カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2018年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0028235_09393939.jpeg
2018-11-16

昨日、高円寺の明石劇場で劇団ギルドの39回公演「風と雲と魂と、シベリア鉄道の晶子」を見た。ギルドは高谷信之さん率いる劇団。20周年の今年、この舞台が最終公演となる。

情熱の歌人、与謝野晶子と夫、与謝野鉄幹を中心に、鉄幹の多彩な女性関係に焦点を絞ったもので、サービス精神も満点。主演の北村りさも進境著しく、高谷さんの舞台で最良のものの1つになるのではないか。

20年も続けてきたことに、敬意を表したい。

公演は18日まで。一見の価値があります。



by katorishu | 2018-11-16 09:39 | 映画演劇
アメリカ中間選挙で、民主党の女性議員が健闘。少し気をよくして、夕方、日比谷でマイケル・ムーア監督の映画「
b0028235_00004068.jpeg
華氏119」を見た。8割の入り。中間選挙に焦点を合わせたタイムリーな上映。
アメリカでの貧富の差は看過できないほど広がっている。
トランプ大統領の政策でアメリカの分断化が進み、ひどい事態に。
それに対して女性と若者がNOを突きつけた。さすがアメリカ、まだ民主主義の根っこは残っている。

by katorishu | 2018-11-08 00:01 | 映画演劇
2018-11-06

杉浦民平

b0028235_14161754.jpeg

の「戦国乱世の文学」という新書が廊下まではみ出した本棚の奥から出てきた。中に黄色っぽく変色した紙がはさまっていた。鉛筆書きの下手な文字はまがいなく自分のだ。


読むと数枚のショートノベルらしきもの。高射砲陣地あとで男女2人に遭遇した私の心象風景だ。


多分、学生時代に書いたもの。アンチロマンに入れ込んでいた時期だが、走り書きでこんなものを書いていたのだ。


自分で言うのもアレだが、この延長上で書き続けていたら、もう少し「売れる」作家になっていたのではないか。後悔先に立たず。(笑)


by katorishu | 2018-11-06 14:13 | 文化一般