22日(金)
■熊本大震災、近代地震観測史上、例のない地震で、地震学者、火山学者も当惑するほどの現象だ。週刊文春の「原発は本当に大丈夫か?」は要領よく地震と再稼働に踏み切った原発との「危うい関係」を浮き彫りにしていて、説得力がある。
b0028235_1235415.jpg
アナウンサー出身で口の軽さでは人後に落ちない丸川珠代担当大臣が「素人考え」で、いち早く「再稼働した原発の停止の必要なし」と宣言したが、火山学者らは懸念する。

■だいたい原発の規制委員会に火山学者がゼロというのも問題だ。稼働した川内原発や稼働を予定している伊方原発、玄海原発とも、一連の地震・火山活動の縁続きのところにある。問題なのは、火砕流にたいして今の原発はほとんどなすすべもないということだ。
立命館大学歴史都市防災研究所・環太平洋文明研究センターの高橋学教授は、こんどの地震の延長上に南海トラフ地震が起きる可能性に言及し、起きた場合47万人から50万人の死者がでるとはじきだす。

■さらに恐ろしいことに、「私は東京オリンピック前に起きると想定しています」と断定する。
指導者は自分が見たい数字、見たい資料等ばかりを見たがり、その反対の声や資料から目をそむける。それが凡庸な指導者の典型例で、だから亡国につながる。
オバカな大臣を多数かかえる日本はかなり危い位置にいる、と心ある人は思っている。マスメディアはもっと、『負の数字』も伝えないと。火砕流が原発を直撃したら日本は一巻の終わり。このことを頭の片隅においておくべきである、と特集記事を読みつつ思ったことだった。
by katorishu | 2016-04-22 12:06 | 社会問題
国連人権委員会のケイ氏が日本の報道の現状に懸念を表明。日本は報道の自由度で5年ほど前は11位だったが、今や世界で72位に下落。
これでは先進国とはいえないのでは?民主主義の基礎には言論の自由、報道の自由がないと、容易に独裁に行き着く。

by katorishu | 2016-04-20 13:18 | 社会問題
 4月20日(水)
■過日、横浜までいき、有為の芸術家にオープンスペースを提供してる施設を見学した。そこで創られている人形。妖しい雰囲気をかもす。
b0028235_012789.jpg 帰路、電車の中で熊本大地震の発生を知った。頻発する余震に異常を感じたが、案の定、翌日の午前1時すぎ、マグニチュード7、3もの大地震。こちらが「本震」で、前日のは「前震だという。

■日本列島全体が、5年前の東日本大震災より新たな近く変動の活性期に入ったのではないか。政府は川内原発などの再稼働に踏み切ったが、大丈夫なのか。長い期間でみると、自然はいつも人の「想定外」の動きをする。人類の記憶に残っている過去など、宇宙からみたらほんの一瞬。今後どんな想定外の自然現象が起きるかわかったものではない。

■自然界に存在しない物質を人類が創ってしまったことは、よかったことなのかどうか。これから人類(先進国)は深刻な反省をする必要がある。
by katorishu | 2016-04-20 00:12 | 文化一般

パナマ文書の衝撃

膨大な量のパナマ文書の流出。ターゲットは既得権をもつ富裕層ともマフィアともいわれるが。誰が何の目的でやったのか、気になります。CIA説他、諸説ありますが、世界の政治経済を大きく揺るがす可能性大。いくつもの政権がびっくりかえるかもしれない。
当然、日本にも大きな影響を与えます。
5月に一部にしても中身が公表される。
注目である。

by katorishu | 2016-04-18 10:08 | 政治