2006年 12月 29日 ( 1 )

仕事納めの日だが

 12月28日(木)
■仕事納めの日だというが、自由業者には関係ない。大晦日も元旦もパソコンに向かってなんらかの原稿を書くつもりだ。
 品川駅の港南口にいった。この界隈はインテリジェントビルがそそりたち「ビジネス街」であると思っていたのだが、1,2階には商店街がはいっている。「インターシティ」という名のビルというより「人口都市」といった趣だ。 
 港南口には何度か降りているが、このビルとは対照的な旧来の商店街のほうにしかいかなかったので、はじめて足を運んだことになる。

■執筆作業に格好の珈琲店が何軒かあり、ときどきは自宅から歩いて訪れてみようと思った。徒歩で20数分かかりそうだが、いい運動になる。
 新年早々発売の雑誌『論座』(朝日新聞発行)が自宅に届いていた。「日韓脚本家が語るテレビドラマの危機と再生」という座談会が載っており、ぼくが司会をしており、コラムも載せています。小林よしのり氏と編集長の対談や安倍首相語録ほか面白そうな記事が並んでおり、「論座」も「売る」という姿勢を見せているな、と思ったことでした。ぜひ、お読みください。5日、発売のようです。
by katorishu | 2006-12-29 01:02