カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

1017-07-21

b0028235_10130228.jpg

アメリカが外国の選挙に陰に陽に干渉してきたことは、インテリジェンス関係者には周知のこと。日本も例外ではない。戦後20年代30年代、アメリカのCIAが自民党に資金援助をしていた。最初は噂として伝えられたが、後にアメリカの公文書が公開され事実と認定。一方、日本社会党はソ連から資金援助。これもソ連崩壊後KGB文書から明らかに。

政治の世界、表面から見ているだけではわからない。


by katorishu | 2017-07-21 10:10 | 政治
2017-07-20
特区はいい事のように言われるが、見方を変えれば独裁で後進国型。
最高権力者が国会等の民主主義的手続きを踏まずに、独裁的に政策を進めることが出来るのだから。
加計問題等々。たとえ法的に問題がないとしたところで、首相が独裁的手法を発揮したことは否定できない。

by katorishu | 2017-07-19 23:13 | 政治
1017-07-15今月の「望星」の特集は「和食探偵が行く」。和食大好きなので読むのが楽しみ。和食を賞味しつつ
b0028235_22360519.jpg
味読しよう。
僕にとって活字文化は食物と同じくらい大事。
初めに言葉ありき。今、この言葉を噛みしめたい。

by katorishu | 2017-07-17 22:31 | 文化一般
興味深い本。「日本すごいのディストピア」(早川タダノリ著)。2012年から2013年(第一次安倍政権)にかけて、「日本すごい」がTVや雑誌、本などで大ブーム。今に続く。
昭和6年の満州事変のころから起きた日本すごいブームと酷似していて気持ち悪い、と著者。(Jウエーブにて)

by katorishu | 2017-07-16 15:20 | マスメディア
2017-07-14
本日は作家大のゼミ。10数人の受講生で大半はシニア。皆さん、現実の生活の堆積があるので、書き方次第で面白くなる。大事なのは文体。「いかに書くか」。
若いとき「アンチロマン」の洗礼をうけ、実験的試みをしたが、世に受け入られなかった。で、「俗っぽい」テレビドラマの方にいき注文に応じて書きとばした。
今、原点に戻ってアンチロマンの要素を加味した作を書こうと思うのだが、いかんせん近視、乱視に老眼がかさなり、自信を持っていた記憶力にも衰え。(嫌いな言葉だが)ヤバイ!
写真は品川駅近くのコーヒー店。広々とした空間で案外落ち着く。

by katorishu | 2017-07-14 11:24 | 文化一般
b0028235_13554546.jpg
2017-7-12
東京都では白熱電球を2個、指定の電気店に持っていくと、無料でLED電球1個と代えてくれるキャンペーンを実施する。
二酸化炭素を抑えるには有効だろうが、LED電球が視力に悪影響を与えることを、専門家もあまり言わない。
僕自身、仕事場の明かりを全てLED電球にしたところ目の疲れがあまりに激しい。で、白熱灯に戻したところ視力が向上した。
物事には両面があり、光あれば必ず陰があるのですね。

by katorishu | 2017-07-12 13:49 | 社会問題
2017-7-11
本日も街の書斎。日が陰ったころリュックに野球帽をかぶって、定年退職者スタイルで大井町まで歩く。子供の頃から天邪鬼なところがあり。その延長上で10年ほど前から「思いっきり
b0028235_20383007.jpg
売れそうもない」小説」を書いている。
昭和25年の朝鮮戦争がもたらした「特需」と「諜報」関連の出来事を、少年の目から見たもの。ほぼ形が出来てきたが。
1000枚を超えるし、若い編集者から「アナクロニズム」と言われそう。分かってもらえそうな編集者は亡くなっり、引退。あるいは認知症。

by katorishu | 2017-07-11 20:32 | 文化一般
2017/7/4
都知事選ではっきりした事。自民党は公明党の助けがないと勝てない。
加計問題、暴言等々も強く影響したが、公明党の助けなしに政権党になれないことがはっきりした。それを端的に示し選挙だっだ。政治が少し面白くなった。
b0028235_14235082.jpg

by katorishu | 2017-07-04 14:17 | 政治