カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今もつづく長野オリンピックの「負の遺産」。教訓にしないといけない

 10月13日(木)

長野オリンピックの「負の遺産」は今も続いているとか。東京オリンピックでの「負の遺産」は膨大になる可能性ありだ。

冬季オリンピックを開催した長野市では、今もオリンピック用に作った「負の遺産」をかかえており、年間10億円を来年まで20年間払いつづけているという。

これについて、長野市長は昨年、東京へこうアドバイスを送っている。

「近隣の都市を含め、できるだけ既存のものを利用し、開催後も利用可能な体制を取ったほうがいい」。

当然のことである。国民の税金から出ているお金である。組織委員会ほかオリンピック利権にむらがる連中には、「国民的行事だから」とここぞとばかり、お金のかかる「上物」を作ろうとして経費を3兆円にも膨張させた。

未だに「金満国家・日本」の夢を追い続けている人が日本の指導層にいることは、多くの国民にとって大変不幸なことだ。


by katorishu | 2016-10-13 13:53 | 社会問題