2008年 09月 26日 ( 2 )

 9月26日(金)
■月に1度の日本放送作家協会理事会。社団法人であり、この種の文化団体には「天下り」も多いようだが、わが日本放送作家協会は1000人あまりの会員が払う月1000円の資金で成り立っている。数ある社団法人のなかで、予算規模はもっとも小さい組織ではないのか。従って理事といっても、無休のボランティアで、交通費として1000円がでる程度。

■麻生内閣が発足したが、中山成彬国土交通相が成田空港建設反対派住民を「ゴネ得」と批判したとか。信念でいったことなら、その発言を貫けばいいのに、すぐ撤回する。こういう人が国の政策を指導する閣僚とは。日本の劣化の象徴である。夫人は拉致問題担当大臣をやっていたが。

■駅で雑誌「サピオ」をかい、斜め読みしたが、やはりもっとも気になるのは、世界経済の動向である。大変な惨事をもたらす大恐慌になる可能性は依然として高い。刻々と迫っている危機を前に、政治の指導層にどれほどの危機感があるのか。サピオに限らず、経済誌なども、警鐘を鳴らしているのだが、政官とも指導層は、心ある一部の人士をのぞいて、どうも鈍感である。

■特に具体的な根拠はないが、「予想」をひとつ。10月半ばの世論調査で麻生政権への支持率は30%前後となり、11月はじめにも予定される総選挙で、民主党は単独過半数を獲得するのではないか。
 主に、麻生内閣の閣僚の「敵失」や自民党内のきしみなどから、そうなりそうだ。アメリカがオバマ大統領になり、日米ともに民主党政権になれば、何かがかわる。新しい風で、よどんだ空気を変えてほしい。

■ただ、ここまで傷んでしまった世界、そして日本である。さらに、なにもかもが悪化することも考えられる。嫌な時代が、確実に近づいてきているようだ。こういう時代、オプチミストでないと生きられない。過日も記したが、楽観的になると脳の活動が良くなるらしい。茂木健一郎氏が断言しているのだから、そうなのだろう。オプチミストでなくとも、生きられる社会にしなければいけないのだが。
by katorishu | 2008-09-26 23:34 | 社会問題
 9月24日(木)
■いろいろな打ち合わせ、会合が計10時間ほどあり疲労困憊。11時すぎ帰宅して、小泉元首相の政界引退を知った。「いさぎよい」などと「小泉チルドレン」の女性議員がテレビニュースで語っていたが、次男が地盤をつぐそうだ。世襲であり、いさぎよさとは対極にある。麻生政権の閣僚18人のうち、11人が「二世」「三世」議員、つまり「世襲議員」であるというのも驚きである。(父や祖父の地盤を直接引き継がない人もいるようだが)

■封建時代ではないのだから、政治の世襲はやめてほしい。世襲議員が悪いのではなく、選挙で彼らを選ぶ選挙民の問題である。世襲は利権の引き継ぎにつながることが多く、一部の人には利益をもたらすが、多くの人の益にはならない。有為の人材が議員となる機会を奪ってしまうのであう。太平楽を謳歌していられる時代ならともかく、今ほど日本の舵取りが大事なときはない。お坊ちゃんの世襲議員では、崖っぷちにある日本を救うための有効な政策をうちだせない。もちろん世襲議員にも優秀な人はいるが、そうではない人が多い。

■利権にありつける与党議員に世襲が多いということは、暗示的だ。世襲には今なお相当の旨みがあるのである。次の総選挙で「世襲議員」を半減させることができるかどうか。そこに明日の日本がかかっているといっても過言ではない。小泉ジュニアが仮に出馬するとして、もし彼が落選したら、日本も捨てたものではない。この選挙区を、日本の今後を占うリトマス試験紙にしたいくらいだ。
by katorishu | 2008-09-26 00:04 | 政治