カレンダー

<   2008年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

3月18日(火)
■チベットの騒動に対して中国当局の説明は納得できるものではない。そもそもチベットを力でおさえこみ、自国の領土をしている中国当局の政策は国際世論の支持を得られない。
 チベット文化は中国の漢文化とは異質である。民族も違うし、チベットは独立国として遇するのが、常識というものだ。ソ連邦のとき、力でおさえこんでいたウズベクやタジキスタンなど中央アジアの「共和国」は、ロシアになってから独立した。 
 チベットの位置もソ連時代のウズベクなどと同じである。

■外国の報道機関を遮断している中国当局の姿勢も、まったくおかしいし、納得できるものではない。太子党という党指導者層の子供たちが、親経由などで入手する情報をもとに金儲けをし、特権階級と化し、膨大な利益をあげている中国社会。中国指導者は英断をもって、言論統制をあらため、国内の天文学的な格差是正につとめるべきだろう。そうしなかったら、夏の北京オリンピックは開催できなくなるかもしれない。開催したとしても、辞退する国が続出するのではないか。北京オリンピックを成功させたいのなら「言論の自由」がぜひ必要である。

■経済発展が民主主義の発展に結びつかない「大国」は怖い。以前、チベット出身の国際学者、ペマ・ギャルポ氏にインタビューしたことがあるが、チベット民族の悲しみが伝わってきた。これを機に、中国に言論統制をゆるめるよう、世界が圧力をかけるべきだと思う。

■それはそれとして、国交省管轄下の公益法人のガソリン税流用のでたらめさも、驚くあきれる。職員旅行の費用に1億8000万も流用していたという。これなど氷山の一角で、まだまだ続々と無駄遣いや流用がでてくるだろう。官僚の劣化が、今の日本の最大の問題かもしれない。「公僕」という言葉が完全に死語になってしまった。こういう問題も参議院で民主党が多数派にならなかったら、表面化しなかっただろう。一党が長年政権の座にあることの弊害が、ここはきて一気に顕在化した。まずは、政権交代し、澱み濁った水を浄化することからはじめる必要があると思うのだが。
by katorishu | 2008-03-18 23:34

 米中の憂慮すべき事態

  3月17日(月)
■本日、東京証券市場の株価が12000円を割り、円も100円をきった。アメリカ経済失速の影響である。世界経済恐慌の懸念が現実のものになってきた。
 一方、中国での「チベット暴動」は、中国の現政権の基盤をゆるがしかねない。そもそもチベットを中国化する政策が無理であり、一種の植民地政策である。強権で民の意志を封じ、文化を抹殺しようとしている中国共産党当局は、対応次第で国際世論の強い批判をあびるだろう。

■チベット問題は今年夏に予定されている北京オリンピックに強く影響する。マラソンでチベットよりウイグル自治区の「独立派」のテロが起きる可能性も指摘されている。
 この両大国にはさまれ、深くかかわり、ある意味で「生殺与奪」の権を握られている日本。中国に依拠している食料品、衣料品なども、中国内政が混乱すれば、大変な被害をこうむるはず。この深刻な状況を一体どう打開するのか、どうするつもりなのか。政府の明確な指針が示されていない。

■物価はじわじわ値上がりしているし、企業倒産も急増しつつある。危ないなと思う。より深刻なのは、これといって有効な処方箋もみつからないことだ。円高については、今の円がドルに対して安すぎるという意見があり、90円になっても以前の120円程度であるというエコノミストの分析もあるが。

■日本が今、極めて危ない状況にあることは、素人目にもわかる。混乱、混迷の時代をリードする政治家として福田総理は、心許ない。何より力強さが感じられないし、官僚依存の「調整型政治家」では、窮状を打開できないのではないか。
 こういうときこそ、指導層の人心を一新し、あたらしい風をいれるため思い切って総選挙でもやったほうがいい。

■政治の「無策」がつづくと、アメリカ経済の凋落と中国の混迷、混乱にひきずりこまれ日本はさらに深刻な危機に直面する。「世界第二の経済大国」も「歴史」の中にはいり、いずれ野垂れ死にしかねない。米中の「大国」の間にはさまれた日本のとるべき政策が見えてこない。このままだと10年後20年後、「見たくない風景」が日本の随所に展開するような気がしてならない。
 それとも、思っても見なかった「変事」が起こるのかどうか。
by katorishu | 2008-03-18 00:33
 3月16日(日)
■電車の中で痴漢をでっち上げ、なんの罪もない善良な人を「犯人」として留置場にぶちこんだ大学生が先日逮捕された。蒔田文幸容疑者(24)という甲南大学法学部の4年生で、「憂国の士」を気取るブログを書いていたという。

■産経のウエブ版によれば、蒔田某は趣味としてスポーツ、カラオケ、バンド、ショッピング、アウトドア、旅行、語学、読書などを挙げ、ブログで「僕は今自分の夢に向かって全力で前進しています。僕の夢はあまりにもでかいので、みんなに話すと必ずバカにされて笑われてしまう」とした上で、「皆さんは今の日本がどれだけ危機的状況にあるかご存じですか?日本は島国で平和なので気づいている人はごくわずかだと思います」と問題提起しているという。

■言っていることとやっていることが、違いすぎる。つまり言行不一致だが、大学生もここまで堕ちたかと慨嘆する。被害者は電車内で風邪気味で元気のない善良そうな中年男性で、痴漢をしたと脅せば示談金をとれると思っていたようだ。弱い善良な人間をカモにするなど、ふりこめ詐欺に通じるところがあり、卑劣そのものである。

■子供の数が少なくなり、大学に誰でも入れるようになったことの端的な表れなのかどうか、知力ばかりでなくモラルも地に墜ちたといってよい象徴的な事件であったと思う。
 警察も問題である。痴漢と名指しされると、問答無用で留置場にぶちこむ可能性が強く、混んだ電車の中などで男性は相当注意していないと、この種のえん罪にまきこまれかねない。

■電車が揺れて姿勢が崩れとなりの女性客にぶつかることがある。そんなとき、故意に体に触れたとして、にらみつけられることもある。「この人痴漢です」と女性にいわれたら、抗弁の余地もなく現行犯逮捕されてしまうのだろう。電車に乗るさい、いつもそんなことがチラッと脳裏をかすめる。混んできたら、本でもだして両手にもって読んだりの「防御」の姿勢をしなくてはいけない。

■もちろん意識して痴漢を繰り返す変態は罰されてしかるべきだが、こういう事件が起きると電車にも安心して乗っていられない。ぎすぎすした時代になったものである。
 喫茶店のトイレによく「荷物を座席に置いて席を立たないでください」などと書いてある。図書館でも、席を立つ場合は荷物をもっていくようにと注意書きがある。

■以前はこういうことはなかった。昭和30年代までは、電車の網棚などにカバン等をおくとき、警戒しなければならなかったが、昭和40年50年代から平成の初期ごろまでは、網棚にカバンをおいて居眠りをしていても盗られることはまずなかった。
 今は決して網棚へ荷物を置かないし、喫茶店でトイレに立つとき荷物をもっていく。確かに便利な社会にはなったものの、かわりに日々緊張を要する社会になってしまった。人の「幸福感」という尺度で考えると、社会から「幸福感」が年々失われていくような気がしてならない。
by katorishu | 2008-03-17 01:18
 3月15日(土)
■昨日飲み過ぎて、早朝の起床習慣が崩れてしまった。本日一日だけの例外としたいもの。午後、穏やかな日射しのなか、品川図書館にのろのろ歩く。図書館はほんとに資料の宝庫である。近松の歌舞伎脚本などを読んだ。その他読みたい本が無数にあり、さらに見たい映画、芝居があり、時間がいくらあっても足りない。

■図書館からコーヒー店に寄り、脚本執筆作業と資料の読み込み、校正等々。携帯パソコンを使うから出来ることで、その点、文明の利器の恩恵に十分あずかっているのだが、一方で原稿用紙に鉛筆で書いていたころも、「よかった」と思う。

■子供のころから「世間」にはかなり違和感を覚えていたが、この10年くらい違和感はどんどん強まっている。世間が「間違っている」とはいわない。世間とはまあこんなものだ。ぼく個人の「美意識」「価値観」と世間の流れが違ってきているということである。
 自分が「良い」「面白い」と思うものと、今の世の「多数派」が面白いもの、良いと思うものに、相当のズレが生じた場合、「マス」を相手のマス・メディアにかかわっていると、かなり厄介な問題になる。第一、企画等が通らない。少数派相手では、ビジネスにならないので、企画がボツになる可能性が強くなる。
 
■視聴率をとるテレビ番組、版を重ねる「売れる本」を横目で見ながら嘆息を禁じ得ない。ぼくには相当距離を感じるものばかりで、「こんなものに」と時間とお金を投じる人が信じられない。世間の多数派からみれば、「お前がずれている」ということになるのかもしれないが。
「マス」に媚びるしか延命策のない「政治家」の多くは、「マス」というものの面妖さについて、実感するところがあるに違いない。

■スペインの哲学者オルテガは『大衆の反逆』(ちくま文庫で手に入ります)で世の中を動かすのは結局は「マス」であり、良くも悪くも「マス」に妥協というより媚びることで社会が動いていく――といったことを喝破しているが、その通りだと思う。
 芥川龍之介であったか、「誰よりも大衆を愛したレーニンは誰よりも大衆を軽蔑していた」といった警句を吐いている。
 なるほどな、と思う。「マス」「大衆」と一口にいっても、実態はつかみようがない。世論調査などで、一端を垣間見ることが出来るが、50年、100年たってみないと、実質的に社会を牽引していっている「マス」の姿は見えてこない。

■もちろん、ぼく自身「マス」の中の一人で、自分の「意志」で行為を選び取っているつもりでも、「マス」の引き起こす「磁場」によって、「選び取らされている」といえるのかもしれない。『日本人とユダヤ人』を書いたイザヤ・ペンダサンこと山本七平は、それを「空気」といい、人は時代、時代の空気の中で、無意識のうちに空気に動かされて重要かつ深刻なな選択をしてしまう……といった意味のことを記している。他人の目を気にしすぎる日本人は、特に「空気」に弱いようだ。「空気」にできるだけ染まらないようにするためにこそ、人類の「反省の記録」でもある「古典」を読むことが大事である、と改めて思う。
by katorishu | 2008-03-15 23:22 | 文化一般
 3月14日(金)
■脚本アーカイブズにいったあと、澁谷で月1の勉強会「428会」に出席。女優の松岡みどりさんが「日本の中高年女性がペン・ヨンジュンになぜ惹かれるか」について話す。
 彼女らにとってペン・ヨンジュンは一種の宗教になっているようだ。

■終わって近くにある主催者の事務所で飲み会。ときに異業種の人と話すことは大事であるとあらためて思ったことだった。
 仲間内だけの話になると、どうしてもそこにいない人の「悪口」になりがちである。しかし、それでは発展性はない。短い人生である。なるべく、角突き合わせず、和気藹々にやりたいもの。

■円高で株の下げがとまらないようだ。一歩間違うと世界恐慌になりかねない。そうなったら、弱い立場の人間が窮状に追いつめられる。為政者にはなんとか知恵を絞って危機を回避してもらいたいのもだ。
 
■どうも指導層に危機意識が薄いような気がしてならない。これからの10年ぐらいが日本にとって「正念場」になるに違いない。危機を脱せるか、あるいは危機に埋もれてしまうかどうかは、わからない。
by katorishu | 2008-03-15 00:52 | 文化一般

早寝早起きは三文の得

 3月12日(水)
■最近、ようやく夜昼逆転の生活を改め「早寝早起き」が定着した。前夜11時前には寝て、早朝6時ごろ起きる。これば「まっとうな人」の生活である、とつくづく思う。深夜労働をしなければならい人もいるが、多くはテレビを見たりパソコンに向かったりして「夜更かし」をしているはずである。

■早寝早起きの生活のいい点は、朝の空気が都会でも比較的きれいで、外にでると爽快な気分になることと、一日が長く感じられることだ。それだけ「持ち時間」を有効に使えることで、今更気づくのも遅いかもしれないが、改めて発見した気分だ。
 食べるものもうまいし、良いことづくめである。

■こんな「まっとうな生活」をいつまで続けられるかわからないが、おかげで布団にはいってからよく眠れるし、睡眠薬などは無用になった。食べ物もうまくなるので、食べ過ぎて太ることを警戒しなければいけないが。
「早寝早起きは三文の得」と昔の人はいいことをいった。生活スタイルをふくめて、今、人は「産業革命」以降の生き方を根本から反省しなければいけない時期にきているのかもしれない。

■「まっとうな生活」の「敵」はどうやらテレビやパソコン類(ゲーム類もふくめ)であるという気がしてきた。しかし、生活の中にしみこんでしまっているので、多くの人がこの二つの機器を手放せない。テレビとパソコンを持たない、利用しない人が、果たして今の日本にどのくらいいるか。
 パソコンを敵視する、比較的長く生きた人も、テレビはよく見ている。いや、テレビを見る時間はパソコンをいじらない人より多いかもしれない。

■「現代文明」がこのまま進めば、自然環境が破壊され、人の生きられる環境ではなくなってしまう。ガソリンなどの地下資源も無尽蔵ではないし、枯渇したとき、一体どうするのか。そんな疑問を胸の片隅におきながら、この流れに乗ろうと多くの人が焦っている。乗らないと、排除され、生きにくくなってしまうという恐怖感にさらされているようだ。特に1990年代以降の日本では、この傾向が顕著になっている、と実感するのだが。
by katorishu | 2008-03-13 06:43 | 個人的な問題
 3月11日(火)
■脚本アーカイブズ準備室で、東大大学院准教授、お二人と協議。デジタル・アーカイブが世界の流れであり、この流れの中で、どう展開できるかを話し合った。脚本アーカイブズ委員には交通費程度はでるが、目下ボランティア精神でかかわり、他に仕事をもっている。そのため活動が本格化してくると、支障をきたす恐れもある。今後の大きな課題だ。

■日銀総裁がきまらず、一方でアメリカ発の世界金融恐慌の懸念は去っていない。一歩間違うと、世界経済がガタガタになり、世界との友好協力に頼るしかない「資源貧国」日本は深刻な事態になる。資源がとぼしいとはいいながら、社会のシステムや生活習慣をあらためれば、なんとかなるのだが。

■食糧の自給率が先進国中最低であるが、肉食を少なくし米をもっと多く食べるようになれば(昭和30年代ほど)、日本の食糧自給率は9割ほどになる試算もある、と月尾東大名誉教授が過日もテレビで話していた。月尾氏の論は明快で、以前から注目している。
 肉類を今の半分に減らし旧来の米食中心の生活にもどれば、解決することが他にいくつもある。まず生活の基礎の基礎である「食」からかえていく。そんな時代にきていると改めて思う。
by katorishu | 2008-03-12 09:59 | 文化一般

錯覚商法にご注意!

 3月10日(月)
■内容証明の郵便をはじめて出した。高校の同窓会名簿の件で、「東京都立国立高等学校出版部」なるところから、「同窓名鑑」を近々出版することになったので、確認のため往復葉書に訂正事項があれば記入して返信してほしいとのこと。てっきり、高校の同窓会が新しく名簿をつくるのかと思い返信したところ、一週間ほどで郵便の振り込み用紙のはいった手紙が届いた。

■差出人の住所に「都島区」とあった。あれ豊島区の間違いかなと思ったら、どうも大阪のようで「人事新報社」なる会社の住所である。「大阪市」という文字を書かないところがミソなのだろう。東京の高校の同窓会名簿が、大阪で出るというのはオカシイと思われないよう、敢えて大阪市をはぶいたのだろう。

■同窓生で同窓会の運営にかかわっているU君に連絡したところ、同窓会とはまったく関係がないし、警戒をよびかけているところだという。引っかかって、1万円以上のお金を振り込んでしまう人も多いのだろう。振り込み期日は一週間後で赤字で大きく記してある。

■フリーダイアルの番号が記してあるので、電話をしたところ「名鑑」についての問い合わせは平日の10時から12時の間にしてほしいとの留守電。その時間になって何度電話しても通話中。おそらく、日本全国のいろいろな学校の同窓会の「名鑑」を発刊していて、苦情などが殺到しているのだろう。

■内容証明の郵便を送るのがいいとU君のメールにあったので、郵便局にいった。近くの簡易郵便局ではだめで、本局へ。細かい規定があり、経費は配達証明こみで1220円。「名鑑」は7月に発行されるとのことだが、こちらの住所、メールアドレスなどの掲載を断ると共にもし掲載したらしかるべき措置をとる……云々と書いた。この類の名簿、名鑑は恐らく販売業者などの手にわたり、電話やメールでのセールスなどに利用される公算が強い。

■以前から名簿ビジネス業者からの葉書などがときとどき舞い込み、無視していたのだが、今回は同窓会のあつまりで、ぼくがちょっとした講演をすることになり、そのやりとりがあった直後にきた葉書であったので、てっきり、同窓会当局からのものと錯覚してしまったのである。
 「振り込め詐欺」など錯覚を利用した詐欺が流行っているが、この件は違法ではないにしても、錯覚を利用して巧みに金をとる商法である。

■以前、電話番号簿に名前を載せていたときは、墓園を買わないかという電話セールスがよくあった。金や不動産の投資のセールスもあり、うるさいので番号簿から削除してもらった。その後、どうも放送作家協会の名簿がもれているようで、そちら経由のセールスの電話もある。

■金儲けに知恵を絞るのはいいが、お客を「錯覚させて」、とにかくうすく広くお金をすいあげようというビジネスが、横行しているようだ。「錯覚商法」と敢えて呼ぼう。
 世相なのか、この種の商法が急増している。人の「善意」を利用するビジネスである。「善人は生きていけない」「ずるがしこくしなければ損をする」という社会は、悲しい社会である。人はみんなどこかで「錯覚」したり「誤認」したりして、喜んだり悲しんだり怒ったりして生きていて、錯覚することで救われることもあるだが。
 錯覚商法はいただけない。この類のことは、世間にいろいろとあるはず。要注意である。
by katorishu | 2008-03-10 23:09
 3月9日(日)
■非正規雇用者が33%を超えたという。そのうち7割以上が年収200万円以下だという。そんな中での物価の値上がり。携帯などに費やす金もバカにならない。これでは、精神を充実させる活力を養ったり、自己研鑽につとめる余裕もなくなり、刹那的になる人がふえるのではないか。

■「文化」についての本なども売れないわけだ。昨日、NHKが3時間以上にわたって教育についての討論番組を放送しており、全部ではないが見た。親の所得の格差が子供の教育に露骨に反映する現状や、「学力低下」の問題などについて、教師や親、識者などが侃々諤々の議論を展開していた。

■環境問題ほかで世界は大きな危機に直面しているが、日本の危機も相当深刻である。そんな中、「天下り役人」など「既得権益」層のデタラメぶりもひどく、日本は劣化の坂を転げ落ちているようだ。年金問題ひとつとっても、まったく解決の目処がたたない。公務員制度改革も進まず、相も変わらず税金の垂れ流しがつづいていて、財政破綻も目前。

■お先真っ暗なのだが、脳天気な人も多い。もしかしてそれが「救い」なのかもしれないが、今はよくても、そのツケが確実にあとからやってくる。
 地上波テレビは相変わらず「バカ番組」のオンパレード。良質な番組もあるのだろうが、探すのに苦労する。少数派ながら賢明な若者もいて、彼らはよく本を読んでいる。じっくりと腰をすえて本を読み、「基礎知識」を吸収し、自分の頭で考える。そんな若者が時代をリードしていくに違いない。

■もっとも、いくら知識を吸収し、頭が良くて創意にあふれていても、モラルが低く我欲をかくばかりの「エリート」になったら、更に劣化は加速するが。
 本日は「予定外」のスケジュールで、脚本アーカイブズの準備室に。「報告書」の読み合わせに、6時間ほど費やす。
by katorishu | 2008-03-10 02:42
 3月7日(金)
■日本の都道府県の中で一度も「行った」ことのない県は、山口県と広島県、福井県、富山県であるが、今回、山口県と広島県に足をはこんだ。(以上の4県とも鉄道で通過したことはあった)。地方は「疲弊している」と報道されるが、「駆け足の旅」であったので、よくわからない。

■ひとつはっきりわかることは「東京は特殊」であるということだろうか。東京にいては、日本のことはよくわからない。
 映画「ラスト、コーション」でトップスターの一人になった新人女優、タン・ウェイ(湯唯)の出演CMについて、テレビ・ラジオ放送を管理する国家広播電影電視総局(広電総局)が、各局へ放送差し止めを通達した、と北京晨報が伝えた。

■第二次大戦中、日本軍に協力した特務機関長(トニー・レオン)に「色仕掛け」で接触し、最後の最後で彼の「命を救う」ことになる描き方と濃厚な性描写に、指導者が不快感をもったことが、どうも原因らしい。「ラスト・コーション」は性描写はかなりカットされたものの、中国国内でも上映されたとのこと。「表現の自由」がかなり認められてきた、と思っていたのだが。

■よく出来た映画で大変面白い作であり、「反中国的」だなどと思えない。なのに、「指導者」が不愉快と思うと、強権を発動する。「相変わらずだな」と改めて思う。この問題、監督や制作者等にも及ぶはずで、いずれ海外からの批判にさらされるだろう。北京オリンピック後の中国は、激変に見舞われるとの噂がある。「言論統制」強化の前触れでないことを願いたい。
by katorishu | 2008-03-08 03:47 | 映画演劇