カレンダー

<   2017年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2017/04/28

さてゴールデンウイーク。フリーというのは「毎日が日曜日」でもあるので、たいした予定もないが、仕事をかねて2~3日、温泉のある場所に行くほか、芝居と映画をそれぞれ1本見て、外国人をまじえた仕事の打ち合わせが1件。某家宅のかつおパーティに顔を出し。合間に路上徘徊、読書。原稿執筆。


「家庭の幸福」などとっくの昔に捨ててしまったし、気分は「余生」。朝鮮半島での緊張が高まり、いつドンパチが始まってもおかしくない。可能性は少ないと思うが、始まったら人類は終わりへの坂をころがり落ちる。僕のような「じじい」はいいにしても、若い人は可哀想。

僕の敬愛する、江戸文学に通じ無頼かつ高踏派の作家、石川淳(文学史に残る作家だが知らない人が増えているようだ)の「そろそろ人類は滅びていいようだ」という言葉が蘇る。


by katorishu | 2017-04-28 12:33 | 文化一般

2017/4/25

河瀬直美・脚本・監督の映画『光』をマスコミ試写で見た。水崎綾女・永瀬正敏主演。

河瀬監督と長瀬正敏のコンビで作った『あん』は傑作だった。ハンセン病患者と鯛焼きを焼いて売る中年男との交情を描き、切々と訴えるものがあった。

b0028235_18182621.jpg
『光』は光を失っていくカメラマンと視覚障害者むけの「映画の音声ガイド」の仕事をしている女性との「恋」の話。といってもありきたりの恋ではなく、ハンディを克服していくプロセスで味わう複雑微妙な感情を実験的な手法で描いている。

丁寧に淡々と描きながら、随所で「実験的な試み」を行っている。注目したのは「言葉で映像を語る」という音声ガイドの仕事を通して、興味深い試みをしていること。

b0028235_18191167.jpg
独自の視点から対象に迫る、まさに「河瀬ワールド」をつくりだしている。「感動」という尺度からは『あん』に軍配をあげたいが。静かな感動が湧いてくる佳作。

カンヌ映画祭のコンペティション部門への正式な選出が決まったそうだ。

5月27日(土)より新宿バトル9、丸の内TOEI他で全国公開。


by katorishu | 2017-04-25 18:21 | 映画演劇
2017/4/24
明治生まれの祖父は、息子の徴兵を猶予してもらう思惑があったのかどうか、戦時国債を大量に買い入れ、戦後全財産を失うほどの大損。息子(僕の父)は徴兵され満洲に。戦後は4年もシベリア抑留。戦争に向かう政府を信じてはいけない。

by katorishu | 2017-04-25 13:51 | 政治
2017/4/24
明治生まれの祖父は、息子の徴兵を猶予してもらう思惑があったのかどうか、戦時国債を大量に買い入れ、戦後全財産を失うほどの大損。息子(僕の父)は徴兵され満洲に。戦後は4年もシベリア抑留。戦争に向かう政府を信じてはいけない。

by katorishu | 2017-04-25 13:47 | 政治
2017/4/25
メールを盗聴するシステムをアメリカが既に日本に渡していた、とスノーデンが暴露していた。それをアメリカのネットが報じたとTVニュース。CIAや国家安全保障局に有能なハッカーとして勤務していたスノーデンが、かなり前から盗聴等の実態を暴露している。
アメリカはエシュロンという網をはり、あらゆる電波、電子情報を集めている。日本では、三沢基地に傍受施設がある。
IT技術の向上であらゆる情報は盗聴されていると思った方がいい。盗聴・情報解析技術は飛躍的に向上し、例えば電源を切ったスマホを遠隔操作で起動しボイスレコーダーでスマホの置いてある部屋の会話も盗聴できる。
あらゆる情報は盗聴されていると思った方がいい。嫌な時代になったものだ。興味のある方はスノーデンへのインタビューをもとに書かれた「暴露」(新潮社)を読むことをおすすめする。戦慄すべき事態が進んでいる。
残念ながらこの道はもう引き返せない。

by katorishu | 2017-04-25 11:04 | 政治

老いる団地

2017/4/23
日本中に広がる「団地」に今、「老い」が広がっていて深刻な事態になっているようだ。
例えば広島市にある大規模な桜ヶ丘団地。ここでは65歳以上の人口比率は39%だという。広島市内の別の団地では、小学校生徒数1000人以上が240人ほどに激減。商店街も減って買い物にも支障が出ている。高齢で車も運転できなくなり暮しが困難に。
東京の郊外にも似たような事態が起きつつある。
これから本番を迎える少子高齢化社会。課題山積だ。もっと行政が力を発揮しないと。個人で解決出来る域を超えつつある。(日テレNEWS23 特集)

by katorishu | 2017-04-24 10:42 | 社会問題
2017/04/23
先日、西荻窪にある劇団朋友の朋友芸術センターで「久保田万太郎を読む2」に足を運ぶ。今はやりのドラマリーディングである。
「釣り堀にて」と「蛍」の2篇。
古き良き時代の、今や額縁に入ってしまった世界だが。こういう時代のことを忘れてはいけないのだろう。
鳥越神社のことを「とりこえ」と読んでいたが、「とりごえ」ではないのか。終わって出演者に聞いたところ、久保田万太郎の戯曲には「とりこえ」とルビがふってあるとのこと。
万太郎と縁のあった文学座のベテラン女優、本山可久子さんがこれは「とりこえというのです」とおっしゃられたとのこと。
僕はずっと「とりこえ」と思っていた。ところで久保田万太郎はラジオドラマの基礎を築いた浅草通の文学者です。

by katorishu | 2017-04-23 10:54 | 映画演劇
  1. 2017/4/18
  2. 今後メディアは大きく変わりそう。
    なかでも、柱になるのはネットフリックスだろう。
    ――調査会社eMarketerの最新データによるとネットフリックスは米国のビデオ・オン・デマンド市場のトップを独走している。ネットフリックスの会員数は現在、会員数は9875万人だという。(共同通信)
    さらに今週末には世界で会員数は1億人突破するらしい。

    ...

     凄いですね。僕もときどき見ているが、お金のかけ方が違う。
    また、スポンサーがいないので、自由に発想でき、基本的にテレビのようなタブーがない。

    ❏ドラマシリーズやドキュメンタリー、映画の視聴においてネットフリックスは米国市場の66%を占め、アマゾンやHuluを大きく引き離している。
     クリエーターにとっては発表舞台が増えることで、歓迎すべきこと。

    もっと見る

by katorishu | 2017-04-18 15:05 | 映画演劇
2017/04/-17
安倍内閣の閣僚の暴言、虚偽発言無知故の誤解、曲解等が絶えない。博物館や美術館の学芸員は「ガン」であり、一掃しなければいけない、と地方創生担当大臣が公言したり。
以前の自民党政権だったら、そんな閣僚は罷免された。今は誰も辞めない。で、罷免に値する閣僚が上から目線で国民にモラルをとく。そんなひどい状態なのに、内閣支持率が上がったとか。
まるでブラックユーモア。

by katorishu | 2017-04-17 21:12
稲田防衛相がゴールデンウィークに外遊(タイなど東南アジア)するらしい。朝鮮半島で軍事衝突が起きるかわからない緊迫時に、自衛隊トップが日本を離れるとは。自衛隊内部でも不満噴出とか。
安倍政権の閣僚のお粗末さには呆れかえる。
by katorishu | 2017-04-14 19:04 | 政治