カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2006年 12月 04日 ( 2 )

不眠症について 

12月4日(月)
■よく横になるとすぐ眠れるという人がいる。1時間だけ睡眠をとるからといって、横になってきっちり一時間眠ることができる人もいる。子供のころから不眠に悩まされてきた人間から見ると、羨ましいというか、「人種が違う」という気がしてしまう。

■日本人の約3割が不眠の悩みをかかえているそうだ。よく眠れる人には不眠症の人間のことは、わかりにくいだろう。熱くなれば汗が出るというのは自然の生理作用であり、誰でもなんの苦労もなく出来る。同じように一定時間起きていれば自然の生理作用として眠くなる。こんな簡単なことがどうして出来ないのか。不眠と無縁の人はそう思うにちがいない。すこしぐらい眠らなくても、たいして差し支えもないではないかと。昨夜、飲み会でそんな話も出た。一見、神経質そうな印象の人が、案外なことに、横になるとぐっすり八時間眠れたりする。
 
■ぼくはほとんどアレルギー症がないので、ちょっとした食べ物や空気中の花粉などでアレルギー症を発症するひとの悩みは、実感しにくい。
 アルコールに強い人は、奈良漬けで酔ってしまう類の、アルコール分解酵素をもっていない人のことはわかりにくいだろう。人はみんな「自分の立場、自分の物差し」で人を見る。ところが、その人の「立場」「物差し」は人によって相当違う。従って、ある人の「当然」「普通」が、ある人にとっては「異常」になってしまう。

■よく不眠の人のことを、なにか強い悩みごとをかかえていのでは……と思う人がいる。そのケースもあるが、とくに深刻な悩みやストレスをかかえていなくても、なかなか眠れないのである。ところで、この社会、まともな神経をもっていたら、悩みもストレスもほとんどないという人は、きわめて稀のはずである。
 遺伝的な要素もあるにちがいない。不眠の遺伝子はハンディであるが、床にはいり、眠れずに本を読んだり、一日を反芻して、ああでもないこうでもないと考えたりすることが、一種のシミュレーションの役割を果たすこともある。

■ものを書く人に比較的、不眠症の人が多いのは、うなずけることである。眠れぬまま、ああでもない、こうでもないと考える行為が、創作などに案外役立っているようだ。物事、何が幸いするかわからないものである。少々のハンディをもっていたほうが、それを克服するため、いろいろと努力もするし、打開策をもとめて悪戦苦闘する。その中から、なにか意味あるもの価値あるものが生まれるはず、と思いたい。

■渋谷で仕事の打ち合わせ。来年六月すぎのことである。来年のことをいうと鬼が笑うというが、将棋のように常に何手か先を読み、時代の風を感じ取って対処することも大事なことである。時代はとにかく激変している。五年先がまったく見えてこない。見えないから面白いともいえる。
 南米では反米色が一層強まっている。アラブ情勢も混沌としてきた。世界を不安定化させる最大の要因は「富の格差」である。富の偏在、不公平、不公正が、モラルの荒廃をもたらし、犯罪を引き起こし、さらには紛争、戦争の遠因になる。ボーダレス時代にあって、島国・日本も世界の潮流と無縁でいられない。日本は激変が予想される世界とどう対処していくのか。いつまでもアメリカのポチの立場に甘んじていて大丈夫なのか。「お上」まかせでなく、国民ひとりひとりが真剣に考えるときにきていると思うのだが……。
by katorishu | 2006-12-04 23:55
 12月3日(日)
■冬らしい寒さになった。こんな日は早く起きて、朝日のあたる街を歩き、適度の寒気のなか、気持ちをひきしめたいと思うのだが、思うように眠れず、結局、起床は午後になってしまった。寝床で会員制の月刊誌「テーミス」を読んだ。「月刊現代」の元編集長がはじめた雑誌で、毎度面白い角度から政治、経済、社会問題を分析している。大抵の記事が見開き1ページなので、いわゆる総合雑誌のように長く掘り下げた論文ではないが。年会費1万2000円は妥当なところだろう。

■北朝鮮の金総書記の「偽者説」がトップで、なかなか興味深い。父親の金日成が死去したころの「金正日」と今の「金正日」では声紋がちがうという証拠をあげている。「異説」といっていいのだろうが、常に暗殺の危機を感じている金総書記が影武者をおいていることは充分考えられる。
 現在「主体思想」は影をひそめ「先軍政治」が北朝鮮の柱になっている。これが軍部独裁に通じ、「金総書記」はじつは影武者で、実態は軍部にあやつられているのではないかとのこと。本人はとっくの昔に死亡したという。どこまで本当なのか、わからない。

■外務省の旅券電子申請システムがこのほどひっそりと閉鎖されたという記事もあった。自宅にいながらにして旅券を申請できるということで、外務省は多額の資金をそそぎこみ、年間の運用経費だけで8億円だという。ところが、この2年間で利用者はたったの133人で、パスポート1通の発給に1600万円の運用経費がかかったことになる。大変な税の無駄遣いである。普及しなかった理由のひとつとして、発給のシステムが複雑で手間も時間もかかることだという。「お急ぎの方は窓口に」いくようにという但し書きが出ているというが、まさにお笑いである。
 地方行政での官製談合、汚職も連日のように報じられる。モラルのない役人はいっこうに減らない。今年にはいって検察の姿勢が厳しくなった結果、摘発された汚職が増えたとのことだ。以前から汚職自体はいろいろな部署で行われていたようだ。
 
■夕方、下北沢で飲み会。大阪からきた旧知の制作関係者O氏やや元宝塚の女優など10人ほど。以前からつきあいのある某出版社の役員のMさんの父上が、女大衆演劇・大江美智子一座の座付き作者であったことを初めて知った。戦前の話である。戦後はラジオドラマなどの脚本を執筆した。
 ぼくが話をふったこともあり、戦前の軽演劇の世界、とりわけ上方芸能の話が焦点になった。昔の上方芸能の異能の人たち、奇行、めちゃくちゃうぶりなど、互いの「知識」をだしあう形になり、ぼくには面白かった。比較的年若い参加者には、面白くなかったかもしれないが。情報面でのジェネレーション・ギャップは埋めようがない。
by katorishu | 2006-12-04 01:33