2008年 09月 15日 ( 2 )

 9月15日(月)
■昨日のブログに昔は「老人の日」といったと記憶していると記したが、記憶なので本当はどうなのか、確信をもてない。たしか当時、「老人クラブ」というものができて、それは「敬老クラブ」とはいわなかったし、「老人の日」といっていたという気がするのだが。

■インターネットの検索にかけてみると「老人の日」で相当数がヒットする。ところで、9月14日、アメリカで4番目に大きな投資銀行であるリーマンブラザーズが破綻した。この衝撃力は大変なもので、強く懸念される。世界の株価下落に拍車をかけることになり、場合によっては世界大恐慌の引き金になる。

■15日は、日本と韓国と中国が休日だが、すでに市場が開いているアジア各国の株価は急落しているとのことで、田中宇氏のブログによれば「9月14・15日は、世界の金融関係者にとって決定的な日となる」といった指摘が、マスコミやエコノミストのブログなどで相次いでいるという。

■どうやら、1929年に起こった世界大恐慌のような金融危機は避けられなくなったようだ。あのときの大危機を克服するには、第二次世界大戦という大惨事が必要だった。この先、多くの血が流されるに違いない。「経済戦争」「経済危機」による死者は戦争による死者とちがってなかなか目に見えないので、一般には気づかれないことも多い。しかし深刻さの度合いは戦争に勝るとも劣らない。ものの見えない人には見えないだけで、見える人には見える。

■日本経済にとっては、福田「坊ちゃん政権」による突然の投げだしによる政治空白が痛い。こういう時こそ政治が主導権を握って、対応策を積極的に出していかなければいけないのに。心あるエコノミスト、ビジネスマンの憂慮は深い。

■どうせ政権をなげだすなら、解散総選挙で民意を問うぐらいの勇気がほしかったが、坊ちゃんには勇気は無縁のようで。個人レベルの問題でも、ちょっと自分に気にくわないことがあると、「じゃ、やめる」という人がいるが、こういう人には責任あることをまかすことはできない。「事故米」にしても、責任をとらない農水省の役人たち。政治家が国民にかわって責任を追求しなければいけないのに、国会も開かれない。

■そんな危機的状況をよそに、自民党の総裁候補5人がそろって全国をとびまわって人目のつくところで演説をしている。しかし、自民党員以外に「選挙権」をもっていないのである。なにをお願いしようというのか。総選挙の「事前運動」以外のなにものでもない。日本国をリードする「エリート」のリーダーの劣化は、今の日本社会の劣化を素直に反映している。

■本日も一日中、脚本書き。日本の政治経済の中枢にかかわる素材なので、いっそう、現下の政治の劣化が気になってしまう。途中、近くの品川シーサイドの広場で、八代亜紀のミニコンサートを聴く。「役者」という新曲のPRを兼ねていたようだ。「演歌」はどうもあまり好きになれないので、15分ほどで退散した。
by katorishu | 2008-09-15 23:50
8月14日(日)
■総務省が「敬老の日」にちなんで発表した統計調査によると、65歳以上の高齢者人口は昨年より76万人増の2819万人、総人口に占める割合は0・6ポイント増の22・1%となり、ともに過去最高を更新した。70歳以上は57万人増の2017万人で、初めて2000万人を超した。(共同通信)

■そんなになっているのか、と驚くと同時に、社会のシステムを改めていく必要があると思ったことだった。調査では「高齢者人口」を65歳以上としており、男女別では65歳以上の男女別は、男性1203万人(男性人口の19・3%)、女性1616万人(女性人口の24・7%)であるという。

■女性人口の4人に1人ほどが「高齢者」とは……。未だかつてない「新しい」社会が到来したのである。今後この傾向はさらにすすみ、3人に1人が高齢者になるかもしれない。
 そうなれば、ピラミッド型の人口構成をもとにつくられてきた現行のシステムは機能不全におちいる。

■問題なのは単なる高齢者の増加ではない。労働人口の激減こそ、日本社会の憂うべき事態である。「働ける人」が少なくなり「働かない」「働けない」人が増えれば、どういう事態なるか、いうまでもないだろう。従って今後、政治が率先して行うべきことは、健康で働く意欲のある「高齢者」にふさわしい労働環境を提供することではないのか。

■週に3日でも4日でもいい。なんらかの形で「働いて」、社会の役にたちたい気持ちのある人は少なからずいるはずである。いなければ、将来の日本はきわめて危うい。
 ぼくの周辺には年金生活者は比較的少なく、「死ぬまで現役」を貫きたい人が多い。組織などに守られておらず、「実力」で厳しい生存競争を生き抜いてきた人たちである。

■もちろん、ぼくも含めて彼らの収入は不安定で、山あり谷ありの人生かもしれないが、生き甲斐だけは、みんな豊かにもっているはず。多くは強く望んでついた仕事である。競争が激しく、浮沈も激しい。光の当たらない人のほうが多いようだが、いずれ光があたるはずという楽観を糧にがんばってほしいものだ。

■その際、大事なのは健康である。「楽」をせず、適度に体をいためつけ、規則正しい生活を送る。ぼくなど「規則正しい」生活が苦手で、不規則生活が日常化している。それでも大病をせず、脳機能もどうやら保っている。これも、天からの恵みと思うようにしている。
 ところで今は「敬老の日」というが、以前は確か「老人の日」といっていた。敬老の精神がなくなってから、「敬老の日」と変えたという気がする。しばしば「現実」と「看板」は相反するものである。「国民のため死ぬ気でがんばります」などという政治家に限って、しばしばその反対のことをする。
by katorishu | 2008-09-15 00:21 | 社会問題