カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2017年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2017-09-27
昭和初期のトップスター、竹久千恵子と言っても今は知らない人がほとんど。20数年前、伝記を書くためハワイ島のカムエラにあった彼女の家に泊まり込んで、根掘り葉堀り聞いたことを思い出す。自費で2度行った。浅草軽演劇出身の無名に近い女優であったが、菊池寛に見出され菊池作品の舞台化の常連となり、一世を風靡した。著名人にモテモテで、日米独の3カ国にわたる恋愛騒動を展開した。東宝映画「光と影」では、光を原節子が、影を千恵子が演じた。
b0028235_04212887.jpg
筑摩で一度出ているものの、その後得た極めて面白い資料も加え「改訂新版」を出したいのだが、「竹久千恵子なんて誰も知らない」と某版元。それなりに売れると思うのだが。何しろ菊池寛を始め錚々たる名士が惚れ込んだ女性だし。タイトルは「妖花・菊池寛が愛したトップ女優・竹久千恵子」と決めてます。写真はパトロンと世界一周旅行から帰国した千恵子を、東京駅まで出迎えた菊池寛。

by katorishu | 2017-09-27 04:27 | 映画演劇
2017-9-21
国連総会で安倍首相は、トランプ大統領と歩調をあわせ、必要なのは対話ではなく圧力であると強調した。中国とロシアは対話重視で独自路線。
核兵器を持った国で、これを廃棄した国はひとつもない。インド、パキスタンなど。
圧力で北朝鮮が核開発を止めるというなら誰も苦労しない。
圧力と対話を上手く使い分けるしかない、と北朝鮮専門家の元防衛省の武貞拓大教授も言っている。

核兵器を北が持った以上、一旦、軍事衝突が起これば日本にも甚大な被害が及ぶ。首相は、時にはトランプ大統領に、「それはちょっと」と言うくらいの度量を持たないと。
ドイツのメルケル首相の爪の垢でも飲んで欲しい。安倍さん、この比喩わかりますよね?

by katorishu | 2017-09-21 10:36 | 東アジア
【安倍首相が臨時国会冒頭で解散に出る真(?)の理由】
解散総選挙に安倍首相は踏み切るそうで、その理由として巷間「森友・加計隠し」がいわれているが、違うという意見がある。安倍首相はトランプ大統領側から12月以降北朝鮮を攻撃すると内々に言われているというのだ。真偽のほどは定かでないが、トランプだったらやりかねないという所が怖い。

イギリスの軍事アナリストによると、核つきミサイルが東京を直撃した場合、80万人ほどが死に、負傷者は200数十万に達するとか。アメリカに到達するICBMはまだ核を搭載できるレベルではない。一方、東京を狙える核ミサイルはすでにできあがっている。アメリカ軍は一瞬で北を殲滅できるという意見もあるが、原発もあるし、そんな単純なことではないのでは?

【アメリカ・ファースト】ということは、アメリカさえ安全で北が亡びてくれるなら、日本や韓国の犠牲は仕方がない、アメリカに届く核弾頭つきICBMが完成する前に北をたたかないといけない、今がラストチャンス ……とでもトランプ氏がもし考えているとしたら。
頭がくらくらする。

by katorishu | 2017-09-20 21:50 | 東アジア
2017-9-19
明日発売の週刊文春、またまた閣僚の刺激的なスキャンダル掲載。よく調べますね。だから面白い。それにしても、政治家はスキャンダルだらけ。日本は未だ後進国?
週刊文春2017年9月28日号 野田聖子 夫は元暴力団員 | 最新号 - 週刊文春WEB shukan.bunshun.jp/articles/-/8593 @shukan_bunshunより

by katorishu | 2017-09-20 20:06 | 政治
2017・9・19
昨日は朝から永田町まで行き、国会議事堂には背を向け、国会図書館にこもり、明治の戦争について夕方まで資料調べ。当時の日本の指導者は司馬遼太郎の「坂の上の雲」じゃないけど、世界の「一等国」になるため、強い志と共にある種の謙虚さを持っていた。
一例として捕虜の扱いが寛大であったことに、改めて驚く。
それに比べ、「戦後教育」を受けた今の指導者の、志のあまりの低さに唖然、愕然。
b0028235_12430971.jpg
本日発売の週刊現代 によると、この秋より年金受給者を狙い撃ちの「増税」が実施されるとか。税金が北欧のように国民のために使われていればいいのだが。いやはやである。
ところで、国会図書館はGHQによって作らされたものである事を知る人は少ない。私見ではGHQのやった施策で積極的に評価するひとつだ。当時、出版関係者が国会図書館の創設に反対した。もし国会図書館があなかったら、歴史の記憶のかなりの部分が消えてしまい、文化的な喪失は大変なもの。
財務官僚による、森友問題での文書破棄など、まさに歴史に逆行するもの。虚偽答弁に終始した自己保身の権化が、国税庁長官になるなんて、日本はいつからブラックユーモア国になったのか。


by katorishu | 2017-09-20 12:55 | 文化一般

本日は北斎日和

2017・09・18
b0028235_18011202.jpg
b0028235_18003807.jpg
鬱陶しい雨も上がり快晴。今日は「北斎日和でもある。昼間、宮本亜門の朗読劇「画狂人・北斎」を見た。ロンドン公演が好評で凱旋公演と銘打った作。北斎の絵と斬新な映像を織り交ぜた「実験作」で見応えがあった。北斎の絵の深いところをついており、宮本亜門を見直した。
日本文学研究家のロバート・キャンベルと亜門氏の対談も興味深く、良い時間を過ごせた。

夕方から北斎の娘のドラマを見る予定。墨田には北斎記念館があるのですね。こちらに行く時間はなかったが。

by katorishu | 2017-09-18 18:06 | 文化一般

2017-9-13

都民ファースト、代表選出がひどく不透明。どうして民主的手続きで選ばないのか。

説明責任と言いながら、何も説明していない。小池氏の体質が衣の袖から見えてきた。


by katorishu | 2017-09-13 23:40 | 政治
ハリケーンや台風の名前、アメリカではたいてい女の名前をつける。日本占領時代、キティ台風など、猛威を振るった台風はみんな女名前。名づけるのは男。妻が怖いのはどこも同じ、か。
日本でたとえば大型台風に「さゆり」とつけたら大パッシングされる。まだユーモアの精神が足らない。

by katorishu | 2017-09-13 02:37 | 文化一般
2017-9-10
b0028235_20350149.jpg
紀伊国屋サザンシアターで、こまつ座の「円生と志ん生」を見た。井上ひさし作品の言葉の魔術に、いつも酔う。この作品、初見である。落語のさわりが頻出する。そこも見ものだが、その部分は実在の志ん生師匠らの芸には遠く及ばない。これは仕方ないか。
井上ひさしさんの創作ノートが凄い。

by katorishu | 2017-09-10 20:32 | 映画演劇

2017-09-08

太陽フレアが電磁波に障害を起こすとマスコミが流していた。場合によっては深刻な影響をもたらすそうたまが、北朝鮮のミサイル発射に影響を与えるかもしれない。

以下はブルームバーグから

(Bloomberg) -- 北朝鮮は弾道ミサイルの発射を遅らせる可能性がある。太陽表面での強い爆発(太陽フレア)によって電子機器が影響を受ける可能性があるからだ。

ミサイルは通常、放射エネルギーに対して厳重に保護されているが、金正恩朝鮮労働党委員長は太陽フレア発生中の発射によってデータや装備が失われるのを懸念して発射を控える可能性があると、ネクシアル・リサーチの航空宇宙コンサルタント、ランス・ガトリング氏が述べた。

日本と米国は太陽フレアの環境下でミサイル防衛システムを試験することができるので北朝鮮が発射することを期待しているかもしれないと付け加えた。


by katorishu | 2017-09-08 18:35 | 東アジア