カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

戦勝記念の酒器類

2018-05-18
b0028235_17484392.jpeg
過日、友人宅に行った時、出された猪口。歩兵三五連隊、満洲派遣記念として作られた猪口だ。
昭和6、7年頃か。関東軍の独走で日本が泥沼の戦争に巻き込まれていくのだが、多くの国民は大本営発表しか知らされていなかった。友人のお祖母さんの遺品だという。
僕が子供の頃、離れの縁の下に猪口や徳利、皿などが新聞紙に包まれて置かれていた。祝旅順陥落など日露戦争での日本軍の快進撃を祝う絵や漫画が描かれていた。絵が面白いのでママゴトの延長で、近所の悪戯っ子とムシロの上で、差しつ差されつの宴会遊びをした。酒(水)を注ぐと口笛のような音のする徳利が僕の気に入りだった。
祖父が日露戦争に従軍したと聞いていたので、記念に買ったのか、もらったのか。色んな戦争画もあり、時々取り出して眺めたものだ。
祖父が亡くなってまもなく、戦争の「遺物」は、シベリア抑留体験のある父が、ゴミだとして全て捨ててしまった、と記憶する。
戦争に付随する記念品等はカッコいいが、現実の戦争は醜い限り。

by katorishu | 2018-05-18 17:45 | 文化一般