カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2018年 11月 06日 ( 1 )

2018-11-06

杉浦民平

b0028235_14161754.jpeg

の「戦国乱世の文学」という新書が廊下まではみ出した本棚の奥から出てきた。中に黄色っぽく変色した紙がはさまっていた。鉛筆書きの下手な文字はまがいなく自分のだ。


読むと数枚のショートノベルらしきもの。高射砲陣地あとで男女2人に遭遇した私の心象風景だ。


多分、学生時代に書いたもの。アンチロマンに入れ込んでいた時期だが、走り書きでこんなものを書いていたのだ。


自分で言うのもアレだが、この延長上で書き続けていたら、もう少し「売れる」作家になっていたのではないか。後悔先に立たず。(笑)


by katorishu | 2018-11-06 14:13 | 文化一般