カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

09年の長寿世界一は日本。これは今や数少なくなった世界に誇るべきこと。

 7月26日(月)Ⅱ
■日本人の平均寿命がまたのびたという。厚生労働省の発表によると、2009年の日本人の平均寿命は男性79.59歳、女性86.44歳で、ともに過去最高。女性は25年連続で世界1位、男性は前年の4位から5位となった。三大死因であるがん、心疾患、脳血管疾患と、肺炎による死亡率の減少が、平均寿命の延びに影響したとのこと。

■香港も長寿が多く、女性は世界に2位、男性も2位である。日本人の長寿は、四季があって自然環境に恵まれていることと、医療保険の発達、さらに和食の効用が理由ではないか。今後もこの傾向がつづくかどうか。環境の悪化、肉類を子供のころから大量に食べている食習慣が今後もつづくとなると、どうなるかわからない。

■ところで、 喫煙、飲酒、果物や野菜の摂取不足、運動不足を、「死の四重奏」というらしい。この4条件がそろえば寿命が12年短くなるとの調査結果が、26日発行の専門誌アーカイブズ・オブ・インターナル・メディシンに掲載されたそうだ。「四重奏」がそろっている人は、「四重奏」が一つもない人に比べて、がんおよび心臓病で死亡する率が3倍、その他の病気で死亡する率が4倍に上る。調査は1984、85年に18歳以上の計4886人を対象に実施された。対象者を「四重奏」のすべてに該当すれば4点、一つだと1点、まったく該当しなければ0点というふうにランク分けし、平均20年以上にわたって追跡調査を行った。

■ぼくは喫煙はしないし、野菜類はかなり摂取しているので、残るのは飲酒と運動不足だ。が、これもボーダーラインであり、なんとかこの4重奏からまぬがれている。となると男性の平均寿命をなんとかうわまわって80歳代まで生きるのではないか。脳が劣化してしまったら、文筆業者としてはおしまいだが、そうでなければ、まだ時間はある。珍しくちょっと明るい未来を描くことができた。
by katorishu | 2010-07-27 00:16 | 文化一般