カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2018年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0028235_14275873.jpeg
2018-07-28
西から東に移動という異例の進路をとる台風襲来。本日、午後から夜にかけて予定されていたことが3つも延期、中止。14時現在、品川駅周辺、台風の気配もないが。
昔の人はこんな異例な台風が来たら「天の警告、怒り 」と受け止めたのではないか。自分らだけの「幸福、快適」のために自然をめちゃくちゃに破壊しテンとして恥じない人間どもよ、少しは反省せい、と。こういう時代だからこそ案外大事な視点だと思うのだが。本日、某所での講義でそんな話をしようと思っていたのだが。
それとは別に、豪雨等の被害に遭われた方は大変でしたね。「貧者の一灯」を灯していただきました。

by katorishu | 2018-07-28 14:28 | 社会問題
2018-07-27痴漢の常習者は病気ととらえて治療に力を入れるべきとの意見。
これは納得できる。
ところで刑務所では1人の受刑者あたり年間400万円税金がかかっている。犯人をどんどん捕まえて務所に放り込めばいいと主張する人がいるが、大事なことは犯罪そのものを減らすこと。
病的な原因があれば治療を施すこと。この筆者はそう強調する。

犯罪理由のかなりの部分を占めているのは貧困、不平等感等々。日本の資本主義の父と言われる渋沢栄一が繰り返し唱えていたのは「出来るだけ貧困を作らないこと」。
他人を豊かにさせることで自分も豊かになる。資本主義経済には何よりモラルが必要と、渋沢は生涯訴え続け、社会福祉施設や教育文化施設等600余の創設に取り組んだ。
モラルに欠けている現政権や財務省の人に、渋沢の「論語と算盤」でも精読してもらいたい。財務省の前身の大蔵省を実質的に作ったのは渋沢栄一です。
渋沢栄一を素材にファンタジーとリアルの混淆した小説を書いて以来、ボクはかなりの程度「渋沢栄一教信者」です。(笑)。

by katorishu | 2018-07-27 12:30 | 社会問題
b0028235_23182979.jpeg
2018-07-25

資料類を整理してたら出てきたラジオの帯ドラマ「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の脚本。月~金で何十回続いたか忘れた。チャッカリが星野知子、ウッカリが松金よね子で、斉藤晴彦や毒蝮三太夫らがレギュラー。

ご近所で起きる他愛ない出来事を笑いでまぶして聞かせる。元々は東宝映画の人気シリーズ。頭の23週書いて流れを作って、TVの連ドラが入ったのでサヨナラしたと思っていた。

ところが、後半また復帰していたのだ。

記憶に ない。一話完結のユーモアコメディで、伸び伸びと書いた記憶はあるが。


by katorishu | 2018-07-24 23:18 | 映画演劇

2018-07-21

b0028235_11020748.jpeg

暑いですね。クーラー嫌いの僕にはこたえます。


さて、東京オリンピックまで、あと2年。昭和39年のオリンピックのときは、全国民が期待感で盛り上がり、みんな興奮していたが、今回は一部関係者とその周辺に群れ集まっている「利益享受者」以外、盛り上がっていない。


毎年記録を更新する異常気象の中、なぜ7月という酷暑の季節に行うのか、そもそも疑問。


体育の日だって9月だし。


地域振興に結びつけるなら、梅雨のない北海道でやればいいのに。


何馬鹿なことを言ってるんだと、言われそうだが、そういう発想の転換が必要なのでは?



by katorishu | 2018-07-21 10:59 | 文化一般
b0028235_11100948.jpeg
2018-07-15

遅まきながら、カンヌ映画祭パルムドール賞受賞の「万引き家族」を見た。万引きを生業としている一家を個性的に、陽気に、生き生きと描いていて、批判精神もたっぷりで、さすが是枝監督と思った。

家族といってもありきたりの家族構成ではなく、普通の家族生活からはみ出した寄せ集めの擬似家族で、世間常識から見たらとんでもない人たちだ。

なかでも、夫のリリーフランキーの妻を演じる安藤サクラの演技とも言えない演技に感嘆した。天性の役者なのだろう、彼女の一見アッケラカンとして、たくましく、陽気で、なんとかなるさという演技には、ラテン的笑いが込められていて、心地よくもある。

安藤サクラの演技を見るだけで得をした気分になる映画。「日本バンザイ」が大好き好きな人には、なんでこんな日本の恥部を世界に発信する作品を創りそれを褒めるのか、と訝るひとが人がいるかもしれないが。

こういう作品も作る事が出来る、それが映画である。TVドラマでは企画の段階でボツにされる。


by katorishu | 2018-07-15 11:11 | 映画演劇
2018-07-06

オウム真理教の7人の死刑執行について海外の反響はかなり厳しい。そもそも先進国で死刑制度を維持している国は少ない。例えばEU。加盟国のうち死刑制度を維持しているのはベロルーシだけ。

独裁国家は別にして、世界的に死刑制度は廃止の方向。制度があっても死刑を執行しない傾向が強くなっている。

ボーダレス化時代、この事実を知っておいた方がよい。


by katorishu | 2018-07-07 11:16 | 社会問題
2018-07-05

よくもまあ次から次へと霞ヶ関の高級官僚のスキャンダルが出てくるものだ。補助金を付けるから我が子をおたくの医大に入れて欲しい、なんて本当に古典的な時代劇の世界だ。

東京医大の幹部が試験の結果に点を水増ししていたらしい。何よりこの局長の子供、恥ずかしくてもう大学にいられないだろう。


税金の使い道がほんとにおかしい。加計学園問題にしても、森友問題にしても税金の使い方について国民の納得出来る説明がされていない。

その責任の第一は政府にある。政府のトップが平気で嘘をつくのだから締まらない。

魚は頭から腐る。人も組織も同じ。


by katorishu | 2018-07-05 17:20 | 社会問題
2018ー06ー03

ワールドサッカー、日本対ベルギー戦、ビールを飲みながらTVで観戦。近くのコンビニにベルギービールを買いに行ったが、ないので国産。TVは横たわって観るので、深夜12時過ぎに観ると大抵寝てしまうのだが、この試合、最後まで目が冴えた。いい試合だった。


サッカーファンではないが、世界のトップレベルが競うワールドサッカーは別。政治の世界のようにルールを自分の都合のいいように捻じ曲げたり、変えたりしないのも清々しくてよい。写真はロシア人にもらったTシャツ。


スポーツには勝ち負けは付き物。僕は高校、大学と柔道部。体重別のない時代なので、大抵相手は僕より大きく、出ると負け。たまに大きな相手を投げた時の快感は忘れられないですね。


by katorishu | 2018-07-03 17:08 | 文化一般