2006年 04月 29日 ( 2 )

4月29日(土)
■連休の始まりとのことだが、もう何十年となく「毎日が日曜日」あるいは「毎日が仕事」といえる生活を送ってきたので、「連続して休み」という実感はない。テレビを見たり、人にあったり、本を読んだり、ぼんやりものを考えたり、そのへんをぶらぶら歩くのも広い意味の「情報収集」であり、仕事の一環である。最近は書いたものがなかなか「形」にならないので、他からは「仕事をしていない」ように見えるかもしれないが、ホテルにカンヅメになったりして脚本を書いていたころと、「仕事」に費やす時間や労力は、それほど少なくなっていない。ただ、社会への「露出度」となると、5分の1にも満たないのではないか。当然、収入にも敏感に反映し、幸か不幸か「質素」で「節度ある」生活を余儀なくされる。

■今日は、朝まで本を読んでいたので、起床は16時、すぐ暗くなってしまう。インテリジェンスに興味を持っているので、元NHKアメリカ総局長の手島龍一氏の話題の作品『ウルトラ・ダラー』(新潮社)を読了した。北朝鮮の偽ドルつくりの海外での背景を、アメリカのシークレット・サービスの職員の目で追った「ノンフィクション・ノベル」というふれこみだった。手島氏が佐藤優氏との対談で本の概要に触れていたので、品川駅構内の本屋で買って、期待して読んだのだが。
 昨日の「道草日誌」に「面白い」と書いてしまったが、酔っぱらっていい加減に読み始めたときの雑感であり、読了したあとは違う印象だ。昨日の記述は否定したい。(そのまま残しておきますが)。

■「小説」にしたため、恐らくは小説を初めて書くに違いない手島氏の小説書きとしての「文章力」に、やや問題ありと感じた。これはぼくの推測だが、素材が一冊の本になるほど集まらないので、小説ということにし、通俗ロマン小説の男女の関わりなどを加えたのではないのか。
 加えた部分があまりに「紋切り型」「通俗的」で、辟易した。後半以降、北朝鮮の工作員がパリの運河を舞台にウクライナの巡航ミサイルを受け取ろうとする際の緊迫したやりとりは面白かったが。男女関係の描写になると、やたらと衣料と食べ物のブランド関連の描写が多い。

■ノンフィクションで一冊にするには素材が少ないので、小説仕立てにして、あとは「推測」で補うことは、よくあることである。そのため「ノンフィクション・ノベル」という形にすることもある。
 ぼくも以前、あるノンフィクションを書いた際、素材が少なすぎるので「小説仕立て」にするしかないと思ったことがある。その後、なんとか参考資料等で補強してまとめたが、ピントが合わないものになってしまった。ノンフィクションの場合、素材が少ないというのは致命的だ。対象が過去の人物で資料等も限られていると、ますます難しい。
 現代物なら、さらに時間をかけて素材を集めることも可能かもしれないが、時間や費用の関係で、そうもいかないことがある。

■『ウルトラ・ダラー』はベストセラーとのことだが、やはりいわゆる「ベストセラー」は「ベストセラー」であると思った。手島氏は、取材力や人脈がいろいろとあるであろうし、こういう薄められた作ではなく、足で歩いて集めた資料をもとにした骨太のノンフィクションで書いて欲しいものだ。
 アメリカが泥沼のようなイラク戦争にかかわっている間に、東アジアでの存在感が薄れ、中国が台頭し、東アジアの軍事バランスが大きく崩れている、と過日、手島氏はテレビ朝日の『サンデー・プロジェクト』で指摘していた。それはそれで説得力があった。

■手島氏はアメリカのペンタゴンやCIAなどに知り合いも多いと思われるし、書きにくいかもしれないが、元アメリカ特派員らしく、「事実」にもとずく「調査報道」で東アジア情勢の問題点を浮き上がらせて欲しいものだ。小説仕立てで書くことに、意味を認めないわけではないが、フレデリック・フォーサイスの一連の国際情報小説のレベルに達していない。
 もっとも、ぼく自身、以前『Jの影』(角川書店)と『ロシアンダイヤモンド』(徳間書店)の2編の『国際情報小説』のジャンルに入る作品を書いているが、今読むと汗顔の至りである。「小説」を書くのはそれほど難しくないが「佳い小説」「読者を引き込み最後まで一気に読ませてしまう小説」を書くのはじつにむずかしい。ひとの作についてあれこれいうのは、簡単なのだが
by katorishu | 2006-04-29 22:58

大事な活字文化

4月28日(金)
■月に一度の日本放送作家協会の理事会。六本木警察の裏手に事務局があり、そこの「教室兼会議室」で行われる。200メートルほど先に例の六本木ヒルズがあるのだが、一度も行ったことがない。行く気もしない。
 昨日は堀江貴文氏が保釈になり、それをテレビメディアがヘリまでとばして大騒ぎしたそうだが、その影で政権党は「共謀罪」の成立に向けて着々と手を打っている。言論の自由にとって、極めて重大な問題を含む悪法だが、多くの国民はあまり関心がないようだ。
 この法律の危うさについて、民主党のホームページで触れている。
http://www.dpj.or.jp/news/200604/20060427_03kyoubou.html

■理事会のあと、脚本アーカイブズの委員の会合。終わって、久しぶりに六本木の居酒屋で委員諸氏と飲む。熱い議論になった。なにごとかをやろうとする場合、最大のネックになるのが、カネである。貧乏団体なので、カネがなく、どのようにして資金を捻出するかに、問題は収斂していく。ない知恵を絞って、最初の関門を突破したいものだが。

■帰って小一時間仮眠をしたあと「朝まで生テレビ」を見る。本日のテーマは「テレビに明日はあるか」。それなりに興味深く見たが、パネリストが多すぎ、どうも議論が煮詰まっていかない。毎度のことだが、視聴率をとるために「面白く見せる」ことが優先されるのだろう。5,6人で徹底的に議論したら、問題をもっと深く掘り下げることができるのだが。

■今年になってから、ケーブルテレビに加入したおかげで、何百チャンネルものテレビを選択して見られるようになった。比較的よく見ているのは、アメリカのドキュメンタリー番組の「ディスカバリー」チャンネルと、BBC、CNN、それに朝日ニュースターである。いずれも日本の地上波テレビとは一線を画した内容で、問題を掘り下げている。とくにBBCは中東やアフリカなどの報道が多く、参考になる。日本語の通訳がはいることもあるが、多くは英語であり、キャスターのしゃべりなどについていけないことも多いが、だいたいの内容はわかる。

■世界を多角的にとらえるには、異なった角度からものを見ることが大事である。その点、BBCは面白い。「テレビ文化」というものがあるとすれば、質を高めるには、多チャンネル化しかないかもしれない。ただ、問題を深く掘り下げるメディアは、やはり活字である。総合雑誌や単行本を読まず、情報を地上波のテレビとインターネットだけで得ている人が多いようだが、そんな「安易」な手段では得られものもタカがしれている。

■テレビ局の報道関係者も、最近はインターネットで情報をとることが多いようだ。足をつかい汗を流して得られた情報にこそ「価値」がある。
 新聞記者なども、インターネットで情報を得て、紋切り型の記事を書く人が増えているという。この傾向は大いに、問題である。
 活字をよく読む層と読まない層の「情報格差」は、ますます広がっていくのではないかと思う。

■世界のテレビ視聴の調査で、テレビを見る時間が一番長いのは、日本人であるという。理由のひとつとして、「朝生」のパネリストの一人は、「日本のテレビは面白いから」と分析していた。
たしかに、「面白く」「心地よく」見せることにテレビ関係者は腐心している。しかし、「面白さ」は、麻薬的な側面をもつ。面白さ、心地よさは、人に思考を深める働きをさせない。CMがその典型で、意識の深部に感覚的に働きかけ、特にものを深く考えない人を「その気」にさせてしまう。怖いことである。
 元NHKの記者の手島氏の著書「ウルトラダラー」を読み始めたが、面白い。北朝鮮の偽札問題の核心にせまるもので、「小説」という形をとっているが、事実に依拠しているとのこと。外務省の「休職職員」の佐藤優氏が、絶賛していたので、読み始めたのだが、はやり時間をかけ、足をつかって得た情報だけのことはあるかと思う。
by katorishu | 2006-04-29 05:34