カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2011年 09月 25日 ( 1 )

9月25日(日)
■ようやく秋らしくなり爽やかな風が吹く。しかし、世の中は「さわやか」とは反対に福島原発の処理ひとつ終わらないし、不協和音、閉塞感、不公平等々が堆積し、すでに腐臭を放っているといいっていいだろう。本日の朝日新聞一面に「世界経済 恐慌のふち」と題して編集委員の小此木潔氏の記事がのっている。恐慌のふち、ではなくすでに恐慌にはいっているというのが、ぼくの実感であり、これから大変な事態になる、と予想される。

■情報通信の大激変の一方、経済の大激変により良くも悪くも日本は変わっていくだろう。昨日は東大大学院情報学環でのメディア・コンテンツ総合研究機構のラウンドテーブル(円卓会議)に出席。大変興味深い意見がだされ、大学での「知」のあり方も、今後かわっていくと予感させられた。キックオフトーキングであり、今後どう発展していくか注目である。過日、映画『セカンドバージン』(大石静脚本、黒崎博監督、鈴木京香主演)を見た。某氏が「おもしろい」といっていたので、時間があいたおり、有楽町の丸の内ピカデリーで見たのだが・・・・・

この続きはこちらから
by katorishu | 2011-09-25 09:28 | 映画演劇