カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ゆらゆら。お人好しの国民

 4月19日(火)
■毎日のように揺れる。低血圧気味であり、小さなめまいかなと思うこともあるが、仕事部屋の電灯のひもなどが揺れているので、地震なのだろう。ゆらゆらという気分。こういう日々が脳機能になんらかの影響をあたえるはずである。夕食後数時間仮眠して、午前2時ごろ目がさめ、パソコンのスイッチをいれたところ、ゆらゆらときた。

■なんとなく、世の中めちゃくちゃになっていきそうな予感。たぶん、ぼくの脳が疲れているのだろう。昨日は朝から、神田へ。「心のケア」にからんで、知り合いのS女優の録音取り。終わってスタッフとお茶の水に移動し、イタリア料理のランチ。そのあと、駒込にでて、某所で打ち合わせ。前夜寝不足でもあり、終わるともうへとへと。どこかで、ちょっと一杯という気分にもならない。





■ドストエフスキーの「悪霊」、フロイトの「精神分析入門」などを読んでいるのだが、なかなか進まない。「悪霊」は再読。フロイトは昔、途中で頓挫していたのを、取り出して、寝っ転がって読むのだが、面白い。あらためて紙の本はいい、と思ったことだった。

■しかし、時代の流れはデジタルである。この流れに乗ることで、新しい表現のステージを創り出そうと有為の士と試行錯誤をしているのだが。ぼくのように多読する人間には、目が疲れ、眼精疲労も極度に達しており、それでなんとなく意気があがらないのだろう。福島原発、東電は「工程表」を発表したが、「努力目標」にすぎない。1年以内に収束するとは、とても思えない。5年10年かけて、「安全神話」をまきちらしたことのツケを、国民は背負わされる。

■東電、国のしでかしたツケを、国民みんなで払いましょうという「復興構想」会議の震災復興税、つまり増税に、国民の半数以上が賛成という世論調査がでているとか。この種の世論調査はあまり信じないほうがいいのだが、それにしても、である。お人好しの国民である、と今はっきりいおう。ナイーブすぎる。欧米ではナイーブとは、バカということである。日本では、肯定的にとらえられているが。
by katorishu | 2011-04-19 03:08 | 文化一般